健康な赤ちゃんを望む女性にとって、タバコの煙は避けたいものです。「私はタバコを吸わないから大丈夫」と思っている方、旦那様は愛煙家ではないですか? タバコは不妊の原因になり、胎児の発達不全にもつながります。ご自身が吸っていなくても、副流煙に沢山の有害物質が含まれ...

続きを読む

妊娠中に害があるのは知っているけれど、赤ちゃんが生まれたあとならタバコを吸ってもいいでしょ?と考える方もいらっしゃるかもしれません。 しかしちょっと待ってください!子供が生まれたからといって、タバコによる害が終わるわけではありません。 ここでは、「母乳へ...

続きを読む

一人っ子は手がかからない、一人を見ればいいので楽だよねー、私も一人っ子にしておけば良かったなどと口にしてしまうママって居ますよね。 確かに複数の子の育児をしているママよりは、気をかけなければならない人数が少ない分、自分の時間が取れそうだったり、子供にたっぷ...

続きを読む

お住まいの地域によって子供の数が少ないところ、多いところと多少のばらつきがあるかもしれませんが、出生率の状態を見ると子供は二人もしくは、一人という家庭が多いと思います。 周りにも一人っ子の家庭をよく見ますので、現役のママたちからしたら一人っ子に対しての批判はそ...

続きを読む

「子供がたくさんいる方が育児は大変」というイメージを持っている方が、一般的には多いかもしれません。それも多ければ多い程大変だと。 もちろん経済的な面など大変な部分はたくさんあると思うんですが、実際に子育て中のママや子育ての先輩のおばあちゃん世代に聞いてみると、「い...

続きを読む

2010年の調査では、日本での一人っ子の割合は15.9%。少子化と晩婚化の影響により、一人っ子家庭の割合は今後も増加していくと予測されています。 単に一人っ子というだけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんにとって一人きりの孫というケースも、これからは増えていくで...

続きを読む

幼児期のどもり(吃音)は、治療法や薬はありませんが症状を軽くする方法はあります。これは病院などではなく家庭で出来ることです。 治療を必要とするどもりは、本人が自分はどもっていると自覚し、治したいと思っている場合です。 いくつもの原因と要因が重なっているこ...

続きを読む

言葉を話し始める時期に現われる一次性吃音であれば、そのうちなくなっていきます。ですが聞いている方はもどかしくて、注意したり言い直しをさせたりしたくなりますよね。 すぐに治らないからこそ対処法や付き合い方を知って、子供にも負担がないようにしましょう。 ...

続きを読む

どもり(吃音)の原因はストレスや心因性のものとよく聞きますが、脳の働きが大きく関係していて、ストレスなどが直接的な原因ではないと言われています。 しかし幼児期のどもりは特にはっきりとした原因があるわけでもなく、ほとんどが治ると言われています。 ...

続きを読む

脳の血管の病気「もやもや病」をご存知でしょうか。芸能人がこの病気で闘病したことがきっかけで一般的にも知られるようになりました。 実は子供にも珍しくない病気で、治療が遅れると命の危険にさらされることもある怖い病気なんです。 子どもは大人と症状が違いますので...

続きを読む