- 妊婦にお勧めの引越し時期はどのタイミングを狙えばいいのか | MARCH(マーチ)

妊婦にお勧めの引越し時期はどのタイミングを狙えばいいのか

2014/09/22

私自身、妊娠中に引越しをした経験はないのですが、周りを見渡すと結構いらっしゃるので案外マイナーなことではないようです。ただし妊婦さんというのは重いものを持つことは当然厳禁。さらにいつもより疲れやすいということと、体調を崩しやすい、つわりなどがあることも踏まえますと、引越しする時期を慎重に選ばなくてはならないと思います。

とにかくパートナーであるご主人の協力なくては、引越しすることはハードルが高くなります。もしもご主人がいないとか、頼りにならない場合でも、誰か身内の方にヘルプを依頼したほうが無難です。

妊娠初期はできる限り避ける

妊娠初期は、できる限り引越しをするのは避けたほうがいいでしょう。赤ちゃんの心拍を確認できていないことも多々あるでしょうし、ホルモンバランスが崩れる時期でもあるのでちょっとしたことでイライラしてしまうことが増えます。

引越したらある程度の期間、その場所に住むことになるのでしょうから、イライラすることは避けたい所。妊娠前から決まっていた引越しで、どうしても初期にしか動けない場合以外は、延期したほうが無難です。やむを得ない場合でしたら、自分は一切動かないくらいの覚悟はしておきましょう。

どんな時期も慎重に

個人的には、妊婦さんの間はどんな時期でも引越しする際に、積極的な作業はしないほうがいいと思っています。例外があるとすれば、既に生まれてもいい時期に入ったのに、まだまだ生まれる気配がなく、主治医から「もっと動いたり、部屋の片付けなどをやってみたら」と勧められる方くらいでしょうか。

そういう方以外は、どうしても荷物を運んだりする作業が出てきますので、できる限り動かないほうがいいと思います。どうしても引越し作業というのは、お腹に負担がかかりやすいと思いますので。

1番いいタイミングは妊娠中期

どうしても引越しする場合には、妊娠中期と言われる5ヶ月から7ヶ月くらいがベストです。この時期はまだお腹もさほど重くないのと、つわりが落ち着いている方が多く、体調が安定しているからです。引越しは通常でもやはり1日がかりのことが多く、どうしても疲れてしまうもの。

妊娠中ならば尚更です。ですから、なるべく体調が安定しているタイミングを狙うようにします。もちろん医師から安静にするように、とその時期にも言われているようでしたら、ご自身はできる限り動かずに見守りましょう。

業者にお願いして楽をしよう

妊娠中は体調が良くても、自分たちだけで引越しするとは思わずに、業者に依頼してお願いします。私は荷作りなどのサービスも追加で依頼して、できる限りプロの方たちに負ってもらうことをお勧めします。

私は長男が赤ちゃん時代に荷作りサービスを利用しましたが、あっという間にたくさんの方たちで作業をしてもらえたので、とても助かりました。特に既に上のお子さんがいる場合は、迷わずプロにできる部分を頼んだほうがうんと楽です。小さい子の世話をしながらの引越しは過酷です。

荷ほどきも案外大変なので要注意

当日プロに頼んで運んでもらっても、荷ほどきサービスまでお願いしないと、自分たちがやらなくてはなりません。お金に余裕があれば、そこまで依頼したほうがかなり助かります。ただし予算オーバーの場合は友人や親戚などに声をかけて、何人かで頼むといいと思います。

実は荷ほどき作業は案外面倒で、引越して片付くまであまり捗らないという経験を多くの方がしています。どうしても自分がやらなくてはいけない部分以外は、他の方に上手にお願いするなどして、妊婦さんは負担を減らしたほうがいいでしょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ