- 保育園の遠足で絶対に忘れたくない持ち物3つと準備のコツとは | MARCH(マーチ)

保育園の遠足で絶対に忘れたくない持ち物3つと準備のコツとは

2015/01/06

shutterstock_217301995 (2)

春や秋などの比較的寒くもなく、暑くもない時期には保育園や幼稚園などの遠足が行われることがあります。幼稚園の遠足は親子で参加するケースがほとんどなので、あまり忘れ物の心配はいらないと思うのですが、問題は保育園です。

親が一緒に用意してあげるご家庭もあると思いますが、なるべく子供に準備をさせているご家庭ですと遠足だからとはいえ、大人がかかわらないことも考えられます。遠足の持ち物として忘れたくないものや、準備のコツなどをご紹介したいと思います。

お弁当はマストアイテム

まず第一に遠足で必要となるもの。そして忘れると大変だとなるのがお弁当です。これは忘れてしまうと周りの友達や先生から恵んでもらわないといけなくなります。

実際にはまだお弁当を忘れたという子の話しは聞いたことがないですが、よく漫画やアニメなどではその手の話しがあります。

お菓子の忘れ物ならばなんとかなる

中には持参していいお菓子を忘れたという子は聞いたことがあり、その時はやはり周りからいろいろともらったようです。お弁当はみんな持参している、という前提なので忘れると本当に死活問題へと繋がります。

水筒は水道が近くにないとかなり困る

続いては水筒。これは大概首からぶら下げているケースが多いので、比較的忘れにくいかなという気はします。ただしこちらも近くに水道があるような場所でお弁当を食べるのでしたら、そう心配はいらないと思います。

お友達から分けてもらう場合の注意点

お友達から分けてもらうのは感染症の原因にもなるので、出来れば直で飲むタイプではないコップを使った水筒を持参している友達を見つけて分けてもらうようにしましょう。

おしぼりも持ってくるように言われるかもしれませんが、これは最悪手づかみで食べるお弁当でなければなんとかなります。

実は着替えもないと汚れたらそのままに…

おしぼりがなくても、ハンカチがあれば大丈夫。でもハンカチを忘れてしまうと大変です。ハンカチ、もしくはおしぼりのどちらかは必ず持参していくようにしましょう。

最後に心配となるのは着替えです。保育園くらいの小さい子の遠足では、着替えを用意するようにと言われることがあります。

近場で終わりの遠足ならばまだしも、バスで移動するような中距離の遠足だと万が一お漏らししたなどの場合には、着替えがなくて大変なことになります。シャツよりもパンツ、ズボンなどは必須です。

忘れ物を現地に届けなくてはならない?

遠足へ出かけてしまったら、忘れ物を届けるのは非常に困難です。お弁当などどうしても必要なものの場合には、最悪現地まで追いかけて渡さなくてはならない、なんてことにもなり兼ねません。

もちろん保育園に通われているお子さんは、ご両親がお仕事をしていたりと日中保育することが困難な状態というのが前提です。

保育園としても無理難題を言うケースはあまりないと思いますが、もしかしたらこちらで対応しなくてはならないかもしれないと肝に銘じ、きちんと事前準備を行いましょう。

忘れ物をしないコツ前日編

さて、ではどうしたら忘れ物をしないような準備が出来るのか、について考えてみましょう。

お弁当や水筒などのどうしても当日に準備しなくてはならないもの以外、例えば着替えやレジャーシートなどは前日にリュックなどへお弁当、水筒、おしぼりの準備をするには時間の余裕がないと始まりません。

お弁当の下準備は前日のうちに済ませておき、まずは自分が(お弁当を作る人が)寝坊をしないように気をつけていきましょう。

そして遠足に行く子供にも当然いつもよりスムーズに起きてもらい、支度や朝ご飯などの準備は出来るだけ自分でするようにし、早く何事も終わらせるようにさせます。

とにかく朝は忙しいと余裕がなくなるので、朝が苦手な方は夜のうちにある程度お弁当の仕込みをして詰めるだけにしておきましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪