水疱瘡(みずぼうそう・水痘)は、子どもの頃に経験する代表的な感染症のひとつです。ブツブツが全身にできてかゆかったなど、かかった時のことを覚えているというパパ・ママも多いのではないでしょうか。 ひと昔前までは子どもの間で流行することが当たり前だった水疱瘡ですが、今後...

続きを読む

ここ数年で予防接種は大きく変革を遂げました。特に新たに加わった定期接種のうち、小児用肺炎球菌ワクチンやヒブワクチンは、あまりパパママに知られていないワクチンですね。 これまでに馴染みがなかった小児用肺炎球菌ワクチンですが、非常に怖い病気を予防してくれる役立...

続きを読む

秋から冬にかけて、空気が乾燥し気温が下がってくると、風邪などの病気が流行しはじめます。冬の病気といえば、インフルエンザとお腹の病気・ロタウイルス&ノロウイルスですが、それだけではありません。 冬になると、例年流行するのがRSウイルス感染症です。小学生以上になるとほ...

続きを読む

毎年冬になると多くの人々が感染するインフルエンザ。最近は冬にかぎらず、秋から春まで流行することも増えてきました。みなさんの周囲でも学級閉鎖や学年閉鎖など、流行しているのではないでしょうか。 幼稚園や保育園に通っていると、集団生活のためより流行しやすい環境になります...

続きを読む

冬の感染症の代表といえばインフルエンザですよね。最近は特効薬も開発されていますが、その分新型のウイルスも猛威をふるうなど、毎年不安は尽きません。特に赤ちゃんがいる家庭では、注意が必要です。 赤ちゃんは体も免疫も未成熟で、大人と同じようには病気から自分の体を守ること...

続きを読む

子供が熱を出したり、風邪を引いたりすると本人もつらそうですし、見ている親も心配になって少しでも早く治してあげたいと思いますよね。 そこで思い付くのが「抗生物質」。早く受診して抗生物質をもらったほうが効く、という話を聞いたことがありませんか? 確かに抗生物質は...

続きを読む

1ヶ月を過ぎたら各健診や予防接種の受け方の説明会があったり予診票を配られますよね。でも健診や予防接種はびっくりしてしまう程に数が多いんです。 特に平成25年4月からヒブと肺炎球菌の予防接種が任意から定期接種に変わったので、以前より多くなってスケジュールを組むのが大...

続きを読む

子供はすぐに転んだりぶつけたり、と怪我トラブルがしょっちゅう起こります。特に顔に傷が出来ると傷跡が残らないかと心配になりますし、傷跡が出来たら出来る限り薄くなったり消えたりしないかなと考えるのは当然でしょう。 ここではおでこに出来た傷跡を薄くする方法をご紹介します...

続きを読む

蚊などの虫に刺されてすぐに治療をせずに放置すると、子供や赤ちゃんは「痒い」という本能からかきむしります。虫さされだけではありません。 夏場を中心に汗をかくシーズンはあせもが出来やすい事もあり、あせもの部分をかいてとびひになる事があります。 とびひは頻繁になる...

続きを読む

赤ちゃんが生まれて少ししますと、予防接種の案内がたくさん届き、どんな順番で受けていくのがベストなのかという問題を考えなくてはなりません。 しかも当り前ですが予防接種は健康なときにしか受けられませんし、何より注射によっては次に受けられる期間が変わるなど計算が必要...

続きを読む