- 絵本に興味がない赤ちゃんに絵本を上手に読み聞かせる方法 | MARCH(マーチ)

絵本に興味がない赤ちゃんに絵本を上手に読み聞かせる方法

2015/02/24

shutterstock_213712630
絵本を読んであげることは、赤ちゃんの脳や心の発達を促し、赤ちゃんの感情が豊かになる効果があります。毎日赤ちゃんに絵本を読み聞かせるようにしているのに、興味を持ってくれなくてあきらめてしまっていませんか?

実は赤ちゃんに上手に絵本を読み聞かせてあげるには、ちょっとしたコツがあります。その方法をマスターし、今日からたくさん絵本を読んであげましょう!

赤ちゃんが絵本に興味をためにママができること

ママがお手本を見せてあげましょう!

赤ちゃんに絵本を読んでほしいときに、ママがまずお手本を見せてあげることはとても効果的です。子どもは親が楽しそうにやっていることに興味をもつことが多く、親から大きな影響を受けます。

はじめのうちは興味を示さなくても、ママが楽しく本を読んでいる姿をたくさん見せてあげるようにしましょう。赤ちゃんはママの行動を常に気にしているものです。

手の届くところに絵本を置いてあげましょう

赤ちゃんが自分から自由に絵本を触ることの出来る環境をつくってあげましょう。「さあ、絵本を読みましょうね。」と、ママが持ってきた絵本に触れさせるのではなく、自分から興味をもったタイミングで絵本に触れさせることが大切です。

ママが持ってきた絵本を読み聞かせることは、ママにとっては「読んであげている」と思っていても、赤ちゃんにとっては「読まされている」ことと同じことです。わたしたちも「させられて」しまうと、嫌になってしまいますよね。赤ちゃんも同じなのです。

「速く読み聞かせること」を繰り返してあげましょう!

赤ちゃんに絵本を読んであげるときに、絵について説明したり、ゆっくりと噛み砕いたり説明したりしながら読み聞かせていませんか?実はこれは絵本に興味のない子にとっては逆効果です。

赤ちゃんが絵本を読むときは、速いペースでどんどんシーンを変えていかないと、飽きてしまいます。 また、赤ちゃんは同じものを何度も繰り返し読みたがることが多いので、何度も読んであげましょう。

こうして赤ちゃんが絵本に興味を持った頃に、ゆっくりと説明しながら読んであげると、絵本の内容についての理解も深まり、とても効果的です。

絵本を読み聞かせている最中にこんな態度をとったら・・・

ページをどんどんめくってしまう

絵本を読み聞かせているときにページをどんどんめくってしまったら、前のページに戻すのではなく、開いたページを読んであげるようにしてください。それを繰り返していくうちに、だんだんとその絵本の内容に興味を持つようになっていきます。

ほかのことに興味を示してしまった

赤ちゃんがほかのことに興味を示してしまったら、一度絵本を読むことをストップしましょう。無理に絵本に興味を引き戻そうとしてはいけません。

ほかのことをしている赤ちゃんのそばで、ママがひとりで絵本を読み続けても良いでしょう。ママが楽しそうに絵本を読んでいる姿をみて、赤ちゃんがまた興味を向けてくることもあります。

赤ちゃんがほかの遊びに夢中になっていても、ママが読んでいる文章は耳にはいってくるため、効果が全くないわけではありませんので安心してください。

絵本をかじりだした!

赤ちゃんが絵本をかじる場合、それはその絵本に興味をもっている証拠です。たまにパラパラとめくって中身を見せてあげながら、どんどん触らせてあげるようにしましょう。

年齢に合った絵本を読んであげましょう

絵本の選び方には特に決まりはありませんが、なるべく年齢に合った絵本を選んであげると興味を持ちやすいでしょう。

・0から1歳のころ
この頃の赤ちゃんは視力がまだあまり発達していません。文字が少なく、色をたくさんつかった絵本がおすすめです。

・1歳
この頃になると、動物や乗り物、生活習慣(「あいさつ」や「歯磨き」など)など、たくさんのことを理解できるようになります。男の子は車の絵本、など性別にこだわらず、いろいろなジャンルの絵本を読ませてあげて、好きな絵本を見つけてあげましょう。

「くるくる」や「コロコロ」といった繰り返しのリズミカルな音のある絵本も楽しく読むことが出来るのでおすすめです。

・2歳
2歳になると絵本の内容が少しずつ理解できるようになってきます。絵本の好き嫌いがはっきりしてくるのもこの頃です。図書館や本屋さんに立ち寄り、好きな絵本を自分で選ばせるようにしてあげるといいでしょう。

・3歳から
長いお話の内容も理解できるようになり、主人公の気持ちになって考えることが出来るようになります。あまり内容が長すぎると飽きてしまうので、子どもを観察しながら、程よい長さの本を選ぶようにしましょう。

絵本を読んであげる時間は、ママと赤ちゃんの大切なコミュニケーションの時間です。赤ちゃんにとっては、大好きなママの声を聞きながら、一緒に楽しい時間を過ごせる時間である必要があります。

無理やりさせてしまうのではなく、赤ちゃんもママも「楽しいな」と感じるような素敵な時間を作り上げ、上手に読み聞かせてあげましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ