大人に多いと思われている円形脱毛症ですが、実は小さい子供にも決して無縁の話ではありません。 円形脱毛症に関して、原因は全てストレスという間違った認識をされている方も多く、親としては自分を責める事があります。 でも実際にはストレスだ...

続きを読む

あせもは夏の子どもにつきものの肌トラブルです。でも、油断していると寒い冬場でも出ることがあるんですよ。 子どもの肌は大人に比べてとても繊細です。新陳代謝も活発ですし、たくさん動くのでよりトラブルが起こりやすい状態です。 放置しておくと悪化させてしまうこと...

続きを読む

熱中症は夏の暑いシーズンだけ気を付けていればいい病気だと思っていませんか。 実は条件がそろえば冬でも熱中症は起きることがあるのです。 もっとも暑い時期も危険ですが、暑くない時期も体が慣れていないため気付かないうちにうっかり悪化してしまうこ...

続きを読む

幼児期・学童期にスキンシップが不足していると、子どもでもうつ病を引き起こしやすくなるそうです。 気づかず放っておくと成長とともに円形脱毛症など、他の症状にもつながってくることがあります。 うつは心と体に症状があらわれますが、子どもは心の状態を説明するのが...

続きを読む

赤ちゃんのみずみずしい素肌は、何度でも触れたくなりますよね。でもそんな素肌は、常にトラブルと隣り合わせでもあるのです。 特に汗っかきな赤ちゃんに起きやすいのが「あせも」です。ポピュラーすぎて見逃してしまいがちですが、悪化することもある肌トラブルです。 ...

続きを読む

蕁麻疹は子どもにも多い皮膚の症状です。珍しいものではなく、大人でも子どもでもよく見られる症状の一つです。 蕁麻疹が出たと周囲の人に言うと「アレルギーでしょ」「疲れているんじゃない?」「何か変なものに触ったんじゃない?」などいろいろなことを言われますよね。 赤...

続きを読む

赤ちゃんのころはフワフワぷにぷにだった子どもも、成長とともに骨や筋肉もしっかり発達していきます。自由に動けるようになり、活動の幅も広がります。 それと同時に、怪我をするリスクも高くなります。特に心配なのは骨折ですよね。子どもは骨が成長しきっていないため、思...

続きを読む

小さい子はよく熱を出すと言われていますが、発熱しやすい子とそうでない子もいて個人差があります。特に寒くなってくる季節に気になるのは寝冷えです。 寝冷えがきっかけで発熱に繋がる事もあるのですが、どうして発熱するのかについて考えてみたいと思います。と同時に、しょっ...

続きを読む

みなさんは乳幼児突然死症候群という病気をご存じですか。赤ちゃんを襲う突然の恐ろしい病気です。 赤ちゃんを乳幼児突然死症候群で喪った家族のためのNPO法人「SIDS家族の会」もあります。その悲しみは想像に難くありません。 NPO法人「SIDS家族の会」 ...

続きを読む

「あれ?元気がないかな?大丈夫かな?」・・・ママにとっては、お子様のわずかな体調の変化でも気になるもの。 風邪のような症状だと思っていても、熱が続いていたり、咳がひどくなるようだと、不安はますます強くなりますよね。 実は、ただの風邪でも、こじらし...

続きを読む