- 子供が歯磨きを嫌がる!スムーズにいく歯磨きの仕方をご紹介 | MARCH(マーチ)

子供が歯磨きを嫌がる!スムーズにいく歯磨きの仕方をご紹介

2014/04/07


1歳を過ぎると歯磨きを激しく嫌がるようになる子も多いのではないでしょうか。口を開けてくれない、嫌の一点張り、逃げ回る。おとなしくしていてくれたらすぐ終わるのに歯磨きに時間がかかります。それも毎日のことですから親は憂鬱になってきます。歯磨きの嫌々は暫く続きますよね。

私もあの手この手で仕上げ磨きができるように奮闘していました。その経験からいくつかスムーズに磨く方法をご紹介します。少しでも役に立てれば幸いです。お子さんによってもちろん合う合わないがありますから、できそうなものを試してみてください。

叱りつけないで言い聞かせる

親がイライラしてしまう気持ちはわかりますが叱っても事態は良くなりません。どうして歯磨きが大切なのか説明します。子供は頭ではちゃんと理解しています。

でも面倒くさい、口を開けることに抵抗がある、ママの磨き方が痛いなど様々な理由があって嫌がります。私も毎日言い聞かせました。食べたら歯が汚れているから綺麗にすること、汚れたままだと虫歯になって歯が痛くなること。ゆっくり目を見て説明しましょう。

歯ブラシを選ばせる

子供の好きなキャラクターや好きな色の歯ブラシを一緒に買いに行きましょう。新しいのがうれしくて「買ったやつ使う!」と言い出して使い始めます。

子供の歯ブラシはすぐに痛むので、私はよく買い替えていました。その度に娘に好きな歯ブラシを選ばせました。すると使いたがるのです。お気に入りのものが手に入るとずっと持って磨いています。

できるだけ楽しい時間に

仕上げ歯磨きで口を開けてくれない時があります。叱っても無理に開けようとしても全然ダメですよね。

私は抱きしめてチューしまくったり、こちょこちょして笑わせました。その隙に少しでもいいからしゃっと磨きました。引いてダメなら押してみる、その逆もしかりです。子供が抵抗する時ほどふざけて執拗に抱きしめて笑わせます。「大好きだから離さない!」と言いながら。私はよく使う手です。ドライヤーも嫌がりますがこの方法で笑わせながらするとすんなり終わります。楽しいと「もう一回やって」と言うので次からスムーズにできます。

鏡を見せる

子供が鏡に興味があるようなら、ごろんさせてから鏡を見せましょう。「これが上の歯、これは下の歯〜」と歯について教えながら磨いたり「前歯は何本あるかな、数えてみよう」と子供の興味を引くような声かけで楽しませてあげましょう。

ブラシで歯をコツンと鳴らす

私の娘はブラシで歯をコツコツを鳴らすとケラケラ笑うのでその隙に磨きます。「上の歯コツコツ、下の歯コツコツ」と歌います。

ママの歯を磨かせる

とにかく歯磨きに興味を持って欲しくて私の歯を磨いてもらいました。ママが口を開けているのが面白いのか楽しそうに上手に磨いてくれました。その後「自分の歯もできるかな」と言うと磨き始めました。ママの歯を磨いたというちょっとした優越感から自分のくらいできるよという気持ちになったようです。お人形さんやぬいぐるみを持ってきて子供に磨いてもらうのもよい方法です。

虫歯が心配なら定期検診を

毎日嫌がる歯磨き。しっかり磨けているのか心配な方も多いのではないでしょうか。私もしっかり磨ける日なんて本当に少なかったです。虫歯になるんじゃないかと心配していました。それでも1歳半検診や市で行っているの歯科検診で診てもらった時は問題ありませんでした。あんな適当な磨き方でいいのかなと思っていましたが、とにかく嫌がられながらも少しでも磨くことが大切だなと思いました。

それと同時に私は子供に甘いものやジュースを与えたことがありません。それも虫歯を防いでいる要因だと実感しました。食べたらお茶かお水を飲ませています。汚れを流してくれますから。食後や間食後にジュースはよくありません。糖が口の中に残ることになります。

嫌がるのも時期の問題

子供が歯磨きを嫌がっていた時、先輩のママさんに「うちの子も嫌がってたけど、ある日突然嫌がらなくなったよ。絶対そういう日が来るから大丈夫!」と言われたのです。私はそれを聞いてから悩むのをやめました。

そして本当に突然その日は来たのです。2歳前にはすんなり歯磨きさせてくれるようになりました。少し肩の荷を下ろして、いつか嫌がらない日が来ると信じてドンと構えていましょう。大人になったらみんな磨くのですから。

みんなのコメント
  • ひなちゃんママさん

    まもなく1歳の娘、歯みがきイヤイヤで悩んでいました。嫌がるのも時期の問題を読んで、スーとしました。歯みがきさせようと、ママは怖い顔してるかも(笑)反省。娘と一緒に歯みがきの時間を、楽しく過ごせるよう工夫しようと思います。

あなたの一言もどうぞ