大変!母子手帳を紛失してしまった…再発行って出来る?

コメント0
2015/07/16

加工後 shutterstock_135209033
妊娠が確定した場合に、妊婦であるという証明のためにもらえるのが母子手帳です。母子手帳は無料とはいえ、その中は貴重な情報がぎっしり詰まっているものなので、大事に扱っていきたいものです。

妊娠中の記録はもちろんのこと、産後の母体に関してと赤ちゃんが受ける健康診断、並びに予防接種のことを記載してもらう役割も持っています。

とても大切なものなので、紛失しないで大切に使っていきたいものです。しかし、万が一紛失したり汚れたり濡れたりしてページの文字が読みにくくなったりした場合には再発行は可能なのでしょうか。

紛失したら困ること、詰め込まれた全ての情報を失ってしまう事です

まずは母子手帳は紛失したら何が困るのか、という点を考えてみましょう。今までの記録が全て手帳の中に詰まっているということからおわかりいただけるように、大事な情報が一切なくなってしまうという点です。

確かに産院などには妊婦検診の内容がある程度記録されているとは思います。しかし産院によっては保管するのは何年間という決まりがあるかもしれませんし、自分が出産した産院がなくなってしまうことも今の時代ならあり得ます。

自分の情報もしっかりと母子手帳に記載して、子供が大きくなるまで大事に使って保管することがベストではないでしょうか。

私は妊婦時代の記録よりも、赤ちゃんがいつどんな予防接種を受けているのか、という記録のほうがより大事だと考えています。

小学校や幼稚園、保育園に入る際には、子供がそれまでにどのような予防接種を受けているのか親が記入する書類を受け取ることが多く、自分の記憶ではそう昔のことまで明確に覚えていませんから、母子手帳を見ながら書くことになります。

そのような点を踏まえると紛失がとてもやっかいだ、ということはおわかりいただけると思います。

再発行はできるの?住んでいる場所の自治体に確認しましょう

紛失して再発行をする場合には、市町村の保健センターなどで手続きが出来るところが多いようです。まずはお住まいの自治体の公式サイトを確認し、どこへ問い合わせをしたら良いのかを確認しましょう。

もしもどうしてもわからない場合には役所に電話して問い合わせをしたら教えてくれると思います。再発行の依頼に関する書類を提出することになりますが、こちらに記載すれば新しい母子手帳を手に入れることが可能です。

無料で再発行してもらえます

再発行をしてもらった場合には、お金が必要かどうかという点についてご紹介します。母子手帳に関しては基本的には申請すると無料でもらえることが出来ます。しっかりと管理して次は紛失しないように心がけたいものです。

大変!妊婦健診補助券は再発行不可のようです…

母子手帳をもらった時のこと、皆さんは覚えていらっしゃいますか?母子手帳だけでなく、実は他にも細々としたものをもらっているはずです。紛失して再発行することが出来ても、残念ながらもらえるのは母子手帳の本体だけです。

産後のママたちはそうダメージも大きくないと思うのですが、問題は妊婦さんです。

妊婦さんが母子手帳を紛失した場合には、妊婦検診で使える補助券(場合によっては無料になったり、一定額の補助がしてもらえたりする便利なもの)も一緒に紛失という場合、こちらに関しては再発行をしてくれないのです。

これは妊婦さんにとっては懐に直結する問題だと思います。最近の自治体は少子化対策として、かなりの回数の補助を受けられるようになっています。

私の住む自治体では「原則再発行はしませんので、紛失しないようにしてください」という注意書きもされています。

再発行はしてもらえても…今までの記録は取り戻せない!

再発行をしてもらっても、他に記録していないと予防接種に関しての内容を記載することが難しいと思います。

もちろんつい最近に受けた、ですとか接種した日に関しての記憶があるというケースは例外ですが、子供の数が増えたら何年の何月何日にどんな予防接種を受けたのか、正直覚えていないことが多いでしょう。

もしも今までに大事な書類などをなくした経験があったりよく物をなくすタイプだという自覚がある方でしたら、母子手帳をもらったら最初から手帳以外の何処かにメモ書きとして残しておくことをお勧めします。

では、母子手帳をなくさないためにはどうしたらいい?

加工後 shutterstock_136250408
もう二度と同じような過ちを繰り返さないためにはどうしたら良いでしょうか。先ほど万が一のことを考えて、何処かに予防接種を受けた日と何を受けたかを記載したほうがいいと書きました。

と同時に母子手帳をケースなどに入れておくようにし、より一層紛失しにくい状態にすることは大切ではないでしょうか。特にケースなどに保管していない方はすぐにでもケースを用意し、毎回そこに入れて持ち運ぶようにして下さい。

さらに補助券など、再発行してもらえない大切なものに関してはその日に使う予定の分だけを持ち運ぶようにすれば、外出先での紛失は最低限で済むことになります。

もちろん自宅で保管する際にも「ここに必ず保管しておく」と夫婦で決めておくと安心ですし、なくさないためにも外出時に使い終わったら所定の場所に戻す、というルールは必要です。

再発行はできるけれどなくさないで!すぐにでも保管の仕方を見直そう

再発行は比較的スムーズにできるのですが、中の記録が全てなくなる、というショックは大きいです。補助券が使えないのは妊婦さんには辛いもの。汚れにも気をつけながら大事に使っていきましょう。

【なくさないポイント】をしっかりと頭に入れておきたいものです。

  • 使う時に持ち歩くようにする
  • 収納する時は必ず決まった場所にする
  • 母子手帳だけでなく、大きめのケースなどに入れて置く

つい急いで適当な場所にしまってそのまま見つからなかった、というのは一般的な物によくある話です。大事な物こそ、しまいやすい場所に保管するというやり方も検討する余地があるかもしれません。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ