- おっぱいとさよならさせるなら断乳と卒乳、どちらがいい? | MARCH(マーチ)

おっぱいとさよならさせるなら断乳と卒乳、どちらがいい?

2014/08/05

おっぱいとさよならさせる時期、悩みますよね。やむを得ず止めさせなければならない人は、断乳せざるを得ないと思いますが、時間的にも環境的にも問題ない場合は、いつ頃しようかなぁと思うのではないでしょうか?そして、どんなふうにさよならさせようかと悩んだり調べたりしますよね。こういう思いは母乳育児をしているお母さんなら、1度はしたことがあると思います。

断乳と卒乳って違うの?

そもそも断乳とは、いついつ止めさせると決めて計画的におっぱいを止めさせる【強制的なさよなら】です。そして、卒乳とは、徐々におっぱいを飲ませる回数を減らしていき、子供が自然とおっぱいから離れていくことを言います。従って、どちらもおっぱいから離れさせるということでは同じですが、そのプロセスが違うということです。

ではこの断乳と卒乳。どちらがいいと思いますか?この質問にはおそらく「どっちがいい!」というはっきりとした答えはないですよね。でも私の経験からこの質問に答えを出すとしたら、『卒断乳』がいいのかなと感じています。卒断乳なんて言葉はありませんが、卒乳と断乳のいいところを取り入れた断乳がいいのではと思っています。

卒乳・断乳を考えるきっかけは?

みなさんはいつ頃断乳・卒乳のことを考えられたでしょうか?私は、娘の睡眠が浅かったことと、食事をあまりとらなかったことがきっかけでした。私の娘の場合、元々混合育児だったので母乳率は高くありませんでしたが、寝る前は添い乳でないと寝てくれない状態でした。

食事もほとんど食べてくれなかったので、おなかがすくのかよく夜中も起きてはおっぱいを飲むという状態でした。これだと、娘も私も十分な睡眠がとれないし、娘の栄養面も心配だったので、意を決して決断しました。

計画的にする?それとも突然する?

みなさん、「断乳するぞ!」と決めてから、具体的にスケジュールを決めて実行されたでしょうか?それとも思い立ったが吉日ではないですが、唐突に始めてみたでしょうか?私の場合は、結果的には後者になりました。ただ、やめさせようと思ってからは、徐々に徐々に飲ませる回数を減らしていくことはしていきました。

いきなり始めると、母さん自体のおっぱいも悲鳴あげちゃいますしね。まずは頻繁にあげていたおっぱいを、朝・昼・寝る前の3回に。そして様子を見て朝と寝る前の2回に。たまに忘れて夜の寝る前1回だけでいい日も出てきたので、そろそろかしら?と思って心の準備はしていきました。

卒乳や断乳って、お母さんの気持の決意に左右されますからね。お母さん自体がしっかりと揺るぎない気持ちで挑まないと、わが子に大泣きされたらかわいそうになって「もうあげちゃおう」となるものなのです。

断乳は3日で出来るって本当だった!

唐突に始めた断乳1日目は、これでもかと思うくらいの大泣きで求めてきましたが、「もうあげられないの」と何度も何度も言いました。娘の月齢からは言葉を理解できるわけもなく、最終的にはその言葉は私自身に言い聞かせていたように思えます。断乳1日目は娘の泣きわめきと共に終了。

2日目は膝の上に乗ってきておっぱいを探してきましたが、「もう飲めないんでしょ?」というような顔をしてました。初日ほどは泣きませんでしたが、少しだけ泣いて終わった2日目でした。3日目はもう求めてきませんでした。

膝の上に乗って私の胸元を覗き込んではいましたが(笑)、覗いて笑っただけで求めてはきませんでした。以後、もう一切欲しがることもなく、現在に至ります。断乳は3日我慢すればできるとよく聞きますが、この定説は本当でした。

断乳後のおっぱいケア

さて、断乳はできても、いきなり母乳が作られなくなるというわけではありません。断乳3日している間も含めると、1週間くらいはまだ母乳が作られてきます。その母乳をそのまま放置することは止めてくださいね。ひどい場合は乳腺炎になったりしますので。

1番いいのは母乳外来などで絞り出してもらうというのがいいと思うのですが、私の場合は、夜お風呂場で1人悲しく絞りました。おっぱいも張ってきますし、何よりも張りすぎて痛くなりますからね。こまめに絞るとまだ飲んでもらえていると体が勘違いをするので、どんどん母乳が作られてしまいますので、なるべくためてから絞るようにしてください。

そうすると徐々に作られなくなります。ちなみに、飲まれなくなった母乳は冷たいんですよ。飲んでくれている間は人肌の温かい母乳ですが、飲まれなくなった母乳は冷たいのです。冷たいおっぱいが出てくると、「あーこれでお役御免なんだなぁ」と寂しく思えますが、これもわが子の成長の証と思ってがんばってくださいね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ