赤ちゃんのハーフバースデー!やっておきたいお祝いのアイデア

コメント0
2015/05/04

75shutterstock_151792175

最近にわかに注目されるようになった「ハーフバースデー」。生まれてからの半年、我が子の成長を振り返りながら、家族で楽しくお祝いしましょう!ここでは、そんなときにやりたいお祝いのアイデアをご紹介します。

0歳の成長は著しいですから、6か月という期間でも、大きな変化を感じるはず。同時に、パパ・ママとしての「自分たちの成長」も振り返ってみてくださいね!

家族でお祝い!

せっかくの記念日ですから、家族で集まって食事をするというのは王道です。

自宅でバーティー

自宅で気負わず「おうちパーティー」をするなら、飾り付けなどで気分を盛り上げて!バルーンやガーランドなどで飾り付けると、子供らしい可愛い雰囲気が出ます。

100円均一で売っているようなモールやグッズで飾り付けるだけでも十分華やかになりますし、無料素材をダウンロードしてガーランドを手作りするのも、手軽でオススメ。

生後半年なら、離乳食デビューしている子も多いはず。好きな食材の離乳食を用意してあげたり、ほうれん草やかぼちゃなどを使って可愛く仕上げたり、ちょっと良い食器を使うだけでも「お祝い感」が出ます。ぜひ、パーティーに赤ちゃんも参加させてあげてください。

外食で豪華に

自分たちへの労いも込めて、もしくは思い出づくりとして、外食するのも一つの方法。いつもよりちょっといいお店でお祝いすれば、新鮮で良い思い出になるはず。

個室・お座敷ありのお店なら、赤ちゃん連れでも比較的外食はしやすいです。赤ちゃんが生まれてからほとんど外食していない、というファミリーなら、ちょっとしたイベント気分で楽しめそうですね。

思い出を写真に残す!

ハーフバースデー記念に、写真を残しておくのも大切なこと。スタジオで撮るという方法もありますが、いつもの写真に「ひと工夫」するだけでもぐっと雰囲気は変わります。

いつもの写真に一工夫

たとえば、赤ちゃんに華やかな洋服を着せて「おめかし」をさせたり、手作りの王冠を作ったり。話題の「寝相アート」なども、子供が小さいうちの特権。チャレンジしてみてくださいね。

家族写真を撮る

子供が生まれてからパパ・ママの写真は減っていませんか?ぜひ、ハーフバースデーの機会にセルフタイマーで家族写真を!そのほか、0歳のうちの写真は多くなるので、この機会に一度まとめてみるのもオススメです。

成長の記録を残す!

ハーフバースデー記念に、成長の記録を残してみるのはいかがでしょうか?

簡単なところでは、身長や体重の計測。児童館や、ショッピングモールの授乳室などにスケールが置いていることが多いので、計ってみましょう。また、王道は手形・足型をとっておくこと。気軽に残せますのでぜひトライを!数か月後に見ても、その小ささに驚くはず。

そのほか、新生児時代の服や、今後着る予定の「ちょっと大きい服」を着せて写真を撮っておくのもオススメ。「同じ服」で写真を撮って定期的に比べてみると、子供の成長がはっきりと分かりますよ。

0歳の成長は早いもの。子育てに追われてバタバタ過ごしていると、あっという間に子供は成長してしまいます。節目で成長記録を残しておくと、あとで振り返ったときに見返すことができて、感慨深いものです。

パパ・ママにもご褒美!

ハーフバースデーは大切な子供の記念日。ですが、同時に振り返りたいのが、半年間の「自分たちのがんばり」。新生児を迎えての半年は、寝不足やはじめての育児で大変だった方も多いはず。この機会に、自分たちのがんばりも振り返って、ねぎらってみてください。

たとえば、リラックスタイムを持てるようにマッサージに行ってみたり、短い時間自分だけで外出してみたり。ちょっと良いディナーを食べに行くのも良いですね。お気に入りのスイーツを買って、贅沢してみても良いのではないでしょうか。

特にママは、生後半年育児にかかりきり、ということも少なくありません。節目となる貴重な機会ですから、自分のための服やアクセサリーを購入してみるのも、記念になってオススメですよ。

そうやってしっかり自分たちを労うことで、また「育児がんばろう!」という気分になれます。パートナーと二人、しっかり労い合って、結束を固めることができたら、今後の育児にもきっと良い影響が生まれるはず!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ