- 「一人っ子育児」実は大変!ママの意外な悩みとその解消法 | MARCH(マーチ)

「一人っ子育児」実は大変!ママの意外な悩みとその解消法

2015/07/30

加工後 shutterstock_140569774
「子供がたくさんいる方が育児は大変」というイメージを持っている方が、一般的には多いかもしれません。それも多ければ多い程大変だと。

もちろん経済的な面など大変な部分はたくさんあると思うんですが、実際に子育て中のママや子育ての先輩のおばあちゃん世代に聞いてみると、「いやいや、一人っ子も大変だよ」という意見が多いものです。

今回は一人っ子育児にスポットを当てて、特有の悩みやその乗り越え方をご紹介していきます!

一人っ子育児だからこその悩みって一体どんなものがあるの?

では一人っ子育児のママたちはどんな悩みを持っているのでしょうか?

子供の相手が大変!

子供を育てるのがラクになるのって、子供同士で(兄弟・お友達問わず)上手に遊ぶことが出来るようになる頃ですよね。

でも、一人っ子だと、家にいる時はその遊び相手を自分がしなければならないのでママはやっぱり大変。

一人っ子は一人で遊ぶのが上手と言われますが、ずっと一人で遊んでいるわけではないですよね。

自分の代わりに我が子と遊んでくれる友達は誰かいないかしら?と探すことに日々苦労しているママも多いです。

一人っ子の将来への不安

「一番上だから」「そういうとこ末っ子よね」なんて言われることもありますが、「一人っ子ってすごく独特ね」というイメージが強い風潮があります。

親としては「兄弟がいないことでこの子は人付き合いが下手なんじゃないか」「自己中心的な人間に育ってしまうのでは」と将来に漠然とした不安を持ってしまうことも多いようですね。

周りからの非難が一番辛い…一人っ子育児が差別化されていると感じる

これが一番苦しいと感じている方が多いですよね。なぜか「一人っ子って可哀想」なんて言われてしまったり、少し子供がわがままを言っただけで「これだから一人っ子は…」と言われてしまうことも。

「子供はたくさんいる方がいい」という世の中の風潮が「二人目は?」という思いを周りの人に抱かせてしまっているのかもしれません。

どんな理由があって子供が一人なのかも気にせずに「子供はいっぱいいた方が楽だよ~」と言ってしまう人っているものです。これが一人っ子ママにとって負い目となり、苦しくてたまらないんですね。

「子供一人だから時間あるでしょ?」と園や学校の役員をやらされるなんて話も聞きます。「一人っ子ってそんなにいけないもの?」と暗い気持ちになってしまって当然ですよね。

一人っ子ならではの悩みを吹きとばしましょう

加工後 shutterstock_190648280
ではこのような悩みをどう乗り越えていけばいいのでしょうか?

周りがどう子供に関わっていくかが重要です

一人っ子だからこういう性格になる、なんてことはありません。親や周りの人たちがどのように関わっていくかが問題です。

ただ家の中のもので取り合いになるという経験がなかなか出来ないのは事実なので、そこはママが兄弟代わりになるつもりで「ママがこれ使いたい!」とわがままに主張してみるといいんです。

自分の要求がいつでも通るわけではないということ、譲り合いや我慢を覚えていけるようにしましょう。

親子でぶつかり合って真剣に関わっていきましょう。

積極的に外へ出て行こう

子供の兄弟代わりになると先ほど言いましたが、そうやっていつもママが大変な思いをすることはありません。

以前、学童保育所の指導員として長年子供たちと関わって来られた方に「子供は子供が育てるんだよ」と言われたことがあります。子供は自分で育っていく力を持っているんですよね。

つまり近所のお友達、支援センターや保育園、幼稚園の子供たちの中に積極的に飛び込んで子供同士で刺激し合う時間をたくさん持つ事で、大人では伝えられないようなこともどんどん学んでいくんです。

親だけが子供を育てるのではないので、自分だけで背負わずに積極的に外へ出ていろんな人と関わる経験をさせていきたいですね。

周りのママとの関わり方

周りから言われることを気にしてしまうのは、一人っ子ママ自身が子供が一人であることに負い目を感じてしまっている証拠。

子供が複数いるママからすると、一人っ子のママって自分の時間も経済的にも余裕があるように見えるんですよね。毎日ドタバタな自分と比べてうらやましく思う部分もたくさんあるんです。

結局無いものねだりなんですよね。お互いに自分にない部分がうらやましくて、ねたましくて…。だからこの際開き直ってしまえばいいんです。「一人っ子ママですが、何か?」って。

役員を押し付けられるというのは何だか変な問題ですが、チャンスと思ってやってみるのも一つの手ですよね。園や学校で決め方にも仕事内容にも差が大きいですが「やるんじゃなかった」という話は意外と聞かないものです。

負い目なんて吹き飛ばそう!

誰もが「一人っ子でもいいじゃない!」と開き直れるわけではありませんよね。はぁ~とため息をついてしまいたくなることもあるかもしれない。

そんなつらい思いは何か別のことで発散しましょう。

  • 体を動かす
  • 徹底的に掃除をする
  • 美味しいものをお腹いっぱい食べる
  • 子供のいない女友だちと会う
  • 映画を見て思いっきり泣く

人によっていろいろとストレスの解消法があると思いますが、自分の中のモヤモヤを忘れて何かに熱中できた後に振り返ってみると「何だ、くだらないことを気にしてたな」という気持ちになれるものです。

一人っ子の負い目を感じて「やっぱり一人っ子ってマイナス面があるのかな」とネットで検索してしまわないようにしましょう。ネット上にはネガティブな意見が多くあって、負のエネルギーに飲まれてしまいますよ。

一人っ子育児だって大変なんです!周りの目は気にしないで

何だか世間の風当たりが強い一人っ子家庭。でも気にすることはありません。目を向けるべきなのは周りよりも自分の子供。

愛情を持って、時に厳しく、一緒に笑って、泣いてたくさんの経験をしていくことで、子供は必ず強くたくましく成長していきます。

中には本当は2人、3人子供が欲しかったけれど、何らかの理由で一人っ子という家庭もありますよね。一人っ子ママであることを心の底では受け入れることが出来ていないことが悩んでしまう原因となっているかもしれません。

でも生きている今を大切にしなきゃいけませんよね!引け目を感じること無く、自分の子育てに自信を持ってしっかりお子さんと向き合って充実した毎日を過ごしていけることを願っています。

みんなのコメント
  • まりまりさん

    ひとりっ子のママです。やはり役員や係りの役目はやって当然のような扱いを受けています。好きでひとりっ子ママになったわけでもなく、かといって暇でもないので、時々悲しくなります。記事を読んで、少し気持ちが楽になりました。ありがとうございました。

  • はるはるさん

    私自身が一人っ子。親は暇でも特に役員とかはやりませんでした(笑)習い事いっぱいできたから一人っ子でよかったって思うこともあります。

あなたの一言もどうぞ