- ハロウィンが盛り上がる!子供が喜ぶかぼちゃのパーティーレシピ | MARCH(マーチ)

ハロウィンが盛り上がる!子供が喜ぶかぼちゃのパーティーレシピ

2015/10/08

加工後 shutterstock_114708139
ハロウィンといえば「かぼちゃ」ですよね。色々なお料理やおやつにも使いやすい優しい甘さで栄養満点なおこの野菜を主役に、ハロウィンパーティーをしませんか?

どーんと主役になるお料理から、普段の献立にも加えやすいお手軽なものまで6種類のかぼちゃメニュー(分量は大人○人分です)をご紹介します!

メインは豪華に!パーティーの主役になるレシピ2つ

まずはこれでパーティーが盛り上がること間違いなし!メインとなる料理2つをご紹介します。

1.かぼちゃのミートパイ – 可愛くてお腹も大満足

加工後 6画像1

材料(4人分) 分量
冷凍パイシート 4枚(18cm×9cm)
かぼちゃ 300g
合いびき肉 100g
玉ねぎ 1/2こ
人参・きのこなど お好みで
ケチャップ・中濃ソース 各大さじ1
卵黄 1こ分
  1. かぼちゃを電子レンジ(約4分)で柔らかくしておく
  2. みじん切りにした玉ねぎ、お好みの野菜をひき肉と炒める
  3. 2にケチャップ・中濃ソース・塩コショウ(少々・分量外)で味付けする
  4. 1,3を混ぜ合わせておく
  5. 解凍したパイシートを好きな形にナイフで切る
  6. 3をパイシートに乗せ、上からもう一枚を被せて回りをフォークで押さえる
  7. 6に卵黄をはけで塗る
  8. 200℃に温めておいたオーブンで10~15分、お好みの焼き色がつくまで焼く

今回は5のところでこのような形にパイシートを切りました。

加工後 6画像8

切ったところはまとめて薄く伸ばし、最初の写真にあるようなオバケの形や丸いもの、もう少し大きく丸く広げて半分に中身を包む(餃子のような感じ)にしました。形が作りやすいので、お子さんと一緒にやってみると楽しいですよ。

かぼちゃは一枚のシートを半分にして底と顔を作る大きさだったので、小さなお子さんにはその半分の大きさにしてもいいかもしれませんね。かぼちゃの形はつまようじで軽く形を決めてからナイフで切りました。

3、4つ目になると、もうだいたい形が分かってきたのでいきなりザクザクとナイフで切ったんですが、もっとキレイに作りたい方はクッキングシートで型紙を作ってその通りに切るといいですね。

ここに具を好きなだけ乗せ、顔の部分を被せて端をフォークで押さえて閉じます。端は閉じてしまうので、キレイに切ろう!と思わなくても大丈夫。生地も少し柔らかくなってくるので形の補正もできます。

加工後 6画像2

今回は見ていただいて分かるように、かなりたくさん具を入れたので一つでもずっしりでお腹が結構膨れました。

具を入れるとかぼちゃの表情も変わって見えるので、入れる量を少しずつ変えるのも楽しそうですね。

中には入れなかったんですが、チーズを一緒に食べるととっても美味しかったのでお好みで具に加えてみてください。カレー粉も間違いなく美味しいですね!

もし具が余った場合には食パンに挟んでトースターでカリッと焼いたり、トマトソースを加えて上にチーズを乗せてグラタンにしたり、水を足してカレー粉を加えてキーマカレー風にしたり…と色々とアレンジ可能です。

うちの娘はパイを一口食べて「これパスタに合いそう」と一丁前なことを言っていました。

パイシートは切っているとどんどん柔らかくなってきてしまうので、一枚ずつ冷蔵庫から出して切り、切った後はまた冷蔵庫に戻すようにすると生地が膨らみやすくなっていいですよ。

私はちょっと時間がかかってしまい、いい感じに膨らんでくれなかったので皆さんは気を付けtみてくださいね!

2.坊ちゃんかぼちゃの丸ごとグラタン – 簡単なのに華やか!

加工後 6画像3

材料(2人分) 分量
坊ちゃんかぼちゃ 2こ
鶏もも肉 100g
玉ねぎ 1/4こ
人参 1/4本
きのこ お好みで
牛乳 1カップ
小麦粉 大さじ2
コンソメキューブ 1こ
ピザ用チーズ 適量
  1. かぼちゃをよく洗い、ラップに包んで電子レンジで加熱(600Wで約4分)
  2. ふたにする部分を切り取る(上から1/4くらいのところ)
  3. 種を取り、皮を破らないように注意しながら中身をくり抜く
  4. 鶏肉・野菜を炒める
  5. 4に小麦粉を入れて混ぜ、全体に馴染ませる
  6. ここに牛乳を少しずつ入れながらよく混ぜ合わせる
  7. くり抜いたかぼちゃ、コンソメを入れて混ぜ、塩コショウで味を整える
  8. 皮に7を入れ、チーズを乗せてトースターorオーブンで焼く

坊ちゃんかぼちゃは柔らかいので皮が破れないように注意しましょう。普通のかぼちゃに比べて高いので、普通のかぼちゃでグラタン皿に入れて作ってももちろんOK!正直その方が食べやすいです…。

中身にも皮にもしっかり火が通っているので、チーズに丁度いいくらいに焼き色がつくまでお好みで焼いてください。あまりチーズを掛け過ぎるとまわりに垂れてきてしまうので注意してくださいね。

大人なら丸一個食べてしまえると思いますが子供には大きいので、食べる時にはカットして。かぼちゃを入れてねっとりしているので中の具は切っても垂れにくくなっています。

グラタンの横にあるコウモリは、小さなおにぎりに目・口をカット(見えにくくてすみません)したノリを巻き付けて羽根や耳を付けて作りました。羽根はつまようじを使って刺してあります。もしつまようじを使うなら、食べる時は必ず外してくださいね!

一品でもハロウィン気分!気軽にカボチャ料理を楽しむレシピ2つ

メインは他のお料理にする場合でも、一品かぼちゃ料理にするだけでハロウィン気分を味わえますよね。簡単に出来るサラダとスープをご紹介します。

3.かぼちゃのサラダ – デザート感覚で食べられるサラダ

加工後 6画像4

材料(4人分) 分量
かぼちゃ 200g
砂糖 小さじ1/4~1/2
牛乳 大さじ2程度
マヨネーズ 大さじ1
レーズン・スライスアーモンド 適量
  1. かぼちゃを電子レンジ(3~4分)で柔らかくしておく
  2. 温かいうちにかぼちゃをつぶしておく
  3. 砂糖・マヨネーズ・牛乳・塩ほんの少し(分量外)を入れ混ぜ合わせる
  4. スライスアーモンドを軽く炒っておく
  5. ラップで3をかぼちゃの形になるように包む
  6. スライスアーモンドをへたに、レーズンを顔のパーツに飾り付ける

ほんのり甘いサラダです。かぼちゃの味・水分によってお砂糖や牛乳の分量は調節してくださいね。クリームチーズを加えても美味しいです。

かぼちゃの顔は、スライスチーズやかぼちゃの皮を使って作ってもいいですね。いろんな表情を作って楽しんでみてください。

かぼちゃの形にしなくてもレーズンとアーモンドを入れて混ぜて普通のサラダとして出してももちろんOK。赤・緑のお野菜と一緒に盛り付けると色も鮮やかで食欲アップ間違いなし!

4.かぼちゃのポタージュ – とっても濃厚で栄養満点なスープ

加工後 6画像5

材料(4人分) 分量
かぼちゃ 300g
人参 1/4本
玉ねぎ 1/4こ
牛乳 1カップ
コンソメキューブ 1/2こ
  1. かぼちゃを電子レンジ(3~4分)で加熱し柔らかくしておく
  2. 1の皮を外し、温かいうちに粗くつぶす
  3. 適当に切った玉ねぎ・人参と2、コンソメを入れひたひたの水を加えて加熱する
  4. 野菜が柔らかくなったら火を止めて粗熱をとる
  5. 4と牛乳をミキサーに入れてなめらかになるまで撹拌する
  6. 5をもう一度火にかけ、沸騰させないように温める
  7. お好みで生クリーム・パセリ・細かく切ったかぼちゃの皮などで飾る

野菜をしっかり煮たら、あとはミキサーにお任せ!な簡単ポタージュです。今回はかぼちゃの皮を取りましたが、もちろんそのままでもOK。

ポイントは6で沸騰させてしまわないこと!牛乳はグツグツ煮てしまうと分離してしまいます。焦げないようにかき混ぜながらしっかり見ておくようにしましょうね。

冷たくしても美味しいですよ。最後にベーコンを加えてもいいですね。朝食にもぴったりな栄養満点のスープです。

やっぱりデザートもかぼちゃで!簡単にできるレシピ1つ

次にデザート。混ぜて蒸すだけの簡単なプリンのレシピをご紹介します。

5.かぼちゃのプリン – しっかり食感で風味がつまってる

加工後 6画像6

材料(5つ分) 分量
かぼちゃ 200g
2こ
牛乳 1カップ
砂糖 40g
  1. かぼちゃを電子レンジ(約3分)で加熱し柔らかくしておく
  2. 温かいうちにかぼちゃをつぶしておく(皮を外すと色がキレイになります)
  3. ミキサーに2、卵、牛乳、砂糖を入れなめらかになるまで撹拌する
  4. 容器の半分の高さまで鍋に水を入れ、沸騰させる
  5. 一旦火を止めて3を入れた容器を並べる
  6. 弱火にして布きんを巻いた蓋をして弱火で10分加熱する
  7. 火を止めて10分放置する
  8. つまようじを刺して卵液が出てこなくなればOK。粗熱を取ってから冷やす

6で布きんを巻くのは水滴が垂れないようにするため。容器にアルミホイルなどで蓋をしてもOKです。

しっかりした食感なので、プリンという感じではないかもしれませんが優しい甘さでとても美味しいです。今回は皮は取らずに作ったので少し緑っぽい色ですが、皮を取ればもっと鮮やかになります。

もっとなめらかにしたければ2の後に茶こしで裏ごししてくださいね。スプーンですくったプリンにアイスクリームやホイップクリームを添えて盛り付けてもオシャレですね!

洋食が苦手なお子さん向けに!和風なレシピ1つ

ハロウィンというとどうしても洋食ばかりになってしまうので、やっぱり和食が好きなお子さんでも美味しく食べられるレシピを1つご紹介します。

6.かぼちゃの炊き込みご飯 – ほんのり甘くてホッとする

加工後 6画像7

材料(米2合分) 分量
かぼちゃ 150g
人参 1/2本
きのこ お好みで
みりん 大さじ1/2
醤油 大さじ1
小さじ1/2
だし汁 2カップ
  1. 野菜をお好みの大きさにカット。かぼちゃは大きめでもOK
  2. 炊飯器に洗って水切りしたお米と調味料を入れ、だし汁を2合の線まで加える
  3. 野菜を加えて炊飯器のスイッチON
  4. 炊き上がったら底から大きく混ぜ合わせる

かぼちゃは大きく切った方が形が残りやすいです。逆に小さく切ると崩れるのでご飯がかぼちゃの色になってきれいです。大きく切ってかぼちゃをちょうどいいところまで崩しながら混ぜてもいいですね。

かぼちゃを使ったお料理で気軽にハロウィンを楽しんで!

加工後 shutterstock_162436049
ハロウィンというと「仮装」というイメージなんですが、もっと気軽にハロウィン気分を味わいたいなというご家庭では、今回ご紹介したようなかぼちゃのメニューでパーティーをしてみては?

1のミートパイや2のグラタンにはピーマンやほうれん草、きのこなどお子さんが苦手な食材を入れても美味しく食べやすいですね。

何よりかぼちゃは色がキレイなので、少しの工夫でいつもより豪華に見えてくるもの。特にお子さんはちょっと形を変えたり飾ったりするだけで「美味しそう!」とパクパク食べてくれるものです。

いつもこのように見た目にこだわって作るのは難しいですが、たまには凝ったものを作るのも楽しいものですよ。親子でぜひハロウィンを楽しんでくださいね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ