立ち合い出産のメリット・デメリットを知ってお産も二人三脚

ママにとっても家族にとっても、一大イベントである出産。第2子以降の出産では、その感動の瞬間に上の子も立ち会わせたいと考える人も少なくありません。

お兄ちゃんも出産に立ち会って、へその緒を切ってくれた。

なんて感動のエピソードも。

命の誕生を間近で見ることは、子供にとってまたとない貴重な経験になるでしょう。しかし、必ずしも素敵な思い出になるとは限らないようです。

ここでは、上の子の立ち会い出産をする場合の準備や注意点を見ていきます。

子供は立会い不可の産院も。事前に確認しておきましょう

上の子を立ち会わせたいと考えるなら、まずは病院選びが大切です。

子供の立ち会いは全面的に不可なところ、出産する母以外の保護者がいれば可能なところもあれば、陣痛までは立ち会い可能で、分娩時は退出しなければいけないなど、病院によって方針は様々です。

家族の立ち会いを推奨している病院では、立ち会う予定のパパと子供向けに、立ち会い教室をしてくれるところもあるそうです。

内容は

  • 陣痛時の呼吸法やマッサージについての説明
  • 出産についてのディスカッション
  • 破水や陣痛の経過を子供にもわかりやすく人形を使って説明

などです。

立ち会い教室に参加すれば、出産に関する具体的な情報も得られ、イメージしやすいですね。

ママが痛がったり、取り乱す姿をできるだけ見せたくない場合は、無痛分娩や、呼吸法で緊張や痛みを和らげるソフロロジー分娩を実施しているところを選ぶのもよいでしょう。

無痛分娩
麻酔を使って陣痛や会陰が伸びるときの痛みを和らげながら出産する方法です。通常の分娩よりも、ママの痛みも疲労も少ないため、上の子も怖がることなく立ち会いができるかもしれません。
ソフロロジー分娩
ヨガや瞑想をベースにした呼吸法で、心身ともにリラックスしてお産に臨みます。イメージトレーニングを行い、陣痛は恐怖の痛みではなく、赤ちゃんに会うための痛みと前向きに捉え、緊張をほぐして痛みを和らげるのも特徴です。

立ち会い予定の家族も一緒にイメージトレーニングをしておくと、より和やかな雰囲気でお産を迎えられそうですね。

立ち会い予定の家族も一緒にイメージトレーニン婦をしておくと、より和やかな雰囲気でお産を迎えられそうですね。

また、子供がいても他の妊婦さんに気を遣う必要のない個室や、陣痛から分娩まで同じ部屋で過ごせるLDRがある病院もおすすめです。

LDR
陣痛(Labor)から、分娩(Delivery)、産後の回復(Recovery)までを同じ部屋で過ごすお産の方法です。通常の、陣痛室から分娩室への移動がないため、ママにも立ち会いする家族にも負担が少なく済みそうです。

希望に合った条件でのお産ができるかどか、事前にしっかり確認しておくことが必要です。

病院よりも助産院では、子供の立ち会いを推奨しているところも多いので検討してみてはいかがでしょうか。

子供の年齢や性格を見極めて

2〜3才くらいまでの小さな子は、純粋に弟・妹の誕生を喜んでくれるでしょう。

陣痛中は「がんばって!」などと声をかけてくれたり、腰をさすったり水を飲ませたりと世話を焼いてくれたら嬉しいですね。

一方、長時間に及ぶ場合は飽きてしまったり、ママの苦しむ様子を見て怖がってしまうかもしれません。

泣いている上の子に気を取られ、お産が長引いてしまうこともあるようです。また、せっかく立ち会っても後々記憶に残らない場合が多いでしょう。

小学生以上になると、今度はしっかりと記憶に残るので、ママの頑張る姿や、赤ちゃん誕生の瞬間に一緒に感動できるかもしれません。

周りのスタッフの対応を間近で見て、将来は産科医や助産師になりたいと言う子もいるようです。

自分の弟や妹の立ち会い出産で将来の夢が決まるなんて素敵ですね!

痛がるママや、出血する場面を見てトラウマになってしまい、女の子だと「私は出産なんてできない」なんて思ってしまうケースもあるそうです。

よく説明して、本人の希望を聞いておくとよいでしょう。

どの年齢であっても、その子の性格によって向き・不向きがあります。

普段からお腹の赤ちゃんの話をして反応を見たり、テレビドラマなどでの出産シーンに興味を示すかどうかなど、しっかり見極めてよく検討しましょう。

子供もそのときによって希望が変わるかもしれません。無理強いは禁物です。

上の子の立会い出産をする際に気をつけたいこと

実際に立会い出産をする際に、事前に準備しておくとよいことを見ていきましょう。

立ち会いでも上の子の面倒を見る人は確保しておく

病院のスタッフは、出産するママと赤ちゃんのケアをする為にいます。

お産が重なって人手不足になることもあり、上の子のお世話に人員をとられてしまうと迷惑がかかってしまうかもしれません。

上の子が一人で待っていることができない場合は、お世話をしてくれる人を確保しておき、上の子を見てくれる人がいないからという理由での立ち会いはやめましょう。

子供が泣いたりして立ち会いできなくなった場合でも、パパには立ち会ってほしいときには、おばあちゃんなど他の大人にお願いすることも必要ですね。

出産とはどういうものかよく説明しておく

出産は幸せな瞬間である一方、壮絶な場面でもあります。

ママは痛がったり、血が出たりするけれど、大丈夫だということを伝えておきましょう。

上の子が生まれたときのビデオを撮ってあれば見せておいたり、出産を題材にした絵本を読んであげてもよいかもしれません。

【 立ち会い準備におすすめの絵本 】

「うちにあかちゃんがうまれるの(からだとこころのえほん)」

  • 作:いとう えみこ
  • 写真:伊藤 泰寛
  • 出版社: ポプラ社

出産とはどういうものか事前にある程度わかっていれば、驚きや恐怖も和らげられるでしょう。

長時間でも待っていられるようにおもちゃや本などのグッズを準備

思いがけずお産が長引くこともあるかもしれません。

特に小さな子供は陣痛室で長時間待っているのは難しいので、お気に入りのおもちゃや絵本を用意しておきましょう。

途中ぐずって外出したくなることもあるかもしれません。

病院では、時間によっては出入りが制限されたりすることもあるので、そこも事前に確認しておきましょう。

何が起きるかわからない出産。臨機応変に対応しましょう

出産は何が起きるかわかりません。子供が疲れて寝てしまったり、緊急帝王切開になったり、その時の状況によっては立ち会いできなくなることも頭に入れておきましょう。

立ち会いしてもしなくても、上の子は立派なお兄ちゃんお姉ちゃんになってくれます。

出産について、パパだけでなく上の子も一緒に考えたり話し合ったりすること自体がよい機会になるので、検討してみてはいかがでしょうか。

家族みんなで、新しい命の誕生を暖かく迎えられるとよいですね。

出産は、女性にとって命懸けの大仕事です。そして、生まれてくる赤ちゃん自身も、小さな体で力いっぱい外の世界に出ようと一生懸命ですよね。 もちろん、出産という現場の主人公はママと赤ちゃんであることに間違いはありません。 しかし、赤ちゃんが生まれる瞬間は、旦那...

続きを読む

夫婦の間に授かった赤ちゃんですから、大切な旦那様と一緒にまだ見ぬ赤ちゃんの誕生を祝いたい、という気持ちはよくわかります。反面、立会い出産の難しさもよく耳にします。 立会って欲しいママと、どうしても精神的に受け入れられないというパパとの衝突。一生に一度あるかないかの...

続きを読む

我が子の誕生の瞬間を一緒に迎えられ、喜びを分かち合える立ち会い出産希望の夫婦が増えています。 立ち会い出産といっても、ただ出産の場に旦那さんがいるというだけではなく、妊婦さんのサポートという重要な役割もあります。 いざ出産本番になって慌てないように、妊娠中...

続きを読む

赤ちゃんを出産するのは、人生の中で一大イベントだと思います。中には出産をしない方もいると思うと、一度でも出産するというのは貴重なことなんだと痛感します。 しかも二人目が欲しくても必ず授かるとは限りません。つまり一人出産することになったら、これがラストチャンスで...

続きを読む

立ち会い出産は、陣痛から分娩にかけて夫など家族が一緒に分娩室に入って妊婦さんの傍らで寄り添い、共に出産の瞬間を迎えることを言います。 立ち会い出産は一見、とても感動的で思い出に残る出来事のように見えますが、実際に立ち会った旦那さんに聞くと必ずしもそうとは言...

続きを読む

立会い出産について周りに聞いてみても、賛成派と反対派に意見がぱっくり分かれていて、どうしよう・・・と悩んでいる妊婦さんも多いはず。 出産は夫婦にとっての一大イベントです。パパもママも、立会い出産について事前にしっかり理解してどうするか決めておかないと、産後の夫...

続きを読む

私は帝王切開で子供たちを出産しているのですが、中には立ち会い出産でご主人に付き添って出産に挑んだという方も、時代の流れもあるからか、そう少数派ではなくなってきたと思います。 私の知人などは、旦那さんが、立ち会いはしなくても出産に間に合うタイミングで産院へ向かう...

続きを読む

初産のママならば、旦那さんの立会いを希望される方が多いかもしれませんね。不安と緊張が入り混じる中、普段から頼りにしている旦那さんに寄り添っていてほしいと思っているママもいらっしゃることでしょう。 しかし、実際のところは旦那さんの考え方も様々で、旦那さんは希望し...

続きを読む

今時の出産はかなり育児にパパも参加していることから、出産時に立会いをするご家庭も少なくないと思います。私の知り合いでも何人か立会いを経験した男性がいます。我が家は私が急に帝王切開になってしまったので立会いはできませんでしたが、陣痛が本格的に強くなった時点で夫は会社を...

続きを読む

最近は出産に立ち会う旦那さん、とても多いですよね。子育てはもちろん、出産も夫婦の共同作業となっている昨今ですが、立ち会い出産は実は良い事ばかり、とも言えないものなんです。 立ち会い出産はここが素敵! 立ち会い出産の1番のメリットは、夫婦2人で出産の感...

続きを読む