子供を1人で寝かせるには?誰でも実践できる1人寝テクニック

2014/10/04

子供を1人で寝かせるのはなかなか難しい。そう思っている親御さんも多いかもしれません。しかし実際には1人寝は意外に簡単。子供の自立心を育むためにもテクニックを覚えて、1人寝に挑戦してみましょう。

1人寝のキホン

1人寝とは、子供が自分の部屋で親と離れて寝ることです。親が同室で布団だけを別にするという状態は1人寝とは呼びません。そのため、1人寝には「子供部屋」と「子供用の寝具」が必要です。

きちんと子供が自分のものとして自覚できるように、揃えてやりましょう。兄弟児がいる場合は同室でも構いませんが、その場合も寝具だけは別に用意します。二段ベッドなどをうまく活用して、子供が1人で寝られる空間を確保しましょう。

1人寝は何歳から?

子供が1人寝を始める年齢は、家庭によってばらばらです。欧米では1~2歳ごろ、場合によっては赤ちゃんの頃から1人寝をさせるのが一般的ですが、日本では3~6歳程度から1人寝を開始する子が多くなっています。

1人寝開始の年齢には特に制限はありません。ここは日本なので、欧米基準に合わせる必要もありません。ただし、年齢が上がれば上がるほど、1人寝をさせるのは大変になります。

大人と一緒に寝ることに慣れている時間が長いほど、1人で寝ることへの抵抗が大きくなりますし、子供の力も強くなるので親も大変。子供を楽に抱えることができる間に1人寝をさせた方がスムーズです。

1人寝の基本テクニック

まずは、子供を寝室に入れて1人で布団に寝かせます。一緒に布団に入って本を読んで寝かしつける、という親御さんも多いかもしれませんが、これがあまりよくありません。

親の方が先に寝てしまったり、親がいることで逆に寝つきが悪くなってしまうので、布団には一緒に入らないように。本を読んでやりたい場合にはベッドや布団の横に座って読んでくださいね。また、読む量はきちんと決めておいて。

絵本を1冊、童話を1章ずつなど、先にルールを決めておき、「今日はここまで」の範囲をきちんと守ります。寝付くまで読んでやるという親御さんもいるかもしれませんが、これは寝る時間が押してしまうだけなので注意して。

始めはどんな子もぐずる

それまで親と一緒に寝ていた子は、1人寝を始めると必ずぐずります。これはどの子も同じで、始めから1人ですんなんり寝てくれる子はいません。大事なのは、このぐずりに親がどうやって対処するかということです。基本的に、1人寝の主導権は親が取ります。

子供が泣いてもぐずっても、1人で寝かせるというスタンスは変えないで。甘い顔を見せてしまうと、子供が付け入る隙を見つけてしまいます。始めはちょっと辛いですが、親も子離れしなければなりません。

まずは布団に入れて

本を読んで、おやすみの挨拶をしたら、子供を布団に入れて部屋を出ます。子供が部屋から抜け出して来たら「きちんと寝なさい」と諭して布団に戻します。抵抗する子もいますが、どんなに抵抗しても、力ずくで布団に戻すようにしてくださいね。

また、布団に戻す時には絶対に何も話さないように。1人寝の指導をする場合には、絶対に「寝なさい」以外のことは言いませんし、子供の要求を聞いてもいけません。トイレは別ですが、喉が渇いた、遊び足りない、お腹がへったなどの言葉には耳を貸さないで。

何度も抜け出す子は

布団から抜け出した場合に「寝なさい」と諭すのは始めの1回のみ。2回目以降は黙って厳しい態度で、ただただ布団に戻します。何度も何度も抜け出す子や2歳未満の赤ちゃんの場合は、寝るまでベッドの横に親がいてもいいでしょう。

ただし、この時親は子供と「目を合わせない」「話をしない」という態度を貫きます。部屋を暗くしベッドや布団の横に座ったら、親は俯いてじっとします。子供が泣いてもわめいても相手をしてはいけませんし、振り向いてもいけません。

布団を抜け出したら2回目以降は黙って布団に戻します。子供の学習能力は非常に高く、1回でも相手をしてしまうと味を覚えてしまいます。そのため、親は絶対に自分の考えを曲げず、厳しい態度で臨まなければなりません。

音や光は禁止!

1人寝をさせる場合には、音や光は厳禁。寝かしつけようとして音楽を奏でるおもちゃなどを使う人もいますが、これは逆効果です。光を発するものも同様で、子供が興奮してしまうので、布団に入っておやすみをしたら、電気は消します。

ただ、3歳以上の子は真っ暗な状態を怖がる子が多いので、豆球や蓄光シールなどを使って、ぼんやり周囲が見える状態にするのは〇。夜間も外が明るくて部屋の暗さが保てない場合には、厚手のカーテンにしましょう。遮光カーテンは朝日が差し込まず、寝起きが悪くなりやすいので、子供部屋にはできるだけ使わないように。

みんなのコメント
  • うーんさん

    ひとり寝してほしくて、ここに辿り着いたけど、やっぱり可愛そう…
    子どもの時は、お化けが出てきそうな感じで怖かったり、お母さんと寝るのは楽しみなはず。
    大きくなっても一緒に寝るわけじゃないし、今だけだから、一緒に寝てあげたいと思いました。

  • ななしさん

    このアドバイスは子どもの心に影響でそう。力ずくで布団に戻す、目を合わせない、会話しない、、、とか特に。ちょっとひいた。

    こんな厳しい方法じゃないやり方で精神的に安心して寝させてあげたいと思う。

  • りんごさん

    ナイス!

  • りんごさん

    早速やってみます。

  • ええさん

    えー、喉が乾いたとかも無視するって…虐待かと思っちゃいました。目も合わせないとか…そこまでしないとならないのなら、一人寝なんていいやって思っちゃいました。

あなたの一言もどうぞ