子供にお小遣いをあげる必要はある?子供のお小遣い事情

お小遣いを親にもらっている子供

子どもが大きくなってくると問題となってくるものにお小遣いがあります。

いったいつからお小遣いをあげたらいいのだろう?いくらくらいお小遣いはあげればいいんだろう?といった疑問がでてきます。

お金の大切さを教えるためにもお小遣いを与えるということは良い機会ということもできますが、どのようにしてお小遣いを与えることがより効果的に教育につながるのでしょうか?

子供とお小遣いにまつわることについてまとめてみました。

定期的にお小遣いをあげることで得られるメリットデメリット

金銭教育として定期的にお小遣いを上げることにはメリットとデメリットの両方があります。

  • 金銭感覚を養うことができる
  • 計画的にお金を使うことが出来るようになる
  • やりくりをすることができるようになる
  • 限りがあることを知る
  • 必要な物と不要な物の仕分けができるようになる

このようなメリットがある反面、何もしなくてもお金がもらえると思てしまう危険もあります。

▼子供のお小遣い制導入のメリットデメリットについてはコチラも参考にしてみて!

お手伝いの報酬にお小遣いを与えることについてのメリットデメリット

決まった時にお小塚をもらうのではなく、労働の対価としてお小遣いを与える問う方法もありますが、これもメリットやデメリットがあります。

メリットとしては次のようなものが考えられます。

  • 仕事の対価としてお金をもらえるということが分かる
  • パパやママが働く理由が分かる

デメリットの部分はどうでしょうか。

  • お手伝いがお金目当てになってしまう
  • 家族としてやるべきこともお金を要求する可能性が出てくる
  • 助け合うという概念がなくなる

メリットやデメリットを考えて各家庭で話し合って決めることが必要になります。

お手伝いという内発的動機付けで行われるべきものが、外発的動機付けで行われるようになってしまう危険性も考えていきましょう。

▼お手伝いの報酬として子供にお小遣いをあげることについてはコチラも参考にしてみて!

お小遣い導入をする時期やあげるタイミングについて

小さなこどもがいる家庭では、いったいいつからお小遣いをあげたらいいのかという悩みも出てきます。

子供にお小遣いはいつからあげたらいいのか、まわりはいつからお小遣いを上げているのかなども気になる部分ですね。

お小遣いを上げるタイミングについても、月に1回あげるのか、週に1回上げるのかなどいろいろなものがあります。

▼子供にお小遣いをあげるタイミングについてはコチラも参考にしてみて!

平均的なお小遣いの金額とは

お小遣いをあげるとなった場合にも、いったいいくらくらいお小遣いをあげればいいのかという金額面についても考えどころです。

お小遣いを与えることで得られることなどを考えると、少なすぎることも多すぎることも避けるべきです。周りではどのような金額で子供にお小遣いを渡しているのでしょうか?

▼子供のお小遣いはいくらが適切かについてはコチラも参考にしてみて!

ルール作りをしっかりと行おう

子供にお小遣いを上げることで金銭感覚を学んでもらうという金銭教育を行うためには、やはりお小遣いを使うためのルール作りも必要です。

お小遣いのルールは大人に関するルール、そして子供に関するルールをしっかり作ることで、より金銭教育に生かしていくことが出来ます。

▼子供にお小遣いをあげる時のルール作りについてはコチラも参考にしてみて!

お小遣いをあげる前に遊びを通じてお金の大切さを教えよう

未就学児や低学年の子供の場合には、まだお金の価値が実際に分かっていないケースもあります。

お店屋さんごっこやお買物ごっこなどの遊びを通じてお金の大切さを教えるという方法もあります。

キッザニアやカンドゥーなど遊びを通じて働くことや自分が働いて得たお金を使って買い物をすることが出来るテーマパークなどもあります。

このようなテーマパークを活用してお金の大切さを教えるということもお勧めです。

▼キッザニアで体験できるこどについてはコチラも参考にしてみて!

お小遣いをあげる必要がそもそもあるのかについても考えよう!

低年齢の子供の場合、お買物に親と一緒に行ったときの欲しいものを買ってもらうという購買行動がまだまだ多い時期となります。

まずは親の買い物をする姿を見て、お店によって同じ商品を買うのでも金額が違うことや、日によって金額が違うことなどを、親と一緒に体験させていくというのも、立派な金銭教育になります。

お小遣いをあげなくてもできる金銭教育はあります。そもそもお小遣いを上げる必要があるのかどうかという点も、家族で話し合うことも必要です。

周りがあげているから家もあげないとということではなく、それぞれの家庭の経済状況や教育方針などをしっかりと見て決めるようにしましょう。

▼子供のお小遣い帳の付け方についてはコチラも参考にしてみて!

各家庭で話し合いお小遣いをどのようにあげるかを考えましょう

お小遣いは子供が初めて自分で自由に使うことが出来るお金になることが多くなります。本当に必要か、どのようにあげようかといったことを話し合いましょう。


子育てに各家庭の考え方があるように、お小遣いをあたえることについても、各家庭の考えをしっかりと決めて、信念をもって子供にお小遣いを渡すことも大切です。

子どもが大きくなっていったときに、お金の大切さを知り、上手にやりくりをすることが出来るようにしてあげるための勉強の一つとして、お小遣いを上手に活用していってください。

子供にお小遣い帳をつけさせて金銭管理や金銭感覚を学ばせたいと考える保護者は多くいます。 ですが思い返してみてください、家計簿をつけようと思ったのに挫折したという経験を持つ方は多いのではないでしょうか? 子供がちゃんとお小遣い帳をつけるためには、年齢に応じ...

続きを読む

子供にあげるお小遣いの額に悩んでいるという人は多くいます。日本の平均的なお小遣いの金額は、いくらくらいだと思いますか? お小遣いの金額は、家庭の事情やお小遣いでどこまでやりくりさせるのかなどによっても、考え方が変わってきます。 平均的なお小遣いの額や頻度...

続きを読む

ある程度の年齢になるとお小遣いはあげるものと思っている方もいるかもしれません。ですが、本当に子供にお小遣いを上げないと駄目なのでしょうか? 今回はお小遣いをあげることで得られるメリットと、デメリットの部分を考えていきます。 [toc] ...

続きを読む

子供がお手伝いをしたらお小遣いをあげるという家庭は比較的多いですよね。 この方法には実はメリットとデメリットの双方があるので、話題に上ることが多くなっています。 まずはお手伝いをしてお小遣いをあげるということのメリットとデメリットをチェックして、よりどち...

続きを読む

子供にお小遣いを上げるときには、やはりある程度のルールを作っていくことが大切になります。 ただ、親が子供に対してルールを押し付けるのではなく、親子で良く話し合いをして、親も子供も、双方が納得できるルールを作っていくことが、お小遣いのルールを守り続けることができ...

続きを読む

お小遣いをいつから子供に渡すべきなのかということは多くの親が悩むことです。まわりがどのくらいからお小遣いをあげているのかなどによっても左右されそうです。 我が家は小学2年生の男の子がいますが、まだ定期的なお小遣いはあげていませんが、旅行の時やお祭りの時だけお小...

続きを読む