- どうする?子供の運動会で親もリレーを走ることになってしまったら… | MARCH(マーチ)

どうする?子供の運動会で親もリレーを走ることになってしまったら…

2014/04/25


幼稚園の運動会。子供が一生懸命に競技をこなす姿を楽しみにしていたのに、一本の電話により気分は急降下。電話の相手は子供が通う幼稚園の先生。先生に父母リレーの選手としてスカウトされてしまいました。

先生の前で運動が趣味だなんてことは言ってはならない

スカウトされた一番の理由は、私が迂闊に口走ってしまった趣味でした。保護者の親睦会の時に、軽い気持ちで言った一言。「趣味はランニングです。」他にも趣味はあるのに、なぜか一番熱の入っていない趣味を選んでしまいました。いえ、そもそも週一回走るかもわらないのに、これを趣味と呼べるのでしょうか。後悔先に立たずとはこの事ですね…。

先生方は保護者の年齢や職歴、趣味などを参考にリレーの走者を選抜するそうです。と言うことは、一緒に走るお母さん方は選ばれし者で、緊張で口走ってしまった私とは雲泥の差があるはず!考えれば考えるほど、ますます憂鬱な気分になっていきました。

リレーに選ばれるほとんどのお母さんが、自分と同じ気持ち

さぞ足の速いお母さんたちが揃っているだろうな…。そんな風に想像していました。しかし実際は、年配の方、体型がふくよかな方、若いけど運動は大の苦手という方、様々な方が選ばれていました。

そして選ばれたお母さん方と話をしてみると、心中皆同じ。誰もが「なぜ私が?やりたくないわ…。」とこぼしていました。私だけではなかったのね!この時はじめて希望がもてました。

運動会に向けてトレーニング

幼稚園や学校によって、父母リレーの意気込みは違うかと思います。まず、運動会の雰囲気を調査してから、トレーニング目標をきめましょう。もしかしたら、そのままでも問題ないかもしれません。

私の幼稚園はというと、先生いわく「子供たちのリレーより白熱します!」とのこと。でも私達は「優雅に走りましょうね」と密約を決めていたので大丈夫! とは言っても本番の空気で一変するかもしれませんし、いきなり走ると大けがをしてしまいます。本番までの二週間少しトレーニングを行うことにしました。1日10分程度のヨガまたはストレッチ、そして走る時は姿勢が大事ということで、こちらの動画を参考にしました。

本番前の静かなる戦い

やはり本番の空気は違いました。ほとんどのお母さんたちがトレーニングウェアに、ランニングシューズ姿。やられました。動きやすい服とシューズでいけば大丈夫だろうと踏んでいた私。この時点で密約への期待は薄らぎます。

走る直前まで、皆で一緒に準備運動を行いました。なかには、幼稚園を全力一周走る方も。本番になり、にこやかなお母さん達の表情とは裏腹に、なかで闘士がわきあがっているのを感じました。私も負けられません。

いざ本番!

パン!という先生のピストルを合図にリレースタート!みんな、優雅なんて言葉を忘れさり、かなり本気です。観覧席の応援も激しくなりました。そして私の番。前の走者が他のチームに抜かれてしまい、私たちのチームは最後尾。バトンを受け取った私は、前の人を追い抜こうと全力疾走。トレーニングがきいたのか、すぐに追いつきました。

魔のカーブは怖い

よし、行ける!このカーブで抜けるわ!と思った瞬間、足がもたつき、頭からスライディング。前を走るお母さんの姿が遠くなっていきます。慌てて立ち上がり、急いで次の走者へバトンを渡しました。

100m走は直線で走る事が多いけれども、幼稚園のリレーコースには二か所も急カーブがあり非常に危険です。私の他にもカーブで転んだ人は多数いました。

しかし、私の他に転んだのはお父さん達だけでした。なぜ他のお母さん達は転倒せずに走り切れたのでしょう?色々と周りの方にきいてみると、原因がわかってきました。私、かなり速かったらしいのです。走り終わった後に「陸上とかやってらっしゃいました?」と聞かれました。もちろんやっていません。自分がまわりに驚かれるほど速く走っていたなんて気づきませんでした…。

カーブでスピードを上げてはいけない。この事はしっかりと頭にありました。しかし、最初のスピードからして速すぎたのかもしれません。だから、私とお父さん達はカーブで転んだのです。

怪我をしたら、恥ずかしがらずに医務室へ

リレーの後、腕から血がでていることに気付きました。頭からスライディングした際、腕で頭をかばったせいです。痛かったけど恥ずかしいので医務室へは行きませんでした。そのせいでしょうか、治るまで三週間程かかりました。

運動会を終えて

リレーで転んでしまったのに、冷たい視線を浴びるどころか、労いの言葉をもらいました。参加したお母さん達との親睦も深まりました。最初は憂鬱だったのに不思議です。帰り際、「また来年も参加しましょうね。」と約束を交わすくらい楽しむことができました。
みんなのコメント
  • ままさん

    私も今年初めて走ることになりました…
    選手決めのとき、先生が必死に頼んでるのにシーンとしてて、その、沈黙に耐えれず、手をあげてしまいました。
    5ヶ月の赤ちゃんもいて全然運動してなくて、なんでてをあげたんだ、!!です(笑)(笑)(笑)

  • ミントさん

    わたしは、リレーには出ないのですが、かえって出る方々がうらやましいです。
    みんなで団結されていて、楽しそうです!

あなたの一言もどうぞ