幼稚園選びで必要!幼稚園見学や幼稚園体験時のチェックポイント

コメント0
2017/06/30

子どもたちが最初に出る外の世界。それが幼稚園です。

幼稚園選びに見学は必須です。気になる園は全て行ってみるのがおススメ!いくつか行くと、園によって全く違うのが分かり、好みも出てきます。

見学の際に是非チェックしておきたいポイントをお伝えします。

園児の様子を確認して「園のカラー」を知ろう

園によって子どもの雰囲気は様々です。元気なタイプが多いのか、おとなしいタイプが多いのか、男女の比率でも違ってきます。

  • 活発で元気な子が多いのか
  • 落ち着いた感じの子が多いのか
  • 男女の比率はどうなのか

室内遊びよりも園庭遊びの方が活動範囲が広がる為、園児のタイプの差がわかりやすいです。

見学の際に園庭遊びを見る機会があれば、是非その時の園児たちの様子を見てみて下さい。

先生の雰囲気も園のカラーで違う

先生の雰囲気も選ぶにおいては見ておいたほうがいいでしょう。

園長先生の雰囲気が園のカラー
園長先生は幼稚園の顔です。園長先生の雰囲気が他の先生たちの雰囲気と言っても過言ではありません。

園長先生が穏やかで優しい雰囲気なら、他の先生たちも穏やかで優しく、明るくハキハキした感じなら、先生たちも同じタイプという場合が多いです。

見学や説明会など、園長先生の姿を見る機会は多いでしょうから、参考にしてみて下さい。

子どもへの接し方・言葉遣い

先生の子どもへの接し方は、元気な園は明るくハキハキと、落ち着いた園は優しく穏やかなど違いがあります。

笑顔で接しているか、言葉遣いはきちんとしているか、そんなところにも注目してみてください。

保護者の雰囲気も必ずチェック!

保護者の雰囲気は園によって本当に違います。通うのは子どもですが、何かとママ同士のお付き合いも多い幼稚園。かなり重要なポイントです。

<保護者の雰囲気の一例>
  • 明るく元気なママが多い園
  • 年齢層が高いママが多い園
  • 年齢層が低いママが多い園
  • 派手なママが多い園
  • 落ち着いたママが多い園
「類は友を呼ぶ」という言葉があるように、本当に同じようなタイプの保護者が集まっていることが多いです。実際に見て、自分と合いそうなところを選ぶというのもポイントになります。

幼稚園に入ってから「こんなママたちが多いの?!」とびっくりしない為にも、チェックしておきたいですね。

園によってお子さんの反応が違う場合も

お子さんと一緒にいくつか見学に行くと、園によって反応が違うことがあります。ある園ではニコニコとすごく楽しそうにしていたのに、この園では泣き叫ぶなんてことも。

その時のお子さんの機嫌や体調にもよりますが、子どもなりに何か感じるものがあるんですね。

その子なりの拒否反応ということがありますので、こういった点も幼稚園選びのポイントになります。

しっかりとポイントをチェックして、失敗しない幼稚園選びを!

様々な幼稚園がありますが、子どもの可能性は無限大です。どんな場所でも輝くことができます。

幼稚園の見学のチェックポイントを確認し、子供とパパママがしっかりと納得できる園を選びましょう。

どこの幼稚そして実際に園に入っても、「我が子は大きく成長する。心配はいらない」そう信じて、笑顔で送り出してあげて下さい。

子どもは、ママが思っている何倍も逞しく成長して帰って来ますよ!たくさんの幼稚園の中から、素敵なご縁で結ばれますように。

▼幼稚園の選び方にについてはコチラも参考にしてみて!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ