- 双子出産で使うお金・入るお金~どれくらいかかるの?お得になる? | MARCH(マーチ)

双子出産で使うお金・入るお金~どれくらいかかるの?お得になる?

2014/05/09

双子妊娠と妊婦健診

双子の妊娠・出産で気になることの1つは、費用のことではないでしょうか。子どもを産み、育てるにはお金がかかるものです。まず妊娠すれば、妊婦健診を受ける必要があります。妊婦健診は厚生労働省で初期から出産までの間に通常で14回受けることが推奨されています。

妊娠は病気ではないのに、なぜ何度も健診を受けなければならないのでしょうか。実は妊婦さんの体には、大きな負担がかかっています。女性の体内で月経を止め、胎盤を作って維持し妊娠を継続するために、通常では考えられないほど多量のホルモンが分泌されています。

また赤ちゃんと羊水・胎盤を含めた日々重くなる荷物を、常に抱えていなければなりません。赤ちゃんが1人2キロとして、二卵性双生児の場合は胎盤も2つあるため、かなりの重さになります。関節や筋肉にも負担をかけますし、出産に向けて骨盤の調子が変わってくることもあります。血行不良にもなりやすく、貧血や便秘などに悩むママも増えますよね。

そして妊娠高血圧症や妊娠糖尿病など、妊婦さんに発症する怖い病気もあります。また残念ながら、すべての赤ちゃんが病気を持たず健やかに生まれて来るとは限りません。先天性の病気を持っていたり、ママから感染した病気にかかっていたりすることもあります。

こうしたリスクをできるだけ軽減し、赤ちゃんとママの健康に寄り添う出産ができるように、妊婦健診は行われているのです。ただし妊婦健診は自費診療になります。健康保険は適用されないため、その都度すべての費用を自己負担しなければなりません。尿検査や超音波検査などもするため、毎回数千円程度とけっこう高額になります。

自治体の妊婦健診補助

不安になる要素はたくさんありますが、大丈夫です。多くの自治体で発行している母子手帳には、健診の補助券がついています。初期から出産直前まで、設定されている14回分をすべて負担してくれる自治体もあります。双子妊娠は通常より妊婦健診が増えますが、母子手帳は一子に対して1冊支給されます。双子は2冊になるため、補助券も倍になります。

さらに双子妊娠では、つわりや痔に悩む方も多いのですが、そういった治療や薬の処方には保険が適用されます。また帝王切開になった場合も、帝王切開が対象になっている任意保険に入っていれば、手術・入院に対して保険金がおります。

生まれてからもらえるお金

もう1つ気になるのが、出産してから育児にかかる費用ですよね。それも大丈夫です。まずは出産育児一時金がもらえます。この補助金は子ども1人に対して42万円支給されるので、双子なら倍の84万円になるんですよ。出産の際の入院費がかさんでも、かなり助かりますよね。

また自治体や病院などによっては、双子のパパママに向けて、ミルクやおむつの助成を行っているところもあります。たとえば病院によっては、ミルクの宅配サービスの割引券を半年分もらえる、ということもあるようです。事前に確認しておくと安心ですね。

今は多くの市町村で、子どもの医療を大幅に助成してくれるようになっています。行政によっては、中学校卒業まで医療費助成対象になっているところもあります。また出生率の低い農村部などでは、出産育児一時金だけでなく、お祝い金が出るところもあるんですよ。さらに自治体によっては、小中学校の給食費が無料というところもあります。

こうした情報はあらかじめ調べておくとお得になります。出産前に、ネットなどを利用して、入院する病院やお住まいの市町村で、どのような助成を行っているのか調べておきましょう。体調が良いうちに、パパと一緒に役所の窓口相談に行くのも良いですね。さらに収入によっては、児童手当が支給されます。

児童手当も2人分

児童手当は子ども1人当たりに支給されています。だから、双子であれば一気に倍額がもらえることになります。1人当たり3歳未満なら、月額1万5千円が支給されます。もし子どもが3人以上いれば、三子以降からは3歳以上からも1万5千円になります。

すでに兄弟がいるご家庭では、双子を授かった時に「どうやってお金を工面しよう……」と不安になりますよね。でも双子が生まれた時点で三子以上になるため、3番目の子は高い額の援助を行政から受けることができます。

幼稚園・保育園なども、兄弟が一緒に通っている場合や、三子以降は費用が安くなるところもあります。また行政側が支援金を援助している場合も多いですね。幼稚園や保育園などは、お住まいの区市町村と園がある区市町村が違ってしまうと、こうした支援が受けられなくなることがあるので注意しましょう。

東京や横浜といった大都市では、待機児童数が問題になっています。保育園や幼稚園選びは、子どもの育ちにも大きな影響を与えるためとても大切な決断ですが、双子の場合はこうした点を考慮すると、少し選びやすいのではないでしょうか。

みんなのコメント
  • 双子妊娠中ママさん

    双子でも、ママ1人に対して区の補助券は14回分一組だけですよ!
    お間違えなく!

  • あーちゃんさん

    熊本地震から一ヶ月後に双子を無事出産しました!
    多胎でも母親は一人なので検査回数は単胎の母親と同じですよ。だから、補助券も14枚です

あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪