妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後から使える製品が一般的ですが、早いものだと生理4日前から使えるものもあります。これらを混同することがないように気をつけることが重要です。 そして、判定結果が『ラインで示されるアナログ式』と、『ディスプレイ表示されるデジタル式』...

続きを読む

卵管閉塞と診断されても卵管形成手術を受ければ自然妊娠を望むことが可能です。特に卵管形成手術のひとつであるFT手術は術後すぐから妊娠が可能になる手術です。 卵管閉塞であってもFT手術後に自然妊娠できた夫婦は少なくありません。 どのような手術なのか、気になる...

続きを読む

生理は順調、基礎体温も低温期と高温期に分かれている、排卵期にタイミング法も試している、なのに妊娠に至らないなら[『卵管が詰まっている』可能性があります。 不妊症の原因のひとつに、卵管が詰まってしまう卵管閉塞という症状があるのですが、卵管閉塞は自覚症状が無いので...

続きを読む

自宅で簡単に使用することができ、妊娠しているかどうかを高い確率で知ることができる「妊娠検査薬」。 ただし、検査を行うタイミングがずれると正確な判定が出ない場合があります。 製品ごとに検査可能日が決められているので、よく確認するようにしましょう。 ...

続きを読む

「効率的な妊活には排卵検査薬が必須!」とは聞いたことがあっても、実際に使ったことがない方も多いのではないでしょうか。 また、「使ってはみたものの、どうすれは実際に妊娠確率が上がるの?」という悩みもよく耳にします。 そこで、排卵検査薬はいつから使えばい...

続きを読む

赤ちゃんが欲しいな、と考え始めたら、まずは自分の生活習慣を見直すところから始めてみませんか?今、日々の食生活はどうでしょうか。 好き嫌いが激しくて、偏りがち… 朝は食べる時間がないから、1日2食の生活を送っている ジャンクフード...

続きを読む

赤ちゃんを授かりたい、妊娠したいという気持ちで少しでも妊娠しやすい体作りを目指す女性も増えています。 妊活の中で、手軽に始められるのが毎日の食生活の見直しです。忙しいとつい外食やインスタント食品に頼りがちになりますが、栄養が偏ったり体調が悪くなったり、太ってき...

続きを読む

35歳を過ぎても若々しい女性はたくさんいます。 しかし、加齢とともに卵巣機能が弱まっています。妊娠の確率が低くなっていくことは昔から変わりません。 高齢になってもあきらめないで妊娠力をつけたいと思うとき、毎日体を作っている食の面からアプローチしてみません...

続きを読む

女性の結婚年齢が上がり、初産年齢が30歳を超えることが珍しくなくなりました。 とは言っても卵巣の機能は延長されるわけではありません。35歳以上になると、女性ホルモンの分泌量は減少する一途だということは変わらない事実です。 特に卵子の総数は生まれたときから...

続きを読む

35歳以上での出産が珍しくなくなり、あせって妊活する必要もないかな?と思う人もいるかもしれません。 でも女性の体には確かに出産適齢期が存在します。35歳が高齢出産として区別されるのには理由があります。 平均出産年齢は上がっていっても卵子の数と卵巣の寿命は...

続きを読む