- 子供に1人で着替えをさせたいんだけど…いつから教えたらいい? | MARCH(マーチ)

子供に1人で着替えをさせたいんだけど…いつから教えたらいい?

2014/09/23

1人で着替えができるようになってくれると、かなり楽になりますよね。保育園に通っている場合は、お昼寝の時にパジャマに着替える園もあって、結構早くから着替えができるようになる子もいます。

一般的には、3歳が過ぎるころには自分で着替えたがるようになり、うまくできなくてもやろうとします。服の着替えに限らず、靴を履くことにもそうですが、自分からやりたいって思うことから始まります。

Yちゃんの着替え

2歳半のYちゃんは、まだ保育園にも幼稚園にも通っていません。ある日突然、お風呂あがりに自分で紙パンツをはこうとする姿が…お母さんは、チラチラと見てみぬフリをしながら見守っていましたが、結局できずに諦めて走り出しました。

ちょっとため息が出たお母さんでしたが、自分で着替えをしようとした我が子に、何だか嬉しい気持ちでいっぱいになりました。次の日も、同じように紙パンツにトライしていたYちゃんに、お母さんが布パンツ(お姉ちゃんパンツともいうかな?)を出してやりました。

Yちゃんは、すごく喜んで「これ、好き~!」と言って、また頑張り始めました。今回は諦めずに必死で頑張っているので、お母さんがはきやすいように向きを変えてやると、何とかはけたYちゃん。寝る前にはまた紙パンツに替えられるのですが、それでも自分でできた喜びは相当なものです。

その後も、パンツだけでなく、服も靴も自分でやろうとするようになったようです。Yちゃんのように、自分でやりたがる時が突然やってくる子もいます。そんな時を見逃さず、うまく手を差し伸べたお母さんのやり方は、正解だったようですね。

教えるとしたらいつから?

なかなかやる気にならない子に、教えたいと思うお母さんもたくさんいます。Yちゃんのように、ある日突然…を待っているわけにもいかない場合、いつからどのように教えるのがよいのでしょう。

子どもは普段から親の様子をよく見ています。お母さんやお父さんが、着替えをしているところも見ているはずですが…着替える場所が子どもから見えない場所だと、「ボクもやってみようかな」という思いが遅くなる場合もあります。

いつもサッサと着替えさせてしまったり、子どもが頑張って反対向きにはいた靴下を「反対よ」と、直したりしていると、やる気はなかなか起きません。やる気と年齢は比例してはいませんから、いつから…ということではなく、やる気を起こさせることを意識したほうがよいと思います。

目安としては2歳半~3歳位から、様子を見ながらやる気になる方法を考えます。お母さんが着替える時には、子どもと同じように座って着替えたり、靴下や靴を履く時にも必ず子どもに見えるように履きます。ゆっくりと「ここに足を入れて…」「ここを引っ張って…」なんて、独り言のように声を出しながら履いて見せます。

興味を持つようなら、「やってみる?」と声をかけたらOKです。上手くできなくても、頑張ったことを褒めてあげましょう。ちょっとでも足が入ったら、「できた!」と一緒に喜んであげることが大切です。

それと、靴に関しては子どもが自分で履きやすいものを、普段履きに選びましょう。お出かけ用やおしゃれ用も必要なら、それはそれで手伝ってあげればOKですが、子ども自身にやらせようと思うのであれば、まずは履きやすいものがベストですね。

肌着やTシャツなども、肩にスナップボタンが付いているものは、自分で着られても留められません。せっかく頑張って着ても、ボタンができないことで「自分でやった!」…という気持ちが半減してしまいますので、少し余裕のある着やすい物から始めましょう。

あとは、やる気になった時、できるだけ時間と気持ちに余裕を持って、待ってあげられるようにしたいですね。時間がないと、つい「あ~!もう!こうやるんだよ!」なんて、結局お母さんがやってしまうことになりかねませんから…。

2歳でも3歳でも、4歳でも大丈夫です。やる気にも個人差があります。やる気になる方法を色々試してみて、子どもにやる気が湧いてきてからでいいんです。焦りは禁物!のんびり待つことにしましょう。

お母さんが早く楽になりたいのなら、早くから着替えを楽しそうにしてみせたり、「見て見て!お母さん上手にできた?」と、子どもに褒めさせるような言葉をかけてみましょう。「自分で着替えたら褒めてもらえるんだ」「ボクも褒められたい」って思うかも知れませんね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ