赤ちゃんと一緒に行ける映画館!赤ちゃん連れに優しいママシネマ

コメント0
2017/06/15

赤ちゃんと楽しめる映画館

赤ちゃんが産まれてなかなか映画館に行けない… と悩んでいるママが結構いらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、赤ちゃん連れでも行ける映画館がある! という情報を耳にしました。

なかなか赤ちゃん連れで出かける場所がないと悩んでいるママたち にとって、 映画館で映画が見られるのは気分転換になって良いですよね。

  • TOHOシネマズ「ママズクラブシアター」
  • MOVIX「ほっとママシネマ」

今回は、育児の息抜きの1つとして使えそうな『 赤ちゃん連れでも行ける映画館』 で代表的な2つのシネコンを紹介します。

普通の映画館の上映と、どんなところが違うの?

赤ちゃん連れでも行ける映画館とは、映画館の場所自体は皆さんがよく行く大手シネコンなどの映画館なのですが、その映画館の中で、時々、赤ちゃん連れファミリー向けに行っている上映会があるんです!

では、普通の映画館の上映とどんなところが違うのでしょうか?

赤ちゃん連れしかいないので、赤ちゃんが泣いたってお互い様!

まず、映画を観る際に気になるのは、赤ちゃんの声や泣き声ですよね。周りの人の迷惑になってしまうんじゃないか…と気になってしまって、映画を見るどころではなくなってしまうのでは?と思うかもしれません。

しかし、赤ちゃん連れファミリーの上映会は、赤ちゃん連れの人しか入場することができません。なので、みんな赤ちゃんを連れています。赤ちゃんが声を出しても泣いても、それはお互い様なのです。

でも、やっぱり気になってしまう、という場合は席を立ってあやしたってもちろん構いません。また、おむつ替えスペースや授乳スペースが設けられる劇場もあるので、映画の途中でおむつ替えや授乳も可能なのです。

音量や明るさに配慮!赤ちゃんにも優しいため怖がらず安心

赤ちゃんと映画に行く、となったとき、次に気になるのは、「赤ちゃんにとって、映画の大音量や、暗い映画館の環境って大丈夫なの?」ということではないでしょうか。

この映画上映会は赤ちゃんにも配慮しています。音量は赤ちゃんに影響を与えないよう、通常より抑え気味の音量にしているんです。

また、映画館の照明も通常より明るめです。赤ちゃんが暗くて怖がる、ということもありません。もし赤ちゃんが泣いてしまって、あやしたりするために席を立ちたいときも、足元が見えるくらいの明るさなので、安全に移動することもできます。

近くの映画館でやってるかも?大手シネコンの映画サービス

赤ちゃんと一緒に映画を見に行きたくなってきたでしょうか?具体的に大手シネコンの赤ちゃん連れ映画サービスについて紹介します!

赤ちゃん連れ映画館で代表的なシネコンは以下の二つです。

  • TOHOシネマズ「ママズクラブシアター」
  • MOVIX「ほっとママシネマ」

毎月1~2回、木曜日実施のTOHOシネマズのママズクラブシアター

TOHOシネマズのママズクラブシアターは、全国のTOHOシネマズの劇場で実施されています。頻度は劇場によって異なりますが、基本的に木曜日実施です。月に1,2回、多いところではほぼ毎週上映会が行われています。

上映されている映画やスケジュールはホームページからチェック!

毎月下旬に、翌月の上映映画やスケジュールがホームページで発表されます。上映時間は午前中~お昼過ぎくらいが多いようですが、これも劇場によって異なるので、ホームページでチェックが必要です。

上映される作品は、邦画、洋画、アニメと様々ですが、話題の作品は網羅されているので、見たいと思う作品がきっとあるはずです!3Dでの鑑賞ができる場合もあるそうです。

チケットは劇場のチケット売り場で当日購入

鑑賞料金は通常料金と一緒です。木曜日実施なのでレディースデイの割引は適用されません。少しでも安く見たいという場合は前売り券の購入をオススメします。

またインターネットでのチケット購入はできないので、事前購入ができません。劇場のチケット売り場で直接チケットを買いましょう。

TOHOシネマズは毎月14日がサービスデイで、1,100円で鑑賞できます!ママズクラブシアターの上映日がその日に重なれば運良く安く見ることもできます(※一部対象外です)。

TOHOシネマズのママズクラブシアターの良いところは、事前予約の必要がないというところです。他の子供連れ映画は、事前予約制のところが多いのですが、TOHOシネマズの場合は、「この日空いてるから行ってみよう!」という軽い気持ちで劇場に行ってみることもできるんです。

【TOHOシネマズ・ママズクラブシアター】実際に行く場合の手順を紹介!

では実際に行くときはどのような手順で行くのか、ご紹介します。

1.まず、ホームページから上映スケジュールと上映作品の確認をしましょう。

2.その当日、その時間に劇場に行けば、通常の映画と同じように鑑賞することができます!

チケットの購入も通常のチケット売り場でできます。

ベビーカーで行ってもOK!その他持ち物の確認

ベビーカーで行った場合は、入り口でベビーカーも預かってくれます。赤ちゃんは膝上鑑賞がOKなら無料、もし子供用の座席がほしい、という場合は子供料金1,000円が発生します。

持ち物は、通常の映画館と同じように飲食OKなので、赤ちゃんのおやつも用意してあげるといいでしょう。

念のため授乳ケープを持参し、上映前におむつ交換を!

TOHOシネマズは授乳スペースやオムツ替えスペースが完備されていないところが多いようです。

念のため授乳ケープを用意し、おむつは上映前にオムツ替えシートのあるトイレなどで替えておくと安心です。

予約制だけどちょっとオトクなのがMOVIXのほっとママシネマ

MOVIXの「ほっとママシネマ」はTOHOシネマズと違い、不定期開催となっています。また予約制なので、事前にホームページでちょくちょくチェックしておかないと上映の機会を逃してしまうこともあります。

人気の理由は鑑賞料金。ママひとり1,200円なのです!子供は3歳未満無料、3歳以上だと800円になります。子供連れで、通常よりちょっと安く見られるなんて、とっても良いですよね!

上映回数はTOHOシネマズに比べて少ないですが、その分ママができるだけゆっくり映画を楽しめるようにたくさんの配慮がされている印象があります。

「ほっとママ」という言葉はアメリカで生まれた「HotMama」という言葉から来ています。これは、「妊娠中、育児中であっても、趣味やおしゃれをアクティブに楽しむ女性」を意味しています。また、日本語の「ほっと一息」という言葉も引っ掛けているそうです。

【MOVIXほっとママシネマ】実際に行く場合の手順を紹介!チケットの購入方法は専用窓口で

では、実際にMOVIX「ほっとママシネマ」に行く場合の手順を紹介します。

1.ホームページから上映スケジュールを確認します。

2.日程が決まったらWebサイトの申込みフォームから必要事項を入力し、申し込みます。PC用サイトと携帯用サイトがあり、どちらからでも申し込み可能です。

3.申込みが完了すると、予約番号が記載されたメールが、申込みの時に入力したメールアドレス宛に届きます。メールが届けば予約完了です。

4.上映日に映画館に行きます。ほっとママシネマ専用受付窓口があるので、そこで予約したときの氏名、予約番号を伝えます。入場料金を払って入場します。

入場料金を払う場合、割引券などは使用できません。前売り券は使用できますが、通常より安い1300円の鑑賞料で、もし前売り券の方が安くても差額の返金はされないので注意が必要です。

予約したけど行けなくなった…キャンセル方法について
予約したけど子供が体調が悪くなってしまった、都合が悪くなってしまって行けない、ということもあると思います。その場合は当日でもキャンセル可能です。劇場へ直接メールか電話で連絡しましょう。

また、予約できなかった場合も、当日キャンセルなどが出て席に空きが出ている場合もあります。その時は当日でも問い合わせれば見られる可能性もあります。こちらも直接劇場へ連絡してみましょう。

おむつ替え・授乳スペースはあり!もしもの場合の準備は万端に。

MOVIXのほっとママシネマに行く際の持ち物ですが、こちらはオムツ替えスペースと授乳スペースを用意してくれています!しかも授乳スペースにはミルク用のお湯の用意もあります。

しかし、他の方が使うことも考えると、混んでしまうかもしれないので、授乳ケープは念のため持っていくことをおすすめします。また、上映前はおむつ替えをしておきましょう。

赤ちゃん連れ上映会へ行く際に注意したいこと!

こんなに楽しそうならぜひ行きたい!と思った方も多いと思います。ただ、注意点がいくつかあります。

まず、ママ友と一緒に行った場合、上映中のおしゃべりは厳禁です!

子どもたちも賑やかにしているしちょっとくらいいいじゃない、と思う人もいるかもしれませんが、みんな、映画を見に来ています。普通の映画館でも、上映中に周りの人がちょっとしたおしゃべりをしたり、咳をしたりしていることが気になったりしますよね。

みんなが楽しく映画を見るために、大人たちの配慮が必要です。

また、携帯電話やはタブレットは、通常の上映と同じく使用厳禁です。上映中は電源をOFFにしましょう。基本的な上映マナーは通常と変わりません。

赤ちゃんがごねたら優しくあやして…席を立ってもOK

赤ちゃんが上映中に泣いてしまったりごねてしまったりしたら、基本的にはみんなお互い様なので問題ないのですが、そっと席を立って入口付近であやしてあげたり、落ち着かせたりしましょう。

抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしたまま観ているママもたくさんいるそうです。

また、歩ける赤ちゃんの場合は、他の子供たちも映画館内をたくさんウロウロしているので、ものすごく騒がない限り、映画館内を歩いていても大丈夫です。

ただ、通常より明るいとはいえ、やはり少し暗い空間ですし、他の人もたくさんいるので思わぬ事故やトラブルが起きかねません。親の責任で、自分の子供から目を離さないように気を付けましょう。

おそらくごねてしまうな、ということが予想される場合は、もしチケットの座席指定ができるのであれば、通路側の席を予約することをおすすめします。

息抜きにもなる!赤ちゃんと一緒に行ける映画館に行ってみよう

出産してからしばらく映画なんて見てない!という方。また、出産して映画を見ることなんて諦めていたわ!という方。

子供と二人きりの生活で、いつも同じスーパーや公園に出かけるだけ、という人も多いのではないでしょうか。

公園に行くのと同じ感覚で、映画館に出かけてみませんか。

もしかしたら好きな映画の上映はないかもしれませんが、このような機会だからこそ見る映画もあるかもしれませんし、意外と面白い映画だった!という発見があるかもしれません。

赤ちゃんと今の期間だからこそ行ける!そんな映画上映会にぜひ足を運んでみてください!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ