- 初めての節句でのお祝いの食事はどのくらい張り切って作るもの? | MARCH(マーチ)

初めての節句でのお祝いの食事はどのくらい張り切って作るもの?

2015/05/01

56shutterstock_59575198

赤ちゃんが生まれての一大イベントの中には、初節句が含まれていると思います。初節句はお人形を買うだけで終わりではありません。

我が家の場合、一番上の子の時に何をしたのかはすっかり忘れてしまいましたが、真ん中の子の時はお寿司屋さんに頼んでそちらで食事会を行い、末っ子の時はちょっと高級なお弁当をデリバリーしてもらいお祝いをしました。

末っ子の時には3人も子供がいたので、外へ出るのが億劫だったというのが本音です。でも私のように業者に頼まなくても、自分で作ってお祝いをするご家庭のほうがもしかすると多いのかもしれません。

パパの協力は必須!

手作りが基本なのかと言われたら、多分半数以上くらいが手作りという気がします。というのも、最初で最後の初節句なので気合いが入りやすいという点です。そしてやっぱり赤ちゃん連れで外食に行くのは億劫だというケースもあるからです。

初節句のお祝いをするための準備中、パパが赤ちゃんのお世話をしっかりとしてくれるというのはもちろん大前提でしょう。泣いてばかりいる子の世話をしながらいつもより凝った料理を作るのは本当に大変です。

もちろん中には驚異的な集中力と手際の良さで、なんなく作ることが出来る方もいるでしょう。でもやっぱりパパのお手伝いは前提にしたほうがいいと思います。

メニューはどう決めるか

では手作りならばどんなメニューにしたら良いのか、考えてみましょう。インターネットのレシピサイトなどで調べると、お雛様用、子供の日に向いているレシピといった具合で情報が出てきます。その中のものを参考にして作ればいいと思います。

参考のレシピをアレンジしよう

あくまでこれは「参考のレシピ」なので、全てをその通りにしなくてはいけないということはありませんし、アレンジしたって構わないのです。自分には無理だなと思えば作らないこと。無理して作る必要はないと思います。

後はどうしても手作りに拘りたいのならば、赤ちゃんの離乳食だけ完全に手作りして大人の分は出前という方法もあるでしょう。

離乳食だけ手作りもアリ

離乳食はどうしても出前にすれば味付けが濃くなってしまうという心配があります。しかも離乳食のメニューを用意しているお店は限られていますので、せっかくの祝いごとで頑張りたいという気持ちがあるのならばぜひ離乳食の手作りに挑戦してみて下さい。

離乳食のイベントメニューも、インターネットのレシピサイトが非常に参考になります。手作りのケーキなどもあわせて用意してあげると、赤ちゃんも喜んでくれると思いますよ。

離乳食のケーキは手作りしやすい

ケーキを作る場合、生クリームは避けたほうがいいと思うので代替えで挑戦してみて下さい。私は豆乳クリームに少しだけ砂糖を入れて作りましたが、ほんのり甘くて美味しかったです。

果物もかなり食べられる時期ならば果物をミックスしてあげれば美味しく仕上がります。スポンジの部分はホットケーキの素を利用すると家庭でも簡単に出来ます。私のような料理が苦手な方でも無理しないで出来るのでお勧めです。

同じ物を食べたい気持ち

とにかく赤ちゃんだけのものを作ると手間がかかりますが、赤ちゃんと同じ物を大人や兄弟が食べられたらそれはそれで楽ですし、赤ちゃんも喜んでくれます。

やはり赤ちゃんにとって、自分だけ食べられないという体験はあまりいい気がしないようだというのはわかります。

少しでも赤ちゃんが喜んでくれそうなイベントにしたいのならば、大人と赤ちゃんが同じ物を食べられるようにしたほうがいいと思います。

ネットで検索してみよう!

さて、周りがどんな初節句をしているのか、興味がある方もいるのではないでしょうか。インターネットで検索すると個人のブログでいろいろな初節句の画像や記事がひっかかると思います。

その中から参考になりそうな料理を見つけて真似をするという方法はありです。

料理だけでなく「こんな飾り付けにしました」とか「赤ちゃんにはこんな恰好をさせました」と参考になる内容が掲載されていることも多いので、時間があればぜひいくつも検索してみて下さい。

皆さんブログなどにアップしようと思っているからか、非常に気合いが入っていることも多くて良い意味でびっくりさせられます。

料理の予算はいくら?

最後に気になるお金の事です。お祝いにご招待したら大概の方がお金を包んでくると思います。こちらはご馳走を準備(用意)するので、基本的にはお返しについて考えなくて良いと思います。

私の経験では頂いたお金以上の出費がかかっているか、同額なのでこちらのほうが得をする事は滅多にないでしょう。逆を言えばそれくらいの金額を見込んだ料理を準備しなくてはならない、ということです。

一人5000円くらいの目安であれば立派な食事になります。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ