出産

命を胎内で育て、生み出す「出産」。出産は、女性にしか経験できないとても神秘的な大事業です。

だからこそ、不安や疑問はつきものですよね。妊娠中どんな生活をすれば安産できるのかな?陣痛って痛いのかしら、という悩みを抱えるママはたくさんいます。

出産は、1日で乗り越えられるものではありません。ママはお産の前後1週間近く身動きが取れない状態になりますし、その後も産じょく期に入ります。

パパをはじめ、家族や産院・行政・サービスなど、さまざまなサポートがあってこそ、乗り越えられることもたくさんあるのです。

特に2番目・3番目の子の出産の場合は、上の子のお世話という問題もありますよね。出産は、心と体・環境の準備をしっかり整えてから迎えたいものです。

というと「大丈夫かしら、乗り越えられるかな?」と不安に思うかもしれません。大丈夫です。そんなお悩みのアドバイスになる記事を特集しました。

経験者の体験談をはじめ、疑問・不安に答えてくれる、役立つ記事をピックアップしました。出産に悩んだ時、チェックしてみてくださいね。

年齢が高くなるほど、出産後の体のダメージは大きくなります。心の準備と共に、人とモノの面でも準備をしておく必要があります。 野生の動物でも、子供が生まれる前には念入りに巣作りをするものです。 産後の回復のために、ゆっくり体を休めることのできる環境を整えてお...

続きを読む

高齢出産のリスクを冒してこの世に生み出した愛しい赤ちゃん。この子には、どんな未来が待っているのでしょう? この子が大人になる頃には、パパもママもじきに職場からもリタイア。かといって、子供が独立したとたんに、親が経済的におんぶにだっこでは、この子の人生は台無しで...

続きを読む

どこで出産するかを考える時、里帰り出産、特に自分の親の元への帰省を選ぶ妊婦さんはとても多いです。 頼れる親のもとで妊娠中の産前と育児開始の産後を過ごすことは、自身の身体の負担も軽くなり、精神的にもリラックス出来ると考えられるからです。 親元へ帰るのだから...

続きを読む

近年では高齢出産の妊婦さんの数が増えてきています。30代後半から40歳ごろに初めての妊娠出産を経験する方が多くなっているのです。 過去には40代での初産は危険だと思われてきましたが、現在は医学的な進歩もあって40代初産も充分可能です。 でも高齢出産になる...

続きを読む

大変な出産を終えた体はボロボロ…なのに、回復する間もなく始まる育児の日々。 激闘激務のなか、心も体もついてこれずに不調が出ることは全く珍しくありませんよね。 さらに、授乳で栄養も必要になります。でも食べる暇や余裕がない。休めば回復するだろうけど、睡眠を十...

続きを読む

昔から「産後の肥立ち」「産後の床上げ」などと、出産後にはまずしっかり身体を休めることを促す言葉があります。 しかし最近では核家族化の影響から産後、退院したらすぐにいつもどおりの生活再開!というママも多くなっているそうです。 しかし産後の安静は気持ちの問題...

続きを読む

妊娠中、出来るだけの事をして気を付けていても、ある日妊娠線が出来てしまっていた…という人は少なくありません。 妊娠線は「一度出来てしまったら二度と消えない」と言われています。残念ながらこれは本当の話です。 妊娠線は皮膚の中の組織である真皮の亀裂なので、亀...

続きを読む

最近ではスーパーでも茶葉の取り扱いがあったり、コンビニではペットボトル入りのお茶が売られていたりするようになったルイボスティー。 ほんのり甘く、ミルクティーにしても美味しくて若い女の子を中心に人気の商品です。しかし美味しいだけではなく、驚く程の効能があるこ...

続きを読む

多くのママが経験する産後の抜け毛。ママ友や助産師さんから聞いてはいたものの、実際に自分が体験すると、あまりの抜け毛の量に戸惑ってしまいます。 私の場合、抜け毛と同時に髪の毛が細くなったことにも驚かされ、髪の毛の量が半分になったのではと錯覚したほど、頭頂部が...

続きを読む

出産でぼろぼろに疲れ切った自分を叱咤して、産まれたばかりの赤ちゃんの子育てを必死にする毎日を送っていたら、急に耳が聞こえなくなった…。 そんな嘘だと思いたくなるような大変な症状が、出産後のママの身体には生じやすいのをご存知でしょうか。 ある日突然急激に耳...

続きを読む