- 子連れスキーにオススメのゲレンデは?チェックポイントはココ! | MARCH(マーチ)

子連れスキーにオススメのゲレンデは?チェックポイントはココ!

2015/01/27

88shutterstock_96825370

なかなか子連れで行けない場所といえば、映画館、高級なレストラン、すし屋などさまざまですが、その中に「スキー旅行」を入れている方はいませんか?確かに、子供がある程度成長しなければ、スキーは難しいものと思っている方、多いかもしれません。

ですが、今のスキー場はファミリーでも楽しめるように進化!ゲレンデには、小さな子供を連れた方も大勢います。ここでは、家族でも行きやすいゲレンデを見つけるためのポイントをご紹介。ぜひ、お気に入りの場所を見つけてくださいね!

子供が楽しめるスキー場とは

子供は風の子。そんな言葉があるように、子供は寒さなんてものともせず、雪が大好き!せっかく家族で行くなら、子供が思いっきり遊べるスキー場を選んであげたいですね。こんな場所・サービスがあると子供が楽しめる!というものを、以下にご紹介します。

キッズゾーン

そりや雪遊びを楽しめる、子供専用のゾーンを設けているスキー場が最近増えています。キッズゾーンやキッズゲレンデと呼ばれ、一般のスキーヤーやボーダーが入ってこれないように柵で区切られたところもあり、安心して遊ぶことができます。

また、ゲレンデにエスカレーターがついているところも!そりで滑ったあとも気軽に上まで登ってもう一度トライできるので、子供も飽きず、夢中になって遊べます。

スキー教室・アクティビティ

子供向けのスキー教室があるのは、家族連れにとって強い味方!「スキーやボードは好きだけど、教えるのは自信がない」「何かあったらと思うと不安」というご家族でも、子供はスキー教室で一から学ぶことができるので安心です。

また、かまくらづくりや雪あそびができるクラスや、スノーモービル、スノーシューなどを体験できるクラスを開催しているスキー場もあります。普段できない体験が可能ですので、せっかく雪山に行ったなら、こうしたクラスを利用してみてはいかがでしょうか。

レンタルグッズが豊富

毎週スキー場を訪れる、というわけでもないなら、やはりレンタルが便利。子供は成長しますから、スキー道具やウェアを購入しても、すぐにサイズアウトしてしまうからです。子供向けのサイズや道具が充実しているところを選びたいですね。

こんな設備があれば便利!

元気な子供でも、思い切り遊ぶと疲れてご機嫌ななめになってしまうこともあります。ほどほどに休憩しながら遊ぶためには、こんな施設もあれば便利です。

託児所

まだ長時間の雪遊びが不安な小さい子の場合や、子供のご機嫌がイマイチで外に出たがらない場合、もしくは親だけで滑りたい場合など、託児所の存在があれば助かるはず。

ゆっくり室内遊びができる施設もあれば、外で雪遊びをしながら面倒を見てくれるところも。対象年齢や、プログラムについては事前に調べておきましょう。

休憩室

家族連れが使いやすい休憩室も、子連れがチェックしておきたいポイント。子供はまだ体力がなく、ずっと滑りっぱなしというわけにはいかないからです。

ちょっとした遊び道具があったり、おむつかえスペースがあったりと、ファミリー向けの休憩室があるとやはり便利ですので、こうした場所の有無をチェックしておきましょう。

こんな点もチェックしておこう

プラスアルファのチェックとしては、下記のポイントも挙げられます。

アクセスしやすい

まず、なんといっても「アクセスしやすい」「近場」というのは子連れに嬉しいポイント。元気いっぱいの往路は良いですが、思い切り遊んで疲れた復路は、何倍も長く感じてしまうからです。

車移動なら(運転手は大変ですが)まだ良いものの、電車や新幹線、バスで行くなら、アクセスが便利で体力的に負担が少ないところを選んでおくのが無難でしょう。スキーは荷物がかさばりがち。なるべく楽に移動できる場所がオススメです。

お風呂や温泉がある

思い切り雪山を楽しんだあと、家に帰って食事をしてお風呂に入って・・・と考えると、それだけで疲れてしまいませんか?スキー後にすぐお風呂に入ることができれば、帰ってからもスムーズ、体も温まります。

家族でスキーを楽しもう!

家族連れで行きやすいゲレンデの見つけ方をご紹介しましたが、いかがでしたか?子連れで行くにはハードルが高いと思いがちなスキーですが、「これなら行ってみたい!」と少しでも思っていただけると幸いです。

雪山は、なんといっても非日常が魅力。子供のはじける笑顔や、意外な一面も見られるかもしれません。親にとっては、それが一番うれしいことかもしれませんね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ