高齢出産のリスクとは?あなたの不安に寄り添う高齢出産の話し

高齢出産

近年女性の社会進出に伴い高齢出産が増加傾向にあります。

一般的に高齢出産とは、35歳以上の方を指し、今では、35歳以上の方の出産は珍しいことではありません。

しかしながら、「高齢出産」のリスクを懸念されがちです。

確かにリスクを伴うこともありますが、高齢出産でしか味わえない喜びや、素晴らしさもあります。

今回は、そのメリットに着目し、前向きに考えていきませんか?

高齢出産はどんなリスクがある?

高齢出産とは35歳以上の初産婦を指します。これは、日本婦人科学会で定義されているものです。

しかし、近年経産婦であってもリスクは同じだと考えられ、年齢に着目されています。

ここでは、分娩時に起こるリスクについてお話していこうと思います。

初産のリスクについて

初産は、子宮や産道が固いので、予定を過ぎてもなかなか子宮口が開かず、予定日を過ぎることが多いです。

又、時間がかかることによって、長時間母体に負担がかかり難産になる場合があります。

高齢出産の場合は、子宮口や産道が若い人より固いので、なかなか赤ちゃんが降りて来ず、その分お産に時間がかかりやすくなります。

又、子宮筋腫などの合併妊娠されている方もいますので、中には、正常分娩ではなく、異常分娩に該当する「微弱陣痛」「陣痛促進剤投与」「吸引分娩」「頸管裂傷」「帝王切開」などが起こる場合もあります。

異常分娩が起こったとしても、現代の医療は進んでいますので、痛みなどが和らげるように処置してくれます。

心配はいりません。たくさんの方が無事にお産されています。

まずは、事前に知識を取り入れ冷静に対応できるような準備をしておきましょう。

経産婦のリスクについて

経産婦は、一度出産をしているので、初産よりは、子宮や産道が柔らかくなっています。

ですから、初産よりは、赤ちゃんが降りてきやすくなり、母体にかかる負担が少なくなります。正し、子宮筋腫や、子宮の病気を持つ方もいますので、異常分娩が起こる可能性もあります。

高齢出産の経産婦は、40歳からと定義されています。

分娩時の母体に対するリスクは、初産よりも確率が低くなりますが、胎児に対するリスクは、初産でも経産婦でも一緒です。

又、個人差もありますので、あまり深刻にならないようにしましょう。

高齢出産で重要視するところは?

出産における不安などの、ストレスを軽減することで母体の状態を良い方向へ導かすことができます。

ここでは、「妊娠中に必要なことは何か」をお話していきたいと思います。

妊娠中に必要なこと

特に食事の栄養バランスは、大事です。

母体から胎児に栄養がいきますので、母体や胎児に良い食べ物を摂取するように心がけましょう。

  • 食事のバランス
  • 精神面の安定
  • 適度な運動
  • 周囲の協力・依頼

又胎教を聞くなど精神を安定させ、安定期になると適度な運動をしましょう。お腹が大きくなって来たら、なるべく人ごみは避けるようにしましょう。

特にお仕事のある方は、周囲の人に協力してもらうことも大切です。

高齢出産の事前の検査項目について

近年高齢出産の増加に伴い「出生前検査」で「胎児ドック」が行えるクリニックが増えてきました。

個々の検査結果の状態により、検査を進めていくことが可能です。どのような検査項目があるのかをお話ししていこうかと思います。

出生前検査項目について

  • 初期胎児の診断
  • 中期胎児の診断
  • 後期胎児の診断
  • 脳精密検査
  • 血液検査
  • 絨毛・羊水検査

初期ドック:

赤ちゃんにむくみ(NTと呼ばれています)がないか、鼻骨や顔面、耳の位置などのチェック、心臓位置・胃の位置・へその緒の血管数・心臓内や心臓に入る前の血管の血流などをチェックします。

中後期ドック:

赤ちゃんの脳や心臓の構造・手足の指や口唇、目の水晶体チェックまで30項目以上にわたるチェックをシステマティックに行います。赤ちゃんに異常が疑われる場合にはさらに詳細チェックに進みます。

後期ドック:

脳のしわのでき方など脳発育チェックも行います。

脳精密検査:

胎児脳の発育、形態異常がないかを確認しますが、妊娠後期では、脳自体のしわの発育状態などをチェックします。

絨毛検査:

初期検査で染色体異常リスクが高い方に、夫婦の同意を得たうえで行います。血液検査を確認してからおなかから針をさして行う検査です。基本的には妊娠12-13週で行います。

羊水検査:

中期検査で染色体異常リスクが高い方に、血液検査を確認してから、夫婦の同意を得たうえで行います。羊水穿刺によって得られた羊水中の胎児細胞の染色体を調べる検査です。基本的には妊娠15-19週(通常16-17週)で行います。

高齢出産に伴う費用について

妊娠、出産では、費用が伴いますが、高齢出産では、リスクの可能性が高まるため、更に費用がかかることがあります。しかし、費用を抑える方法もありますので、それについてお話ししていきたいと思います。

妊娠中妊娠~出産までの費用について

  • 妊娠中にかかる費用
  • 分娩費用(経腟分娩、帝王切開)
  • その他出生前検査にかかる費用

妊娠中にかかる費用:

定期健診で大体5000円~1万程かかります。健康保険は適用になりませんが、母子手帳を受け取るときに14回分の妊婦検診の無料券が配布されるので、負担は少なくなります。

大体ですが、5万~7万ぐらいを見ておきましょう。後期には、分娩用、産後用具の準備、赤ちゃん用品が必要となります。長い期間使わない物などは、おさがりを頂くなど工夫することで軽減できます。

分娩費用(経腟分娩、帝王切開)

経腟分娩費用:

病院や病室の種類にもよりますが、入院は、5~6日ぐらいになり、平均40万~50万と言われています。基本的に正常分娩では、健康保険は適用されません。異常分娩が起こった場合には、別途費用が加算されます。

帝王切開費用:

病院や病室の種類にもよりますが、入院は、6日~10日ぐらいになり、平均60万~70万ですが、経腟分娩と違って健康保険適用になりますので、大体経腟分娩と同じ費用ぐらいになります。

その他出生前検査にかかる費用:

病院や検査する項目にもよりますが、平均3~20万ぐらいかかります。

基本健康保険は、適用になりません。

出産費用に適用される国の補助金や保険について

出産前に費用を抑える情報を入手し、事前に準備していくことが安心なお産につながります。

事前に申請できるものは申請をしておきましょう。

出産費用に適用される国の補助金について

  • 出産育児一時金
  • 高額療養費
  • 出産手当金
  • 高額医療費控除
  • 失業給付金
  • 所得税の還付金

[出産育児一時金]、「高額医療費控除」、は、健康保険に加入していれば適用になります。

[出産手当]、「失業給付金」、「所得税の還付金」は、働くママが対象となります。

異常分娩の際には、「医療保険」に加入していれば、入院費+女性特約などが対象になる場合もあります。

働くママの産前、産後に必要な書類とは?

働くママにとって育児と仕事の両立は、不安なことでいっぱいです。特に休暇に入る前の事前準備をしたかどうかで、安心度は違います。

その為に事前にしっかり準備をしてお産にのぞみましょう。

産前産後の申請書類について

  • 産前産後休暇申請書・育児休暇申請書
  • 産休手当申請書
  • 育児休暇申請書

産前産後休暇申請書・育児休暇申請書:事業主に提出するもの。

産休手当申請書:基本的に事業主が健康保険組合、年金機構に申請します。
産後、事業主から書類が送られてきます。

育児休暇申請書:基本的に事業主がハローワークに提出します。
産後、事業主から書類が送られてきます。

高齢出産の大きなメリットとは?

特に高齢出産で出産される方の多くは、共稼ぎの方が多いです。

共稼ぎだと社会経験も豊富で生活も安定しているので、ゆとりが出てきます。又、年齢を重ねているので、知識も豊富で教育にも役立ちます。

高齢出産のメリットとは何?

  • 家計のゆとりがある
  • ご主人の協力がある
  • 知識・社会経験が豊富
  • 若返りのチャンス
  • 子宮体癌のリスクが減る

高齢出産は、デメリットばかりではありません。メリットもたくさんあります。

妊娠した時が「出産適齢期で」です。高齢出産におけるリスクは、個人差があります。前向きに出産にのぞみましょう。

子育て計画を立てておこう!

出産も重要ですが、高齢出産では、これからの育児について早めに計画する必要があります。

例えば、年齢差のママ友とどのように交流するか、自分達が定年を迎える頃までには、どのくらい貯蓄しておいたほうが良いかなど、早めにライフプランを計画しておくと安心です。

加工後shutterstock_321865586

少子化で高齢化になっている日本。皆さんの周りでは独身の方や結婚しても子供がいないカップルもいるのではないでしょうか。高齢出産が不思議ではなくなってきましたが、高齢出産のリスクとデメリットについて考えてみましょう。 知っていますか?高齢出産の定義 高齢...

続きを読む
shutterstock_173102309

最近では仕事をバリバリこなす30代、40代の未婚女性も珍しくなく、少し前から晩婚化が進んでいますよね。そのため、高齢で妊娠、出産する女性も増えています。 高齢出産というとハイリスクを伴い、出産後の育児もとても大変そうなイメージがあります。確かにリスクも多く...

続きを読む
48shutterstock_98646602

特に35歳以上で出産を迎える場合、赤ちゃんに先天異常がないか不安なので、出生前診断を受けるか悩むという妊婦さんも増えています。 しかし、検査を受けるか決める前に、出生前診断についてきちんと理解しておくことが大切です。そこで、出生前診断の基礎知識などを紹介す...

続きを読む
7shutterstock_99519083

「妊娠、出産をすると若返る」と聞いたことはありませんか。特に高齢で妊娠、出産した場合には、そのメリットとしてよくあげられる項目です。 高齢出産はデメリットばかり取りざたされますが、メリットを検索すると必ずというほどこの「若返る」という言葉がでてきます。 ...

続きを読む
7

年々、女性が子供を産む年齢が上がっています。これに伴って高齢出産はリスクが高いと聞くことも増えましたね。 30代後半、まだまだ若いのに高齢出産に分類されるなんて早すぎる!と思ってしまうかもしれませんが妊娠・出産に対しては適齢期を過ぎつつあることは間違いないようです...

続きを読む
shutterstock_131096714 (2)

高齢出産とは35歳以上の初産婦という定義であるから、41歳で出産を体験した私は、「本当の高齢」ということになるかもしれないです。 とはいうものの、「高齢出産」には不安はつきものです。 確かに世の中で言われている高齢出産によるリスクについて調べると、高齢である...

続きを読む
Fotolia_42624081_Subscription_XXL

初めての妊娠が30代以上の女性は、出産リスクが高くなると言われています。しかし、出産は20代だから安全で、30代だから危険になる、という簡単な話ではありません。初めての妊娠が30代であろうと、40代であろうと、安産な人は安産で、難産な人は難産になるのです。 不...

続きを読む