ママが本を読まないと子供に悪影響?ママは積極的に読書しよう

コメント1
2015/05/26

79shutterstock_114642340

ママたちの多くが「子供の読書はとても大切」とわかってはいるものの、自分は全然読書をしていないという毎日を過ごしています。子育て中、特に赤ちゃんのいるママは毎日育児で頭がいっぱい。ゆっくりと本を読むことは難しいかもしれません。

そして今、電車で見かける光景の8割が携帯やスマホといった電子機器を操りゲームしたり、メールやSNSを楽しむといった方々、残りの1割が読書、残りの1割が何もしないでぼーっとしたり寝ているという感じでしょうか。

みんなが読書しなくなった…

ママだけでなく、世の中の大人は昔よりも時間潰し出来るアイテムが増えたので、読書をしなくなったということになります。でも「時代がそうなったから仕方ない」と諦めてはいけません。ご自分が子供だった時代を思い出しましょう。

大人がよく言う「宿題をしろ」というセリフ、親がいつも漫画を読んだりダラダラテレビを見たりしていたら従いたいという気持ちが沸かなかったのではないでしょうか。つまり良いお手本にならなければ子供は大人の言う事を聞きません。

いくら「読書をしなさい」と言っても、親がスマホでゲーム三昧ならばやる気ゼロになるのは当然です。

親が黙って手本を見せよう

私は子供に読書して欲しいと思うならば、親である大人が黙って手本を見せればいいと考え、実践しています。

さて、その結果どうなったか。真ん中の子供は読書が大好きな子で、小学校に入る前から非常に音読が上手でした。

今は1年生ですが、中学年以上の子供が読む内容でも、よみがながふってあればスラスラ読みます。読書の量も普通の子より多いです。このように子供は親の背中を見て育ちます。

まだ末っ子はひらがなを完璧に読めないのでわかりませんが、それでも本は嫌いではないようです。

まずは本に触れる機会を作る

私は年間に100冊以上読書するのですが、全部購入するとかなりの値段になりますし、我が家のスペースが狭いこともあり、図書館の常連になっています。自然に本を選びに図書館へ出向いているので、時々子連れで行くこともあります。

本がたくさんあれば好きな物が選べる!

たくさんの本から「どれがいいかな」と探すのは読書好きの方なら楽しい気分だ、ということはおわかりいただけるのではないでしょうか。この背中を子供たちは見ているので、図書館や本屋でよく本を選んでいる親の子供は大概本が好きです。

そして本に触れる機会がたくさんあるのです。

読書する子は成績が上がる?

だいたい「本を読みなさい」と言われても自宅に限られた本しかなければ、子供の好奇心はそそられません。子供は大人と違い自分が気になった本に対してお金を払って、一人で買いに行くことも出来ません。

それならば子供が自然と本を選ぶことが出来る環境を作ってあげましょう。

我が子で実験してみました

我が家の一番上の子は読書がそう好きではなく、しかも国語の成績も普通という子です。このままではダメだと1年ほど前から、子供の好きそうな本を図書館で貸出してもらい、読ませるようにしました。もちろん私も相変わらず子供の目の前で本を読みます。

読書は国語力の基礎となる

そして1年。どうなったと思いますか?読書量は格段に増えました。そして自宅で本を読むのが自然の姿になってきています。やることがなく、コインやカードを眺めている無駄な時間潰しがなくなってきました。

ただし未読の本がないと続かないので、定期的に図書館で本を選ぶ必要が出てきます。

そして子供の国語の成績。ようやく1年経過して、少し読解力などの部分が良くなったようです。

本を読むだけなのですぐに成績がアップするわけにはいきませんが、それが定着したら少しずつ国語力がアップしてきます。

親がすべき対策とは

もちろん元々本が好きで、自宅にも本があって読むのが楽しいという子供ならば心配いりません。しかし、もしも我が子が読書好きではないのならば、本人に無理やり「本を読みなさい」と言う前に親がやるべきことはいくつもあります。

やらなくてはならないことを放棄して「子供が全然本を読まないので困ってしまう」という相談をしている場合ではありません。いずれ学校へ入ると、読書している子のほうが当たり前のように成績が良いという現実に向き合うことになるでしょう。

ママの背中に影響を受ける

私は年間に100冊程度読みますが、子育て中なので基本は実用書などが中心です。小説などはあまり読めませんが、不定期に読むようにはしています。私のようにまずは実用書から読めば、比較的そう時間がかからないので子育て中の方にはお勧めです。

「へぇ、ママっていつも本を読んでいるんだ」と子供が感じたらしめたもの。今後本が好きな子供になる可能性があるでしょう。

子供の頃にたくさん本を読んだ人は知識があります。大人になってたくさん読んでも、残念ながら子供の頃に大量に読んだ人にはかないません。

だからこそ、子供時代に本好きな子へと誘導してあげましょう。

みんなのコメント
  • ママさん

    私は月に10冊近く読みますが、子供たちは二人とも全く読みません。漫画すら。
    読み聞かせも挑戦しましたが、聞いておらずあきらめました。親が読めば、というのはかならずしも、ではえりません。こういう話を聞く度につらくなります。
    ちなみに娘は軽いディスレクシアです。

あなたの一言もどうぞ