- 気になる子供の歯の黄ばみ…歯を白くするにはどうすればいいの? | MARCH(マーチ)

気になる子供の歯の黄ばみ…歯を白くするにはどうすればいいの?

2015/01/06

shutterstock_147976688 (2)

子どもの歯、注意して見ていますか?ある日見てみたら、その色にビックリ!なんてことは、できれば避けたいものですが…黄ばみが気になるときの対処法や、そうならないためにはどうしたらいいのかを探ってみましょう。

歯はどんな構造になっているの?

歯はエナメル質、象牙質、セメント質、歯髄といった組織からできています。

エナメル質:
歯の表面は、このエナメル質におおわれています。色は透明で、人間の身体組織の中で一番硬いのだそう!その硬さは水晶にも匹敵するといわれています。

象牙質:
表面のエナメル質の内側にあるのが、象牙質です。エナメル質よりもやわらかく、組織液で満たされた象牙細管という管がはりめぐらされています。

歯の黄ばみには、主にこの2つの組織が関係しているようです。

どうして歯は黄ばんでしまうの?

歯は白いもののはずなのに、いつの間にか黄ばんでいるのはなぜなのでしょう。その原因をみていきましょう。

1.色が着いてしまった

歯の表面のエナメル質に汚れが付くと、歯が黄ばんで見えるのです。この汚れは 「ステイン」 と呼ばれます。

色の濃い食べ物や調味料を多くとることで、汚れが付くと考えられます。カレーやチョコレート、ケチャップ、ソースなどがあげられます。

2.色が変わってしまった

エナメル質の内側の象牙質の色が変化することで、黄ばんで見えます。原因はテトラサイクリン系の抗生物質の服用です。

乳児から7歳くらいまでにこの薬を長期間使用した場合に、象牙質の色が濃くなったり、縞模様ができたりするようです。

子供自身が飲んでいなくても、お母さんが妊娠中に服用した場合は、子どもの歯の根元から三分の一くらいが黄色くなるという副作用がでることがあります。

3.虫歯

虫歯になりたてのごく初期のころには、白くにごった色になり、表面がザラザラになるといいます。それが進行するにつれ、茶褐色から黒っぽく変化していくのです。

4.歯の病気

「エナメル質形成不全」という先天性の病気があります。何らかの原因で、歯の表面のエナメル質がうまく作られないまま生えてきた歯をこう呼びます。

乳歯の場合、10%未満ではありますが、この病気がみられます。

エナメル質が形成されていない部分は象牙質の色が分かりやすいために、黄色くなって見えるのです。この歯は、他の歯と比べ質が弱く、虫歯になりやすいとされています。

5.フッ素

エナメル質を形成する時期に、フッ素を大量に摂取すると、白い斑点ができたり、茶褐色に変色することがあるようです。

どうすればきれいにできるの?

エナメル質への汚れが原因の“着色黄ばみ”に関しては、食べた後にすぐに歯を磨くことが有効です。歯磨き粉を使って、ブラッシングすると案外すぐにきれいになるようです。しかも、毎日ではなく、時々使うだけでもその効果はあるのです。
象牙質の変化が原因の“変色黄ばみ”に関しては、歯磨きだけでは内側まで白くすることができないので、歯科医院で象牙質に薬剤を浸透させて行う“ホワイトニング治療”を受けるのがよいようです。

ただ、専門家の多くは、乳幼児にたいしては必ずしも使う必要はないという考えのようです。

虫歯が原因のときには、初期段階であれば、歯科医院でティースポリッシングを施してもらうときれいになるようです。しかし、進行したものは変色した部分を削って詰める作業が必要になります。

どうやって予防すればいいの?

基本はやはり、 歯磨きの徹底 といえます。

着色しやすいカレーやチョコレートは、子どもたちの好物です。ケチャップのたくさんかかったオムライス、ソースたっぷりのコロッケも喜んで食べることでしょう。

お母さんはたくさん食べてくれるのが嬉しくて、毎日のように与えてしまうこともあるかもしれません。

だからこそ、“食事の後はすぐに歯を磨く” ことを習慣にしてあげましょう。この“すぐに”というのがポイントです。それが、歯の着色を防ぎ、虫歯を遠ざける近道となるのです。

みんなのコメント
  • かれたん&伊野尾ちゃんさん

    歯磨きして1年ほどやったら綺麗になった

  • aaさん

     やってよっかたと思った

  • さぁさん

    食事の後すぐにだと、口の中が

  • さぁさん

    酸性になってるから、歯が傷つきやすいのでは、、?

    途中送信になってしまった(´・_・`)

  • ねきにかさん

    早く歯がきれいになるといいです

  • たっくんさん

    本当に歯がきれいになりたいです。

あなたの一言もどうぞ