- 漫画と絵本の「違い」を上手に利用して、読書習慣を身に着けよう! | MARCH(マーチ)

漫画と絵本の「違い」を上手に利用して、読書習慣を身に着けよう!

2014/07/14

「本の好きな子供になってほしい!」

親なら誰でも1度は願うことではないでしょうか?親自身が本をよく読む人、全く読まない人のどちらの場合でも、不思議とこの思いは共通しています。

「読書をすることで想像力が養われ、語彙が増え、国語力も伸ばせる」ということを自ら実感しての強い思いであったり、それを得られなかった自分の子供時代の後悔からの思いであったり、その動機は人それぞれだと思います。

でも、子供が自分で選んでくる本は漫画ばかり…。絵本を買ってやっても、手に取るのはいつも漫画。「漫画でも読まないよりはいいか?!」と思ってみたり、もっと切実な思いで「せめて漫画でもいいから読んでほしい」と思ったり。

漫画を読むことも読書のうちに入るのか?

巷には紙媒体に限らず、ありとあらゆる漫画があふれ、質の低下も言われるようになっていますが、「読者に何を伝えたいのか?」が全く伝わってこないような、ただ刺激と娯楽だけを追い求めているものも、数多く存在していると思います。

それらにも子供たちが簡単に手を伸ばせるようになっている現代では、親がきちんと規制をしてあげる必要があります。(テレビやインターネットの場合も同様ですよね?!)漫画ばかり読んでいる場合、どうしても絵本と比べた時のデメリットの方がよく言われてしまいますが、漫画ならではのメリットも実は捨てがたいもの。

「漫画なんて!」とひとくくりにするのではなく、「良質な漫画」を選んで与えてあげられたらと思います。漫画には漫画の、絵本には絵本の良さの「違い」をうまく利用して、ぜひ読書する習慣を身に着けてくださいね。

漫画の良いところ

漫画の良いところは、何よりも「絵とセリフですべてを語ってくれる」ことです。多くの言葉や詳細な説明もいりません。どちらかというとテレビなどとよく似ており、多くの情報を短時間で手に入れることができます。

内容が難しく、分かりにくいことについても、比較的「誰が見ても分かりやすいもの」になっているので、未知の世界や新しい分野のことを「知りたい!」という欲求に応えることができます。だから、歴史や伝記、科学や世の中のしくみなどを漫画で分かりやすくした「学習まんが」などが、沢山発行されているのでしょう。

もしこれらを、普通の本や絵本で「読みなさい!」と言っても、読むことだけで精一杯で、知識として理解するところまでたどり着くのはとても難しいことです。ですが「学習まんが」などをよく読む子は、莫大な量の情報を持っているのでとっても物知り!

大人でも知りえない量の知識を、もしかしたら「さわりだけ」かもしれませんが持っています。でもその「さわりだけ」の知識をかじったかかじっていないかが、とっても大きいのではないでしょうか?

読書を絵本や本に限定してしまうと、「読む力」が必要となりますので、自分の「読む力」に合った字の大きさや本の厚さ、取っ掛かりやすい内容や、今の時点で興味のあるものにしか手が伸びません。

その点、漫画だと読むことに抵抗を感じにくいので、「ちょっと読んでみようかな?」ということができます。読めない字があっても、絵を追っていくだけでも何となくストーリーが分かりますので、習っていない字が出てきても平気!年齢などの制約もありません。どんどん興味を広げていけますよ!

絵本の良いところ

絵本の良いところは、「読み手に自由がある」ことだと思います。「作者が伝えたいものをどのように受け取るか?」は読者の手に委ねられています。読んだ時の年齢や、その時の自分の状態にも左右されるので、読むたびに違う印象を持ったり、新たに見えてくるものがあったり。

また、絵がない(少ない)ため、「文章からイメージをふくらませる力が必要」と言う点で、漫画と大きく異なります。ストーリーも登場人物の特徴も文章から読み取らなくてはならないので、言葉を知らないと理解が難しい。

そのため、漫画と比べて少し敷居が高くなってしまう印象がありますが、それを一気に飛び越える力を持っているのが「読み聞かせ」です。小さいうちから「読み聞かせ」をすることで、本に対する抵抗をなくしてあげることがとても重要になります。

何度も何度も「読み聞かせ」てあげているうちに、いつの間にか子供はストーリーを覚えてしまいますし、独特な言い回しや難しい言葉には、親が一言説明を加えてあげるだけで、子供の世界は広がっていきます。

そして「読み聞かせ」をしてもらった絵本を、今度は自分で読むことを覚えていきますが、最初のうちは薄い絵本のみ。字の多いものにはなかなか手が出せません。始めは読むことに時間がかかってしまうので、子供にとって「読書」が苦痛に思える時期があるのですが、そこで諦めてしまわないで!読めば読むほど「読書」も上手になるんですよ。

みんなのコメント
  • ( ̄▽ ̄)さん

    (= ̄ ρ ̄=) ..zzZZ(((o(*゚▽゚*)o)))

あなたの一言もどうぞ