- 母乳が一番?!赤ちゃんにとっての母乳育児のメリット・デメリット | MARCH(マーチ)

母乳が一番?!赤ちゃんにとっての母乳育児のメリット・デメリット

2014/02/04

Fotolia_54587563_Subscription_XXL
母乳育児にするのか、ミルクにするのか、はたまたそれらの混合にするのか……。離乳食が始まってしまえば「どうでも大丈夫だった」というママさんたちも多いですが、渦中の人たちにとっては大きな問題です。

お母さんたちの都合や事情は、様々あるでしょう。それこそ、他の選択肢をとることができないというような場合もあるかと思います。そこで今回はお母さんではなく、赤ちゃんにとっての母乳育児のメリットを考えてみたいと思います。

母乳のメリット1;アレルギーになりにくい

ミルク育児に比べ母乳育児の方が、赤ちゃんがアレルギーを発症する可能性が低いと言われています。

ただしこれは確実な話ではなく、むしろ母乳を与えるママさんが乳製品を多く摂っていたせいで、それらのアレルギーを赤ちゃんが発症してしまう、というようなことを言っている人もいます。

なお、生まれつきのミルクアレルギーで粉ミルクを飲めない、という赤ちゃんもいますので、それには注意が必要です。

母乳のメリット2;コミュニケーションがとれる

まだ言葉を話せない赤ちゃんにとって、周囲の人たちとのコミュニケーションを言えば、抱っこなどのボディタッチが主になります。

母乳を与える際にはどうしても抱っこのような体勢となりますし、お乳を飲んでいる間赤ちゃんは、お母さんのにおいに包まれていることになります。しかもお腹を満たしてくれる。これは赤ちゃんにとっては最上の時間かもしれませんね。

母乳のメリット3;運動になる

哺乳瓶を使ってミルクを飲むよりも、母乳を飲むことの方が運動になります。なぜなら、哺乳瓶よりも母乳を飲むときの方が顎を多く使う必要があるためです。

母乳育児をすることで、赤ちゃんは顎を鍛えることができ、また寝てばかりの生活の中でも運動をすることができるのですね。

母乳のメリット4;消化がいい

ミルクの場合、最低3時間は授乳間隔を開けた方がいい、というデメリットがありますが、母乳であれば、いつでも、好きな時に与えてかまいません(ミルクも2時間でいいという説もありますし、状況によってはこだわる必要のないこともあります)。

これは、ミルクよりも母乳の方が消化にいいためで、赤ちゃんの胃腸により負担をかけることが少なくて済むためです。

母乳育児のデメリット

メリットだらけに見える母乳育児ですが、デメリットがないわけではありません。

母乳の場合、味や成分が毎回違うため(それは長所のひとつでもあるのですが)ママさんが栄養価のある食事を摂っていなかったり偏った食生活をしていたりすると、その影響を赤ちゃんも受けてしまう、ということです。

ママさんがカフェインやアルコールを多量に摂取し、喫煙するような場合では、赤ちゃんにはデメリットも大きいでしょう。

また母乳は、いつも十分量出ているとは限りません。授乳間隔がなかなかあかず、赤ちゃんがしょっちゅうお腹をすかせていたり、そのせいでまとまった睡眠をとることができなかったり、といった場合もあります。

赤ちゃんにとって睡眠は、とても大切なものです。赤ちゃんが、いつも1時間も続けて寝られないような状況なのであれば、ミルクを足すことも優しさかもしれません。

以上、いかがだったでしょうか。欲しがられた時に何の道具もなしにすぐに与えられる、赤ちゃんにとっては基本的には完璧な栄養食である母乳育児。頑張ってみたいと思い、そうできる環境にあるのであれば、チャレンジしてみる価値は多いにありそうですね。

赤ちゃんもママさんも、無理のない、楽しい授乳時間が送れますように!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ