- ママが風邪を引いたら授乳はどうなる?これだけは押さえる母乳育児 | MARCH(マーチ)

ママが風邪を引いたら授乳はどうなる?これだけは押さえる母乳育児

2014/05/02

初めてのママにとって、母乳育児は不安がたくさんあります。健康状態や食生活といった、自分の状態1つで母乳の状態まで変わってしまうという事に、不安や心配でいっぱいになってしまう人も多いでしょう。

例えば、ママが風邪を引いてしまった時、出産後すぐに次の子を妊娠してしまった場合、母乳はどう変化し、また赤ちゃんに母乳を与えても大丈夫なのでしょうか?初めての母乳育児は不安も多いですが、基本さえ押さえておけば、後は何も心配はいりません。ここでは、初めてのママでも安心して授乳出来る為の、母乳の基本を紹介していきます。

ママが風邪を引いたら授乳はどうなる?

まず、初めてのママが1番心配するのが、自分が病気になった場合の授乳についてです。結論から言うと、風邪を引いたからといって母乳に何か影響が出る事はありませんし、授乳によって赤ちゃんに風邪をうつすという事はありません。

しかし、薬を服用した場合は違います。薬の成分が母乳に影響を与える事はありますので、例え市販薬を少量飲む場合でも、自己判断で決める事は決してしてはいけません。普段は風邪を引いても病院へ行く事のなかった人でも、授乳中は必ず病院へ行き、母乳に影響のない薬を処方してもらう事が基本です。

しかし、どんなに医師が安全だと言う薬でも、薬の影響が全くないわけではありません。赤ちゃんの体に害は出なくても、赤ちゃんが母乳の微妙な変化に気づいて飲まなくなるなど、何らかの影響が出てしまう事があります。風邪の引き始めは特に、食事や睡眠、うがいといった薬を使わない方法で、風邪を治していきましょう。

食事は野菜スープや雑炊、煮込みうどんなど消化がしやすく、体を冷やさず、かつ栄養価の高いものを心がけ、小まめな水分補給、疲れたらすぐ寝るなど、まめに休憩を取り、うがいと手洗いを徹底しましょう。また、風邪は母乳ではなく空気感染によって赤ちゃんにうつってしまいますので、マスクの着用は忘れず行いましょう。

授乳中に妊娠した場合は授乳をやめる?続ける?

次に授乳中に妊娠した場合についてです。一昔前までは授乳中に妊娠した場合は、授乳をやめるよう言われてきました。妊娠してからも授乳を続けてしまうと、子宮が収縮してしまい、流産のリスクが高まるとされていた為なのですが、今の研究では妊娠中の授乳と流産は関係ないという事が分かったのです。

但し、1度早産や切迫流産を経験している人、今回の妊娠で異常にお腹がはっていたり出血がある人、多胎妊娠の人や、既に切迫流産の恐れや早産の恐れのある人は、授乳をやめなければなりませんので、必ず医師に相談しておきましょう。

このように、授乳はちょっとやそっとの事では、危険な状態にはならないという事が分かったと思います。もちろん、食べた物やストレスの影響で母乳の味が変わったり、母乳が出にくくなったりと影響が出る事はありますので、安易に考えていいわけではありませんが、神経質になりすぎる必要もありません。

母乳にはたくさんの免疫力が含まれていて、赤ちゃんをより強くたくましくしてくれるものです。自然にまかせた生活を心がけた上で、難しく考えずにまずは赤ちゃんに母乳を飲ませてみましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ