- 上の子2歳で下の子を出産したら、まずは上の子優先育児をしよう | MARCH(マーチ)

上の子2歳で下の子を出産したら、まずは上の子優先育児をしよう

2015/03/01

shutterstock_224708998
上の子が2歳の頃に下の子を出産する人も多いですね。ママのお腹がどんどん大きくなって、ついに自分より小さな赤ちゃんが家族に仲間入りした時、まだ自分が甘えたい時期の2歳児の心はとても複雑。

そんな上の子の気持ちに寄り添って2人の育児に取り組みましょう。

出産前のケア

妊娠期間は準備期間

ある日突然赤ちゃんを渡されても、いきなり親にはなれません。10ヶ月という妊娠期間は、親になるための心の準備期間でもあります。

子どもだって同じです。突然お兄ちゃんやお姉ちゃんの自覚を持つことはできません。ママのお腹が大きくなっていく様子を見ながら、少しずつ新しい家族がやって来ることを理解しはじめます。

責任感を与えない

まだ1歳や2歳になったばかりの子に「お兄ちゃん(お姉ちゃん)になるんだよ」とか「生まれて来たら面倒見てあげてね」などの責任を感じさせることは言い過ぎないようにしましょう

子どもは素直です。そしてどんなに幼くても、ママの言葉を一生懸命守るように頑張ります。だから見かけにはわからなくても、ママの期待を頑張って背負ってしまうのです。

赤ちゃんの出ている映像や本を見ながら、「可愛いね。赤ちゃんが生まれてきたら、一緒に遊ぼうね」「一緒にお出かけできるね」などと、話してあげましょう。

環境変化は産前から少しずつ

2人目が生まれたら、おじいちゃんやおばあちゃんに手伝ってもらったり、地域のサポートを受けたり、または上の子を保育園に預けようと計画しているママもいると思います。

その場合、出産前から少しずつ環境の変化を取り入れていきましょう。下の子が生まれてからいきなり上の子のお世話をママ以外の誰かにお願いすると、「自分はママに捨てられた」と感じてしまう子もいます。

出産直前のママの体調の良い日に、できれば親子3人で最後のお出かけをしましょう。大きなお腹で大変ですが、上の子をたくさん抱っこしてあげて写真もいっぱい撮りましょう。
「下の子が生まれてきても、ずっとあなたの事が大切よ」という親の思いは子どもに通じるはずです。

出産後のケア

主役は上の子

新生児はとても可愛く、その存在はすぐに家族のアイドルになってしまいますね。でも、まだ2歳の上の子を、それまでと同じように家の中でのトップスターとして接しましょう。急に主役の座を奪われては、面白く無いのは当然です。

2人同時に泣いたらまずは上の子を抱っこするのは鉄則ですが、上の子と遊んでいる時に下の子が泣いた場合、「赤ちゃん泣いてるね。ちょっと抱っこしてあげようかな」などと言ってから下の子のケアをしてあげることも必要です。

更に「赤ちゃんの新しいオムツを持ってきてくれる?」「お顔をガーゼで拭いてあげて」などお手伝いをお願いし、その後にお礼を言って褒めることも大切。

自立心が芽生える2歳児にとって、お手伝いをして褒められることはとても嬉しいこと。赤ちゃんのお世話を通して、2歳児の成長を促すことも出来るのです。

赤ちゃん返りを見守る

下の子出産後の数日、また数ヶ月は良い子だったのに、急に赤ちゃん返りしてしまう場合もあります。

家に赤ちゃんが来て嬉しい!という興奮期間が一旦落ち着き、今までは自分のお世話だけしていたママが下の子にも手をかけている、ということを改めて意識するのです。

ママがどんなに上の子に気をつかっても、やはり自分以外の子の面倒を見るのは面白くないのです。これは人としてごく自然な感情ですね。

ママは2人の育児で疲れていますから、上の子に愚図られたらイライラしてつい怒ってしまいがちですが、これは当然逆効果。ママの気持ちはグッと堪えるしかありません。

上の子は構って欲しいのです。純粋にその気持を理解してあげましょう。下の子のお世話をしながらでも、おしゃべりを聞いてあげることはできるし、お絵かきや工作を見てあげることはできます。

ママだってとっても大変な時期ですから、肩に力を入れすぎる必要はありません。赤ちゃん返りは仕方ないと割りきりながら、「ちゃんとあなたを見ているよ」というメッセージを送り続けてあげることで、上の子は次第に落ち着いてきます。

時間をかけて家族になろう

結婚して子どもが生まれ、更にもう一人の子どもが誕生する。数年の間に家族がどんど増える時期は、試行錯誤の連続です。なかなか気持ちが追いつかないこともあります。

でも一度家族になったら、それは永遠の関係です。この先が長いのです。だから焦らないこと。まだ2歳の上の子はこれからずっと「上の子」です。これからきっと立派なお兄ちゃんやお姉ちゃんになってくれます。

その成長を、ゆっくり見守ってあげましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ