“不妊治療”それは終わりの見えない“戦い”です。昔に比べ“不妊治療”という言葉も身近になり、“妊活する”ということを人前であまり抵抗なく話すこともできる時代になってきました。 とはいえ、受験勉強などと違い「頑張れば結果が伴う」というわけではないのがこの...

続きを読む

「冷え症がなかなか妊娠出来ない原因の一つかもしれない」と聞くと「そんなわけない」という声と「そうかもしれない」という声があがってきます。 私自身元々冷え症ですが赤ちゃんを3人も授かったこともあり、この言葉の信憑性を疑っていましたが、冷え症というのは、西洋医...

続きを読む

今すぐではなくても、後々は子供を授かりたいと考えているご夫婦もいらっしゃることでしょう。忙しい毎日を送るご夫婦でも、無理なくできる普段の食事から始められる妊活をご紹介します。 食生活を見直しましょう 妊活中は、意識して食材にも気を配りたいものです...

続きを読む

まだ旦那さんにも相談していないけど、いずれは子供が欲しい。一人目の子育て中で、落ち着いたら二人目も欲しい。 今すぐに妊活を始める予定はなくても「近い将来」赤ちゃんを授かりたいと思ったら、十分に始め時かもしれません。 誰しも、赤ちゃんを授かったら大切に妊婦...

続きを読む

冷えは未病と言われています。実は私も子供の頃からかなりの冷え症で、足が冷たくて眠れずに母親に温めてもらったりした記憶があります。 そして昨年。なぜかいつも以上に冷えを感じるようになったのは、ホルモンバランスの乱れが生じているのかもと思うようになりました。冷え症...

続きを読む

幸せな結婚式を挙げて、ラブラブの新婚生活を満喫したら「もうそろそろ家族が増えてもいいかな?」なんて赤ちゃんのお迎えに前向きになる頃。 赤ちゃんは授かりものですが「夫婦で仲良くしていればそのうち授かるよね」なんて気長に構えていませんか? 夫婦で積極的に子供を授...

続きを読む

赤ちゃんが欲しいのに、なかなかできない…まずは、自分の体を整えることから始めませんか。 赤ちゃんが十月十日を過ごす大切な場所ですもの、よりよい環境を与えたいというのが親心でしょう。漢方にはそれを助けてくれる効果があるようです。どういったものなのでしょうか。 ...

続きを読む

不妊の原因となるものは様々ですが、妊娠しにくい症状として「多嚢胞性卵巣症候群」と呼ばれるものがあります。あまり知られていない症状なのですが、実はこれに気が付いていない人もかなり多いんです。 そこで、今回はこの気づきにくい病について考えてみましょう。 多嚢胞性...

続きを読む

昔に比べて初婚年齢が高くなりそれに比例して初産の年齢も高くなってきています。 昔に比べ周産期医療は進化し、出産に関する事故は減少、30代での出産リスクも低いのですが、体は歳をとりますから、妊娠・出産については若い時と同じようにはいかないこともあります。 さて...

続きを読む

女の子でも男の子でも妊娠して子供ができるということは、嬉しいことには間違いありません。しかし、出来るなら女の子を妊娠したいという人もいることでしょう。 そこで、今日からでも始められる、簡単な女の子産み分け法について紹介していきますので、まずはできることから試してみ...

続きを読む