母子手帳ケースはいるの?ケースが必要な理由を知っておこう

コメント0
2015/07/17

加工後 shutterstock_189444704
赤ちゃんが出来た、と産婦人科で確認が出来ると、「母子手帳」をもらいにいくようにと言われるでしょう。母子手帳があることで誰が見ても「妊娠している」という事がわかりますし、更に検診をきちんと受けているかどうかも判断することが出来ます。

もちろん無事に出産すれば今度は赤ちゃんがどんな予防接種を受けているのか、検診では順調に成長しているのかどうかを記録するものなので、とても大事なもので紛失すると大変です。

妊娠中だけでなく、赤ちゃんが産まれてからも旅行へ出かけるときにもぜひ持参したい母子手帳ですが、ケースは必要なのでしょうか。

母子手帳はいつまで使うの?小学校入学後も使用することがあります

母子手帳はいつまで使うものなのかを考えてみましょう。実は私も子供を育てていて「いつまで使うのか」とふと疑問を抱いたことがあります。

中を確認するとわかるのですが、小学生になるまで位の記録しか出来ないようです。もちろん予防接種で小学生になってから追加するものもあるので、小学生になったら使わないということはありません。

ただし未就学児のときと比べると明らかに予防接種をする回数も小学生は減ってくるので、実際に使う頻度が減るのは確かです。

最低でも子供が小学校へ入学してしばらくの間は大事に取っておかなければなりません。

「母子手帳ケース」ってどんなもの?必要性と共に見ていきましょう

母子手帳ケースとはどんなものかといいますと、母子手帳や保険証、病院の診察券などが入るものです。

中にはポケットがついている場合もあり、小銭や印鑑が必要な場合にはそこも使えます。少し大きめの手帳、というくらいの大きさでしょうか。

私は妊娠中に、胎児のエコー写真などもそこに入れて持ち帰ったことがあります。こまごまとした紙も入るのと、診察券もいくつも入るのでかなり重宝出来るデザインになっていると思います。

そもそもなぜケースが必要なのか?それは劣化と紛失を防ぐため

どうして必要であると言われているのか、それはいつまで使うかという点に繋がります。小学校へ入学前までに使うのが前提なので、カバーをしないとボロボロになる可能性は非常に高いです。

母子手帳だけ使うことはそう多くはないのですが「母子手帳見せて下さい」と言われることがあるので、病院へ行く際に持ち運んだほうがいいものでもあります。

いつも持参していたいものですから、紛失しないためにも何かに入れたほうが安心です。

どこで手に入る?ネットで購入できますし、手作りでもいいですね!

いざ母子手帳ケースを使おう、と思った場合には何処で手に入るのでしょうか。赤ちゃん用品が売っている店舗にはいくつかの種類があるのですが、決して品数が多いとは言えません。

今はインターネットのマザーズバッグやおむつケースなどをデザインしているブランドが、おしゃれな母子手帳ケースを作っています。インターネットで検索して購入すると良いと思います。

10年くらい前と比べて、格段にお洒落な母子手帳ケースが見つかるはずです。それでも好きなデザインが見つからない、という方は手作りをしているママもいます。型紙がインターネットで見つかるので、自分の好きな生地を使うのは容易でしょう。

100円のものでももちろんOKです!

加工後 shutterstock_211604431
100円ショップで買えるようなケースを使う、という方法はどうなのでしょうか。実際はカバーというより袋タイプだと言ってもいいのですが、透明な袋に入れればそれごと運べるので確かに便利です。

診察券や保険証もあわせて入れておくと、管理は難しくはないでしょう。安くても最近は質が良くなっているので、袋タイプがいい方にはお勧めです。決して100円のものが悪い、ということはありません。

ケースがあると病院に行く時に便利!あれこれ探す手間が省けます

ケースがあると何が便利かいえば、診察券や保険証を入れるポケットがいくつもついていますので、病院へ行くのにもそれだけで事足りる点です。

保険証や診察券、母子手帳が入っていたらそれだけを探せば病院へ行けるので、あれがないこれがないと探す手間はなくなります。ポケットは3つ4つとあるので、上手に分類することも出来ると思います。

では子供が二人いる場合には、母子手帳ケースも2つ必要なのかと迷うところだと思います。私の場合、子供たちそれぞれに用意しているので、医者に行く時に迷うことがなく、兄弟の診察券と間違うというミスもありません。

中にはひとつの母子手帳ケースに入れて管理している方もいますが、兄弟別々で病院へ行くことも多いです。個人的には子供の数だけ分けて分類するほうが楽だと思います。

「母子手帳ケース」ある方がやっぱりオススメ!

私が小児科で見かけるお母さんたちは、母子手帳ケースを使っている方が多数いて、ごく稀に100円ショップなどの袋で収納している方という感じです。

小学生になった我が子たちも、まだ母子手帳ケースに入れた保険証と診察券を持参するため、いつも持参しています。

使う必要がなくても、いざというときに使うかもしれない母子手帳。ケースに入れておけばなんでも揃っているので、とても便利だと思います。

今、ケースを使っていない方も、出来ればどんなものでも構わないので長く使うことを考えてカバーを用意するといいですね。無くさない、汚さないをもっとうにするには、ケースにしまって保管ということがポイントです。
みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ