子作りをする前に知っておきたい「体作りの方法」について

shutterstock_264377318

最近芸能界では出産ブームですよね。多くの有名人が妊娠出産したニュースを見かけます。

女性の社会進出に伴い、結婚出産の時期が後ろ倒しになったとよく言われていますが、女性なら一度は子どもを産みたい!育てたい!と思うことでしょう。

妊娠したいときに、子どもが欲しいときの将来のために、今からできることを紹介したいと思います。

妊娠の可能性を下げる原因とは

世の中には妊娠しやすい人とそうでない人がいます。子どもができるまで1年~2年かかるという人もいるくらいです。

25~30歳代の妊娠の確率は約25~30%といわれていますので、子どもを授かるというのは本当に奇跡ともいえますよね。

では妊娠の可能性を下げる原因は何なのでしょうか。

体の冷え

薄着ファッションや無理なダイエットなどで体の冷えが続くと、体の血液のめぐりが悪くなり、全身に栄養や酵素などが上手くいきわたらなくなっていきます。

そうなると女性特有の卵巣機能、黄体機能などの生殖機能の低下を招く恐れが出てくるんです。

生理が遅れたり、生理が来てもスケジュールがバラバラだったりと妊娠の可能性を下げてしまいます。

運動不足

長時間のデスクワークや長時間のハイヒール着用が筋肉をこわばらせ、冷えや血行不良を招くことにより、不妊症の原因になります。

特に下半身の血行不良が不妊の原因になるといわれています。

不摂生な生活

昼夜が逆転していたり、3食きちんと食べなかったりすると疲労がどんどん蓄積され、それに伴いストレスの増加・ホルモンバランスの乱れが起きる可能性があります。

ストレスは、副交感神経がを活性化させ、血流障害・冷えを促します。

また、スナック菓子やインスタント食品等栄養の偏ったものばかり食べていると、生理不順や冷え性など妊娠を妨げる原因を引き起こす可能性もあるんです。

自律神経の乱れ

自律神経が乱れると、体温調節が上手くいかなくなり、冷えを引き起こしてしまう可能性があります。

仕事や人間関係でのストレス、不安や心配事は交感神経を興奮させ、血管を収縮させるため、これが冷えへとつながりホルモンへ影響を与えます。

妊娠しやすい体とはどんな体のことを言うの?

妊娠したいときに妊娠できるような、妊娠しやすい人はどんな体や体質なのでしょう?

若い年齢

女性は生まれたときに卵子の数が決まっているといわれていますので、年齢が進むにつれて卵子の老化は進んでいきます。

妊娠しやすい年齢は、20歳代でそれ以降はどんどん下降線をたどっていくといわれています。

健康な体型

無理なダイエットをして全身にエネルギーがいきわたらなかったり、体を冷やしてしまうと卵巣の働きは低下していきます。

ホルモンバランスが崩れ、生理も毎月来なかったり、スケジュールがバラバラに乱れてしまいます。

無理なダイエットをせず、よく食べ、よく寝て、よく運動すれば健康な体型は整っていきますよ。

パートナーとの相性・仲

子どもはパートナーあってこそですよね。頻繁に仲良くしているカップルの方が自然と妊娠の確率は上がるようです。

上記に3点妊娠しやすい体であるため条件を並べましたが、これらに加え普段からできる事柄を紹介したいと思います。

妊娠しやすい体のために普段からできること

私たちは毎日食べて、腸で吸収したものでできているので、毎日の食事を整えることは非常に大切です。

冷たいものばかりや、栄養の偏ったもの、スナック菓子やスイーツを食べすぎていると腸の働きが良くなくなり、ホルモンの分泌や体温調整も上手くいかなくなってしまいます。

毎日の食事では、季節のお野菜に注目することも大切です。

季節のお野菜には、その時期に私たちが摂りたい栄養素が多く含まれているので、季節に合ったものを取り入れるのがお薦めです。

腸の働きが妊娠を後押しする?合わせて行いたい腸活

腸は第二の脳といわれているのを知ってましたか?

体の細胞や重要なホルモンは腸でできるんです。なので、腸を整えること=インナービューティが大切です。

毎日の食べるもので血液レベルからからだが変わっていきます。

体にとってできるだけ自然なもの、消化に負担がかからないものを積極的に摂取することで、生理や月経前症候群、腰痛などの体の不調が改善していきますよ。

もちろんアンチエイジングやダイエットにも効果があるので是非トライしてみてください!

適度な運動の必要性

毎日続けられる適度な運動が効果的です。

散歩したり、体の筋を伸ばすなど、日常生活の中で簡単にできることがおすすめです。

筋肉の70%は下半身についているので、下半身の血行をよくしてあげることが冷えの解消につながっていきます。

また、適度な運動を行うことで自律神経が整うので、体の温度調整機能も整っていきます。

それによりホルモンバランスも整っていくので、未然に冷えを防ぐことができるんです。

体を冷やさない

物理的に体を冷やさないことは大事です。

冷房の下に長時間いたり、薄着でいたりすることは体を冷やしてしまいます。

半身浴や足湯は、特に骨盤内を温めるのに効果があるといわれています。

骨盤内の血流を増やすことで、卵巣機能が改善されるので、お風呂で体を洗っているときに足を温めるということもお薦めです。

自律神経に直接アプローチ

自律神経が乱れると体の冷えにつながることを先に紹介しましたが、それを整えるために、生活にメリハリをつけ、睡眠の質をよくすることが大切です。

そうすることで、神経の緊張をほぐし、自律神経のバランスが整い、生殖機能のリズムも整っていきます。

体を温める任活レシピを試してみよう

居心地の良い子宮を作るには、動物性・植物性たんぱく質をセットで摂ることがお薦めです。

『簡単♪お豆腐とほうれん草のミートグラタン』

<材料>

  • ほうれん草 5房
  • 木綿豆腐 2個
  • 市販ミートソース 2人前
  • チーズ 適量
  • パン粉 適量

<手順>

  1. ほうれん草を1分ほど下茹でする。
  2. 豆腐の水を切る
  3. クッキングペーパーに豆腐をくるんでレンジで50秒ほど温める。
  4. ゆでたほうれん草をお皿に上げ、その上からお豆腐をのせる。
  5. 温めたミートソースを上から流し、チーズとパン粉をかける。
  6. オーブンを180度に設定し、10分ほど加熱したら出来上がり。

妊娠しやすい体作りは食生活から改善しよう

体の構造を作るたんぱく質は積極的に摂りたい栄養素です。

また、妊活中に特に必要な栄養素は「葉酸」です。妊娠を望んでいる女性なら積極的に摂取するといいでしょう。

1日の摂取量は0.4mgといわれています。

妊娠しやすい体になるために是非、今からできる毎日の食・生活スタイルを見直してみてはいかがでしょうか。

%e5%ad%90%e5%ae%ae%e3%81%aa%e3%81%a9%e4%bd%93%e3%82%92%e6%b8%a9%e3%82%81%e3%81%a6%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e5%8a%9b%e3%82%92%e3%81%82%e3%81%92%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%a8%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b

女性は筋肉量の違いなどから男性に比べると生来とても体が冷えやすく、冬になると指先など末端が氷のようになってしまう人も少なくありません。 「冷えは万病のもと」と言われ、冷えると体のあらゆる器官の働きが鈍ります。これは子宮や卵巣にも言えることで、不妊の一因との学説...

続きを読む
%e5%a6%8a%e6%b4%bb%e3%81%ab%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%9c%e3%82%b9%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%92%e5%8f%96%e3%82%8a%e5%85%a5%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e5%a5%b3%e6%80%a7

晩婚化とともに、女性が第1子を出産をする年齢も上げってきている現代。今や妊活という言葉は広く一般的に浸透しています。 そして妊活中の女性に人気のルイボスティーというお茶をご存知でしょうか。 不妊治療をしながら、既に飲んでいる方 良いとは聞いていたけ...

続きを読む
妊婦のママのお腹にキスするパパ

葉酸は、お腹の中の赤ちゃんが健やかに成長していくために欠かせない栄養素です。 葉酸は細胞を増やすために不可欠な栄養素なので、活発に細胞を増やしている妊娠期や授乳期の赤ちゃんにとって、とても大切なのです。 さらに、妊娠前から葉酸を摂ることで、「神経管閉鎖障害」...

続きを読む
%e5%a6%8a%e5%a8%a0%e5%87%ba%e6%9d%a5%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%8b%e3%82%89%e3%80%81%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%81%97%e3%81%a6%e6%b0%97

子どもを授かりたいと1ヶ月間頑張ってきたのに、また生理がきてしまった… 妊活を本気で頑張っている人ほど、生理がきてリセットしてしまうショックは大きいと思います。 何回もリセットを繰り返すと、生理がくること自体がストレスになり、不安な気持ちも大きくなり...

続きを読む
バランスの取れた食事で妊活を楽しく

妊娠を望んでもなかなか妊娠出来ない場合、「もしかして自分は不妊症?」と不安になるものです。 昨今、不妊症はとても身近な問題で、「妊娠するためには不妊治療が必要」という意識が強くなってしまいがちです。 しかしなかなか妊娠できないからといって、必ずしも不妊症...

続きを読む
加工後shutterstock_272702201

赤ちゃんを授かりたいと体の妊娠力UPのために食事や生活習慣に色々と気を付けている女性が増える一方、辛い生理トラブルに悩まされている方も年々増加しているようです。 昔より「初潮が早く」「最初の妊娠が遅い」傾向にある現代の女性は妊娠までの生理の回数が多くて、体への負担...

続きを読む
W580Q100_shutterstock_250931863

晩婚化になりつつある日本ですから、出産年齢も少しずつ遅くなっています。結婚してすぐに妊娠できるカップルもいますが、数年経過して高齢出産というケースはよく聞く話です。 不妊のカップルが10組に1組いるとも言われているので、誰でも結婚してすぐに子どもを授かれるとい...

続きを読む
加工後 shutterstock_173216819

妊活というと妊娠しやすい体を作るために食事に気をつけたり、運動を始めることが真っ先に思い浮かぶという人もいるでしょう。 確かに体作りも大切なプロセスの一つですが、まずは自分の体には、赤ちゃんを迎えやすい環境が整っているか検査してもらい、自分の体について知ることも同...

続きを読む
加工後 shutterstock_286754822

赤ちゃんを授かりたい、妊娠したいという気持ちで少しでも妊娠しやすい体作りを目指す女性も増えています。 妊活の中で、手軽に始められるのが毎日の食生活の見直しです。忙しいとつい外食やインスタント食品に頼りがちになりますが、栄養が偏ったり体調が悪くなったり、太ってきたり...

続きを読む
25shutterstock_216539362

「冷え症がなかなか妊娠出来ない原因の一つかもしれない」と聞くと「そんなわけない」という声と「そうかもしれない」という声があがってきます。 私自身元々冷え症ですが赤ちゃんを3人も授かったこともあり、この言葉の信憑性を疑っていましたが、冷え症というのは、西洋医...

続きを読む