赤ちゃんを授かりたい、妊娠したいという気持ちで少しでも妊娠しやすい体作りを目指す女性も増えています。 妊活の中で、手軽に始められるのが毎日の食生活の見直しです。忙しいとつい外食やインスタント食品に頼りがちになりますが、栄養が偏ったり体調が悪くなったり、太ってき...

続きを読む

35歳を過ぎても若々しい女性はたくさんいます。 しかし、加齢とともに卵巣機能が弱まっています。妊娠の確率が低くなっていくことは昔から変わりません。 高齢になってもあきらめないで妊娠力をつけたいと思うとき、毎日体を作っている食の面からアプローチしてみません...

続きを読む

女性の結婚年齢が上がり、初産年齢が30歳を超えることが珍しくなくなりました。 とは言っても卵巣の機能は延長されるわけではありません。35歳以上になると、女性ホルモンの分泌量は減少する一途だということは変わらない事実です。 特に卵子の総数は生まれたときから...

続きを読む

35歳以上での出産が珍しくなくなり、あせって妊活する必要もないかな?と思う人もいるかもしれません。 でも女性の体には確かに出産適齢期が存在します。35歳が高齢出産として区別されるのには理由があります。 平均出産年齢は上がっていっても卵子の数と卵巣の寿命は...

続きを読む

妊娠を希望する妊活中の場合、基礎体温をつけることは、自分自身の体調管理だけでなく妊娠しやすい時期の把握の手段にもなるのでとても大切です。 基礎体温をつけることで自分の定期的な体のリズムが把握でき、また妊娠したかどうかをいち早く知るためにも有効なので、ぜひ毎日の...

続きを読む

これから妊娠を考えている人にとって、自身の身体の状態を知るために欠かせないのが基礎体温です。 そして、妊娠するためには、基礎体温がきちんと低温期と高温期が分かれており、平熱もある程度の高さがあった方が良いということが分かっています。 冷え性や低体温に悩ま...

続きを読む

妊活をしている時体の冷えは大敵です。そんな中、生活習慣を改めることはもちろん、漢方薬を使って体質改善を行うことで冷え性を防止し、妊娠しやすい体になったという方もいます。 漢方薬を妊活中に取り入れる時は、どのような場所で手に入るのか、どのような形で生活の中に取り...

続きを読む

赤ちゃんを授かりたいと体の妊娠力UPのために食事や生活習慣に色々と気を付けている女性が増える一方、辛い生理トラブルに悩まされている方も年々増加しているようです。 昔より「初潮が早く」「最初の妊娠が遅い」傾向にある現代の女性は妊娠までの生理の回数が多くて、体への...

続きを読む

妊活をする上で、ホルモンバランスを整える事は大切なポイントです。ホルモンが正常に分泌される事で、排卵など子宮内の働きや機能が正常に働こうとするからです。 子宮内の機能が正常に機能する事で、妊娠もしやすくなる可能性があります。妊娠を考えたらまずは、体のメンテ...

続きを読む

女性は筋肉量の違いなどから男性に比べると生来とても体が冷えやすく、冬になると指先など末端が氷のようになってしまう人も少なくありません。 「冷えは万病のもと」と言われ、冷えると体のあらゆる器官の働きが鈍ります。これは子宮や卵巣にも言えることで、不妊の一因との学説...

続きを読む