- 引越しして子供に心配な影響を考えて今のうちに切り抜けるコツ | MARCH(マーチ)

引越しして子供に心配な影響を考えて今のうちに切り抜けるコツ

2014/09/20

子供の中には、引越しをする場所に対してよく分からないことがあるから、心配して嫌な気分になることがあります。もちろんそれは個人差がかなり大きく、あまり細かなことを気にしないタイプの子もいれば、先のことまで考えすぎて、いろいろな部分で影響が出る子も中にはいます。

引越し前から子供たちのことを考えて、悪い影響が出ないようにするにはどうしたら良いでしょうか。今後ある程度の期間はその場所で過ごすことになるでしょうから、できるだけ事前に対策は工夫して、実践したほうが良いと思います。

現地に出向くことができるのならばベスト

子供に影響をいい方向にも悪い方向にも与えると思われるのが、事前の情報があるかどうかです。遠い場所に引越しをする場合には、テレビでしか観たことのない景色かもしれませんし、むしろ全く知識がない所の可能性は大いにあります。

今度引越しをする場所はこんなところなんだと、できれば1度現地に足を運んであげることは必要です。次に通うことによる学校に幼稚園、保育園といった、子供たちが1日の中の大半を過ごす場所はなるべくじっくり見せたい所。平日などに行けたならば、1度実際に入らせてもらうといいですね。

子供が遊ぶ場所は念入りに下調べ

子供たちの遊べそうな場所も、事前に調べておく必要があると思います。小学生以上の子たちは、自分たちで好きな場所で遊ぶのが基本です。自分たちが今後住む場所の近くに遊べそうな魅力的な公園や、児童館などの施設があると、子供も引越しが楽しみになるかもしれません。

住まいの近くに子供がたくさん住んでいるマンションがあるなどすれば、近くの友達ができるかもしれません。そういうものを実際に見て感じることで、子供というのは心配なことより楽しみに繋がっていくと思います。

インターネットは忙しい人の味方

忙しくて直接現地まで行けないよ、という方もいらっしゃると思います。そんな場合にはインターネットをぜひ使って下さい。地図などのサイトで映像を見ることができますよね。これで自分が住むであろう場所やその周辺の様子を子供に見せてあげて下さい。

私は時々沖縄や北海道などへ出かけることがあるのですが、事前に確認できない場所だからこそ、インターネットを使って映像のチェックを頻繁に行います。どういう場所があるのか、雰囲気はどんな感じなのか。手に取るように分かりますのでお勧めです。

地図を活用するのもアリ

映像だけではありません。地図も大活躍します。自分の住まいになりそうな場所と、周辺の地図があれば近くに何があるのかが今1つ理解できなくても、なんとなくイメージすることができるでしょう。小学校高学年になれば、ちょっとした勉強にもなると思います。

引越してから自分でご近所探検などを企画するかもしれません。1人で行かせるのが不安でしたら、ママやパパも協力して家族でやってみるのもいいでしょう。お金はかからないけれど、なかなか面白い時間が過ごせると思いますよ。

できるだけ子供の視点で

分からないことが、子供に影響を与えることが多いのではないかと思います。子供だからとバカにするのではなく、子供も分からない場所では不安であるということを前提にして、知りたがる部分などや興味を持ちそうなことに関しては、できる限り情報として教えてあげるのがいいでしょう。

子供が習い事を始めようとしているのでしたら、どんなものが習えるのか、どこでできるのか、ということも事前に調べておくことをお勧めします。引越しは大人の都合でも、子供目線で立つことが大事なのです。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ