かゆいかゆいあせも!肌トラブルはしっかり予防してあげよう

あせもは、子供や赤ちゃんに多い皮膚トラブルです。みなさんも、子供の頃はあせもで悩んだことがあるのではないでしょうか。

夏になると、背中や首筋などに小さな粟粒のようなブツブツができます。かゆみが強く、汗をかくとピリピリ痛みます。

大人になるといつの間にかあまりできなくなりますよね。それは、赤ちゃん・子供の肌質に原因があるからなのです。

赤ちゃんや子供の皮膚にある汗腺は、未発達で上手に汗を外に出すことができません。そこで汗が皮膚の中にこもってつまりやすく、炎症が起きやすいのです。

あせもは夏場だけでなく、冬場でもできることがあります。皮膚と皮膚がこすれる関節や首回りは要注意。またおむつのなかもできやすいですね。

さらに、あせもが怖いのはかき壊してあせものよれになってしまうことです。雑菌が繁殖すると、とびひになることも。早めのケアが大切ですね。

そんなあせもケアや予防法に関する記事をまとめました。かゆがって夜寝てくれない、ぐずってつらいというママにオススメです。

加工後 shutterstock_123027208

赤ちゃんが頭やお腹などをかきむしっているのをふと目にしたり、気づくと肌が赤くなりボロボロの湿疹ができてしまっていたママも多いでしょう。 赤ちゃんは特に大人以上に汗っかきな上に、肌がとてもデリケートなのですぐにあせもができてしまいます。 特に、暑くなる夏の時期...

続きを読む
加工後 shutterstock_156058013

あせもは夏の子どもにつきものの肌トラブルです。でも、油断していると寒い冬場でも出ることがあるんですよ。 子どもの肌は大人に比べてとても繊細です。新陳代謝も活発ですし、たくさん動くのでよりトラブルが起こりやすい状態です。 放置しておくと悪化させてしまうこと...

続きを読む
赤ちゃんにあせもができていないかなどをしっかりと見て確かめるママ

赤ちゃんのみずみずしい素肌は、何度でも触れたくなりますよね。でもそんな素肌は、常にトラブルと隣り合わせでもあるのです。 特に汗っかきな赤ちゃんに起きやすいのが「あせも」です。ポピュラーすぎて見逃してしまいがちですが、悪化することもある肌トラブルです。 ...

続きを読む
shutterstock_188826683

赤ちゃんのあせもには「ベビーパウダー」が一番!というのが、60代のおばあちゃん世代には当たり前だったようです。しかし、最近のお肌ケアはちょっと違ってきているようです。 ベビーパウダーの果たしてきた役割 日本でベビーパウダーが用いられたのは、明治頃。ド...

続きを読む
af9980017488l

見るのと聞くのとでは大違いなのが育児。実際育ててみないと分からないことは多いと思いますが、育てて初めて分かったことの1つが『赤ちゃんの肌が意外にデリケート』だと言うお母さんは、多いのではないでしょうか? みずみずしくツルツルすべすべのイメージがある赤ちゃんの肌...

続きを読む
マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪