冬になると溶連菌感染症も流行し始めます。溶連菌感染症は子どもに多い感染症のひとつです。でもパパママ世代が子どものころはあまり知られていませんでしたよね。 高い熱が出て、のどの痛みなどを伴うため、子どももつらい病気です。またきちんと治療しなければ怖い合併症を引き起こ...

続きを読む

近年乳幼児が受ける予防接種が大きく様変わりしています。パパやママが子どもだったころとは大きく変わってきましたよね。 また年齢が離れたきょうだいがいる家庭では「上の子と下の子で違う!」と戸惑うママも多いでしょう。 特に生まれてから半年くらいの期間は予防接種ラッ...

続きを読む

あまり考えたくはありませんが、生きている以上は子供に命の危険が迫ることが来ないとは言い切れません。もし子供の呼吸が止まってしまったら… とっさにどのような行動を取るかが生死を分けるということもあります。 職場や自動車教習所などで救急救護の講習...

続きを読む

冬は、夏とは違った病気が流行しはじめます。空気が乾燥しはじめ、換気もあまり行わなくなる時期には、インフルエンザをはじめとする重症化しやすい感染症がはやるため、小さな子どものいる家庭では不安がつのりますよね。 赤ちゃんが感染すると入院するほど悪化することもあるRSウ...

続きを読む

寒くなると、子供の体調が心配になりませんか?子供は走ったりジャンプしたり、外で体を動かすことが大好きです。 ですが、寒い冬はどうしても室内で過ごすことが多くなり、体を動かすことも少なくなります。 ぜひ、家でも簡単にできる体操で体力UPを目指し、親子一緒に風邪...

続きを読む

みなさんは「川崎病」って聞いたことはありますか。20世紀後半になって発見された比較的新しい病気で、赤ちゃんから幼稚園くらいの子どもまでに多い病気です。 ときには小学生がかかることもあり、怖い病気のひとつとされています。しかも近年発症者数が多くなり、珍しい病気ではな...

続きを読む

イボやタコなどは大人がなるイメージで柔らかい子供の足には無縁のように感じますが、実はこのような足トラブルが幼児期の子供たちにも増えています。 できかけている頃はあまり痛くないので、子供も気づかずに症状が進んでから気づき、痛い思いをしている子も多くいます。 そ...

続きを読む

歯医者が苦手な子供は、多いですよね。何か怖いことをされそう…というイメージが固定しているせいかもしれません。大人でもよっぽど歯の状態が悪化しない限り、行かないという人もいるくらいです。 今後、いざ子供に歯の治療が必要となった場合、泣いて嫌がり、医院の中にすら入れな...

続きを読む

外反母趾や浮き指などの足のトラブルは大人がなるイメージですが、実は幼児期の子供たちにも起きているトラブルです。ひどいと日常生活にも支障が出ることも。 しかし、子供たちは足にトラブルがあったとしても自分から「足が何か変」と言うことはあまりないため、大人が気づ...

続きを読む

水疱瘡(みずぼうそう・水痘)は、子どもの頃に経験する代表的な感染症のひとつです。ブツブツが全身にできてかゆかったなど、かかった時のことを覚えているというパパ・ママも多いのではないでしょうか。 ひと昔前までは子どもの間で流行することが当たり前だった水疱瘡ですが、今後...

続きを読む