里帰り出産をしないと実家と揉める?新生児育児の乗り越え方のコツは?

里帰り

一昔前までは、里帰り出産をするママはたくさんいらっしゃいました。最近では様々な理由から、里帰り出産をしないという選択をするご家庭が増えてきました。

しかし、里帰りをしないことが原因で実家と揉めるという話も増えてきています。今回は、里帰り出産をめぐる実家との上手な付き合い方をまとめました。

実際に里帰り出産をしないと、やはり大変なのでしょうか?自宅で新生児育児を頑張る際のポイントは、パパの協力です。

先輩ママ達が実践した上手なパパへのお願いの方法や、便利なサービスやグッズをご紹介いたします。

まずは、里帰り出産をしなかった理由をみてみましょう。

先輩ママ達が里帰りしなかった理由は?

里帰り出産をしなかった理由は、各ご家庭によって本当に様々です。

どんな理由があったのか見ていきましょう。

里帰り出産をしなかった主な理由

  • 実家が遠方だったため
  • 両親が仕事をしているため
  • 上に兄弟がいて幼稚園や学校があったから
  • 義実家と同居だから

など里帰りが出来なかった場合もあります。

また、実家が遠方だったため里帰りをしなかった、というママも沢山いらっしゃいました。

一人目は里帰りをしたけれど、幼稚園や学校に通っているのでできなかったというママは、実家や義実家からお手伝いに来てもらって乗り越えていらっしゃいます。

赤ちゃんのことを考えて里帰りをしなかった

  • 実家に喫煙者がいたから
  • 実家でペットを飼っているから
  • 実家が田舎で近くに病院がないため

産後、赤ちゃんの体調が崩れた時にすぐに診てもらえる病院がなかったり、実家から病院が遠くて出産の時に不安ということで、里帰りをしない方もいらっしゃいます。

産後は、ママ自身も体調を崩したり、母乳外来に通うこともありますので、里帰りを考える重要なポイントですね。

ママ自身が里帰りをしたくなかった

  • 実家の母は家事が得意でない
  • 両親が高齢だった
  • 何事も自分でしないと気がすまない
  • 実家だと気を遣ってしまうから
  • ずっと通っている産院で出産したかった

ママ自身が里帰り出産にストレスを感じてしまうというのも、多数意見です。

実際に、里帰りをしてみてしばらく経ってみるとストレスや不便を感じたという意見もあります。

パパのことを考えて里帰りしなかった理由

  • 新生児の時からパパと育児をしたかった
  • 旦那を一人にするのが嫌だった

この理由で一番多かったのは、パパにも新生児育児の大変さを見せておきたかったというものでした。

新生児育児の大変さを見ているのと、見ていないのでは、大きな違いがあるのは事実ですよね・・・。

また、長期間家を空けることでパパの私生活を心配される方もいらっしゃって里帰りしない選択をした方もいるようです。

里帰り出産をしない報告を円滑に進めるには?

里帰りをしないことをママが決めていても実家からの反対意見があることもあります。

どうしても帰りたくない・帰れない事情がある場合は、なんとか円満に進める方法をご紹介いたします。

両親とこじれないために知っておきたいトラブル回避術

里帰り出産をめぐって両親と、話がこじれるという例は少なくありません。幸せでいっぱいのはずの赤ちゃんの誕生ですから、トラブルなく進めたいですよね。

おばあちゃんは、生まれたばかりの孫の成長を毎日眺めていたいのです。娘のことをいつまでも子供だと思っていて、出産・育児の先輩として、ついつい手や口を出してしまうのです。

また、その世代は里帰り出産をするのが当たり前と思っている方が多く、世間体を気にする方もいます。

そんな、おばあちゃんの気持ちを汲んだ上手なかわし方をまとめました。

・余裕ができたら赤ちゃんを見に来てね
里帰り出産をしなくても、ちゃんと赤ちゃんには会えるよということを刷り込みましょう。ただし、いつでも見に来てねというと、こちらのペースが乱れてしまうこともありますので、慎重に言葉を選びましょう。
・困った時は頼らせてという低姿勢
里帰り出産しない意向を伝える時に、

  • 困ったときは頼らせてもらっていい?
  • 助けてもらいたい時はきっとあるけれど、まずは自分で頑張りたい

と付け足しましょう。一人の大人として頑張ってみたい気持ちは主張しつつ、母のことは頼りにしていることもアピールしましょう。ママはぐっとこらえて、低姿勢でお願いします。これで、あなたに対する母としての面目が保たれるというわけです。

・出産や育児の先輩として分からないことは教えてね

おばあちゃんは、「育児の大変さ」をアピールしてくることもあるでしょう。そんな時は「そうだよね、経験してきたもんね。分からないことがあれば聞くので教えてね。」とかわしましょう。育児の先輩としてのプライドをつぶさないように、立ててあげましょう。

・パパに新生児育児の大変さを知らしめたいと伝える

同じ「女」という立場で、「パパに育児を手伝ってもらって慣れて欲しいから」と伝えましょう。男に育児を手伝ってもらうために、大変さを分からせるために、女として結束する作戦をとりましょう。

いきなり「里帰り出産はしないことにしたの」と伝えると、里帰りをすると思い込んでいた方は、当然「そんな勝手なこと!」と最初は反対すると思います。

きちんと理由があること、母のことは頼りにしていることをアピールして上手にかわしましょう。

基本的には、ママがぐっとこらえる必要がありますね・・・。

しかし、大喧嘩になって大きなストレスになるよりは、「はぁ・・・」と深呼吸をして、低姿勢でおばあちゃんをたてて接してあげましょう。

里帰り出産をしないとやっぱり大変?なんとかなる?

無事に里帰りしないことが決まっても、「やっぱり大変なのかな?」と心配ですよね。

里帰り出産をしなかったママが大変だったことは、やはり体力的なことです。産後の回復には時間がかかる上に、睡眠は途切れ途切れにしか取れません。

しかし、赤ちゃんのお世話は怒涛のように押し寄せてお昼寝の時間も、なかなか取れない場合もあります。

そして、1ヶ月健診が終わるまで赤ちゃんは外に出られません。

家にこもりっきりのママは精神的にも辛くなってきますが、実際にやってみるとなんとかなるものです!

どうのように乗り越えれば良いのでしょうか?

先輩ママの新生児育児の乗り越え方は頼ること!

基本的なポイントは2つです。

まずは、とにかく周りに頼ること。

つい育児も家事もパパのことも頑張ろうと思ってしまいますが、まずは育児のみでOK!

ママが無理をしすぎて倒れてしまっては、赤ちゃんのお世話は誰がするのですか?産後のママの仕事は、ママの体を可能な限り休めることと、赤ちゃんのお世話だけ。パパは、放っておいても生きていけます。

家事だって、少しくらい手を抜いても大丈夫。ダラダラしていると感じるくらいがちょうどいいのです。

先輩ママが利用してよかったと思う便利なサービス

ネットスーパーや食材配達サービス
一番多いのがネットスーパーや食材配達サービスです。一番のネックはお買い物に行けないことですが、便利な世の中です。有効に活用しましょう。
ファミリーサポート
ファミリーサポートをご存知でしょうか?それぞれの地域で、育児の援助を受けたい人と、行いたい人が会員となって運営されている会員組織です。

サポートの内容は様々です。

  • 保育園までの送迎
  • 保育園の開始前・終了後に子供を預かる
  • 学童終了後に子供を預かる
  • 夏休みに子供を預かる
  • 保護者の急病の際に子供を預かる
  • 冠婚葬祭や学校行事の際に子供を預かる
  • 買い物や息抜きなどの外出の際に、少しだけ子供を預かる

サポートを行いたい方は、きちんと研修を受けていますし、育児経験者や育児中の方もいらっしゃいます。

また預ける方は、事前に打ち合わせもしますので、安心してお願いすることができます。

パパは褒めておだてて上手に協力してもらおう!何より、一番重要なのはパパの協力です。ただし、上手に協力してもらうコツがあります。

具体的にしてほしいことをお願いする

残念ながら、男性は自分で空気を読んで先に行動を起こすということが苦手なようです。

しかも、普段から家事をしているわけではないので、不慣れでもあり断度地が分かりません。ママからすると「考えたらわかるでしょ!○○やっといてよ!」ともどかしい気持ちもありますよね。

でも、そこはぐっとこらえて具体的に「○○を××までにやっておいてもらってもいい?お願いしていい?」と伝えましょう。

多少の失敗は多めに見る

洗濯を畳んでもらってはやり直し、洗い物をしてもらってはやり直し…と、パパのやり方にママは満足できない部分もあると思います。

しかし、そこは少し我慢して「次から○○してね」と伝えておきましょう。

子供も大人も一生懸命やったものに「できない!こうしてよ!」と強く言われると、やる気がなくなりますよね。

お願いした以上は、パパからSOSが出るまで手を出さずに見守ってあげましょう。

パパを気遣いながらお願いする

赤ちゃんのお世話だけで大変なのに・・・と思ってしまいますよね。でも、たった一言添えるだけで、日々のストレスが軽減されるので、試してみてください。

お願いをする時に

  • ○○してもらえる?疲れてるのにごめんね。
  • お休みのところ悪いんだけど、○○してもらえる?

と言ってみましょう。

パパの仕事は徐々に増やす

いきなり、あれもやってこれもやって!とお願いすると、パパはキャパオーバー。(ママはいきなりたくさんのことをするんですけどね・・・)

例えば、ママが仮眠をとる間に赤ちゃんと遊んでもらう、ママが赤ちゃんのお世話をしている間に家事をしてもらう、というふうに、育児と家事を両方とも一気に任せるのではなく、1つずつ任せてみましょう。

感謝の言葉は忘れずに

夫婦ふたりの赤ちゃんですから、協力して当たり前!

・・・なのですが、感謝の言葉は常に伝えるようにしましょう。頑張っているのに認められないと、モチベーションは下がってしまうものです。

何年たっても、

  • ○○してくれてありがとう。助かった。
  • ○○してくれたおかげで少し休めたよ。ありがとう。

と言葉で伝えましょう。

里帰り出産をしないメリットはたくさんある!

里帰り出産をするかしないかは、それぞれにメリット・デメリットがあります。もちろん、里帰り出産をしないと、体力的に大変なことはたくさんあります。

精神的にも煮詰まってくることもあります。

しかし、それ以上に今後の育児を考える上での大きなメリットがあります。外野からの意見に対するママのストレスがないことはもちろんです。

そして、一番は旦那様をパパとして育てていけることです。パパは、ママよりも後から親として成長していきます。

一番大変な時期を夫婦で乗り越えていくことで、頼もしいパパになっていく可能性が秘められていますよ。

ただし、つらい時には頼れる場所を作って置く意味でも、実家にも「困った時は助けてね」と声をかけておきましょう。

元気な赤ちゃんが無事に生まれますように。

里帰りしているママが両親と仲良くしている画像

産後3週間ほどは産褥期と呼ばれ、ママの体力も戻りにくいと言われています。出血も続き、お産の疲れや新生児育児の疲れが出る時期でもあります。 そのためできるだけ横になって体を休めるべきと言われており、実際に無理の利かない時期です。 そこで、出産に際してママが...

続きを読む
里帰りをするしないで迷っている夫婦

日本では出産時に実家にお世話になる里帰り出産が慣習とされていて、現代でも約半数は、出産時に里帰りしているといわれています。 子育て経験豊富な実の両親や義理の両親の手厚いサポートが受けられたり、ママがゆっくり体を休ませられるところなどメリットをたくさん感じますね...

続きを読む
里帰りせず出産に臨む妊婦さん

初めての妊娠・出産は「幸せな気持ち」と同じくらい「不安」もあります。なのに、里帰りできない・頼れる人も身近にいない!という妊婦さんも当然いらっしゃいます。私もその一人でした。 旦那がいない時に産気づいたらどうしよう?産後の沐浴上手くできるかな?産後の家...

続きを読む
shutterstock_200206058

初めての出産の場合、里帰り出産を希望されるママが多いようです。特に産後1ヶ月間は、ママも赤ちゃんも外出を極力避けて安静にする必要があります。 「いつから帰省するのがママと赤ちゃんにとってベストなの?」「どのくらいの期間が必要?」など、里帰り出産を希望されている...

続きを読む
協力する夫婦

里帰り出産は、特に初産のママにとっては心強いものです。ですがその一方で、旦那さんを家に1人で残していくことに不安を感じていませんか?食事や掃除、洗濯など、その不安要素は尽きないものですよね。 家事初心者の旦那さんでも困らない、家事のポイントとその準備についてご紹介...

続きを読む
出産を迎える夫婦

出産が近くなると、少し前に里帰りして産後しばらくは実家でゆっくり過ごす里帰り出産か、里帰りせずに夫婦で出産を迎えるかどちらにするか悩んでしまいますよね。 最近増えてきた「夫婦で出産」を選択した場合のメリットについて考えてみましょう。 実は、里帰り...

続きを読む
71shutterstock_75276058

出産が近づいてくると、比較的多くの妊婦さんが里帰りされるのではないでしょうか。特に仕事をしていて毎日慌ただしく過ごしていると、産休に入ったらゆっくりしたいと思いがちです。しかし、里帰りしないとあっという間にすぐに出産…なんて可能性もあります。 産休の期間は...

続きを読む
54shutterstock_146442881

里帰り出産する方は今も昔もある程度いらっしゃると思います。私の母も私の兄を出産する時には里帰りしたと言います。(私の時にも里帰りしたかったものの、既に母の母の体調が芳しくなくて諦めたのだとか) 私自身も一番上の子の出産の時は今のように同居をしていなかったの...

続きを読む
shutterstock_200206058 - コピー

里帰りの期間というのは、人それぞれによって異なってくると思います。私は一人目の出産の時、妊娠9か月の途中から産後の1か月検診までの1か月半の間、里帰りをして過ごしました。 夏場だったので、自分の洋服も赤ちゃんの洋服も少なくて済みましたが、それでも荷物はそれなりにあった...

続きを読む
shutterstock_131919485

里帰り出産をされる方も多いとは思いますが、では里帰り出産の際にお礼や生活費は渡すべきなのか、これちょっと悩むところですよね。実家の親に直接「生活費やお礼は必要?」なんて聞けませんよね。 でも、ちょっとしたことで両親との確執ができてしまうのも困りもの。「親しき仲...

続きを読む