- 子供もフケが出る!?乾燥する時期は子供にも頭皮ケア必要! | MARCH(マーチ)

子供もフケが出る!?乾燥する時期は子供にも頭皮ケア必要!

2015/04/03

13shutterstock_135767429

ある日何となく子供の髪を見ていたら「あれ?なんだろうこの白いゴミ?」と思ってよくよく髪をかき分けて見てみたら、白い粉みたいなのが髪の毛にいっぱいあってびっくりすることも…。

フケが出ていると不潔だと思われがちなので、「何とかしなければ!」と躍起になる親御さんは多いと思います。

しかし、フケの主な原因は乾燥なので、きちんとケアすれば大丈夫!子供にも、もちろん大人にもオススメの頭皮ケアの方法をご紹介します。

フケやかゆみの原因は?

フケやかゆみの原因ってご存知ですか?頭皮を洗えてないことが原因と思う方がほとんどだと思いますが、実はそれが原因でないことがあります。

フケには2種類ある

フケは主に乾性と湿性の2種類があります。

“乾性”はその名のとおり、頭皮が乾燥して粉状になってパラパラと落ちてくるタイプです。多くの方イメージするフケはこのタイプではないでしょうか?

“湿性”は頭皮に皮脂がこびりついてしまってベタついているタイプです。余分に分泌されてしまった皮脂が黄色っぽく固まって頭皮にこびりついていることがあります。

洗いすぎが原因?

フケやかゆみの原因はいろいろあります。皮脂の分泌の過不足、元々の肌質が乾燥気味、フケ菌の増殖ということもあります。

このフケ菌ですが、常に誰にでもいる菌なので害はありませんし、健康なときは何もしませんが、頭皮にトラブルが起きると増殖して結果的にフケが出てしまいます。

中でも子供のフケやかゆみの原因はシャンプーの洗い方にあります。

ゴシゴシ頭皮を洗ったり、お湯を嫌がるからすすぎを短時間で済ませてしまったりしてシャンプーの洗い残しがあるとフケやかゆみの原因になります。

頭の洗い方

フケやかゆみをなくすためには洗い方が大切です。頭皮を力を入れてゴシゴシしなくても汚れが取れる方法をご紹介します。

シャンプーの前にお湯で洗う

シャンプーをする前にまずお湯で1度頭皮を洗ってしまいましょう。実はこれだけで8割ほどの汚れが取れます。

シャンプーの泡を洗い流すのが苦手な子でも、お湯だけならわりと平気という子は結構いるのでシャンプーする前には是非お湯洗いをお試し下さい。

あまり熱いお湯だと必要な皮脂も洗い流してしまうので、ちょっとぬるめかなぁ?と感じるぐらいの38度ぐらいで洗うことをオススメします。

38度ぐらいの温度だと髪の毛への負担が少ないので、ツヤツヤの髪にあこがれているママさんも是非38度で洗ってみて下さい!

シャンプーは髪の毛を洗うもの

市販のシャンプーは結構洗浄力が強いので、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。しかし、だからと言って、わざわざ子供に美容院で売っているような高いシャンプーを買うのはちょっと…ですよね。

シャンプーでゴシゴシ頭皮を洗うのは気持ちいいですよね。しかし、大人に比べまだ皮膚が薄い子供の場合、あまりゴシゴシ洗うと必要な皮脂まで洗ってしまったり、傷付けてしまったりすることがあります。

シャンプーを使うときは「シャンプーは頭皮を洗うものではなく、髪の毛を洗うもの」と心得て使いましょう。

頭皮をゴシゴシ洗って頭皮に泡が刷り込まれてしまうと、どうしても洗い残しになってしまいます。

特に頭のすすぎが苦手な子だと、すすぐ時間がどうしても短くなってしまい余計に洗い残しがあってそれがフケやかゆみの原因になります。

シャンプーは必ず泡立てる

頭皮にシャンプーが残らないようにするためにはシャンプーをしっかり泡立ててから髪を洗いましょう。

シャンプーが直についてしまうのも洗い残しの原因になってしまうので、しっかり泡立てましょう。

気になるなら皮膚科で診てもらう

上記の洗い方を試してみてもあまりよくならない場合は、皮膚科を受診することも考えてみて下さい。

市販のローションやベビーオイルもありますが、皮膚科で処方されたもののほうがやはり効き目があります。

ローション(外用副賢皮膚ホルモン剤)や弱いステロイド剤(ロコイドやキンダベート)などフケやかゆみによって処方してくれます。

乾性のフケの場合、ローションを処方されますが、子供の頭皮に直に付けるよりも、1度親御さんの手の甲に取って、気になる部分にすりこむように塗るとより効果的です。

湿性のフケで皮脂が頭皮にこびりついている場合は、無理にはがそうとはせず、お風呂上りに濡らしたガーゼや綿棒でふやけた皮脂を徐々に取っていきましょう。

フケではなくしらみの可能性も

フケだと思って受診したら実はしらみだったということが稀にあります。

しらみのほうがフケよりも粒が大きめですが、しらみなんて見たことがない人にとっては見分けがなかなかつきません。ましてや、毎日お風呂に入るのが当たり前の現代においてしらみの可能性なんて考えられないですよね。

しかし、うつってしまうときはうつってしまうもの。山など自然の中で遊んだときや集団生活の中でうつってしまうこともあります。

今までフケなんてなかったのに急に出てきた、何か一粒一粒が大きい、など思い当たるようなら速やかに皮膚科を受診することをオススメします。

子供の頭にフケやかゆみがあると何が悪かったんだろう…と自分を責めてしまう親御さんもいると思います。

しかし、元々の肌質や空気の乾燥など親が頑張ってもどうにもならないことがあるので、まずはできることからどんどん試していきましょう!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ