- いる?いらない?みんな持ってる赤ちゃん便利グッズ体験レポート | MARCH(マーチ)

いる?いらない?みんな持ってる赤ちゃん便利グッズ体験レポート

2015/03/29

shutterstock_127114079

ベビー用品のお店にいくと様々な赤ちゃん便利グッズがあります。沢山ありすぎてどれを選んで良いのか分からなくなりませんか?

みんなが使っているから必ずいる訳じゃないけど、もしすごく育児が楽になるものならぜひ使いたいし、と迷ってしまいますよね。

実際に使ってみて便利だった所と不便に感じた所を実録レポートします。これから赤ちゃんグッズを購入するママはぜひ参考にしてください。

抱っこ紐のエルゴ、オムツ用ゴミ箱におわなくてポイ、コンビのベビーカーメチャカルハンディ、おしりふきウオーマーの4種類はいるのか?いらないのか?

抱っこ紐のエルゴ

【良かったところ】

  • 色んな種類からカラーやデザインが選べてオシャレ!
  • 腰から支えるから赤ちゃんが大きくなってからも腰に負担が少ない。
  • 購入するとDVD付きの説明書がついてくるので使い方が分かりやすい。
  • メッシュ素材の商品もあり、夏場は蒸れにくく、ママも涼しい。

【悪かった所】

  • 作りがしっかりしている分、かさばる。
  • 病院や検診の際に、鞄に入らないと腰からぶら下げたままで移動する事になり、動きにくい
  • 新生児では別売りのインサートも必要で3、4ヶ月ですぐに使えなくなってしまう
  • 値段が他の抱っこ紐にくらべて高価

エルゴを買うときにネックになるのが価格だと思います。インサートもあわせて購入するとかなり高価になります。価格は9千円台から2万円弱まで幅があります。

しかしエルゴほどカラーバリエーションのある抱っこ紐は他になく、安定感は抜群で、とにかく楽です。

徒歩や自転車移動が多い人はエルゴがあった方が良いかもしれません。

移動の手段以外にもエルゴで抱っこしながらあやあいて寝かしつけたり、家事をするという使い方もあります。

オムツ用ゴミ箱におわなくてポイ

【良かったところ】

  • とにかくにおわない、使用済みオムツを箱からだして匂いが少ない
  • 簡単にまとめられて、ゴミ出しのときに楽。

内部と外部で二重に蓋を閉めているので臭いにくい。毎日ゴミが捨てられない家庭にはおすすめ

内部は長い筒状のゴミ袋になっており、端を内部についているカッターで切り結んで捨てる。捨てるときもしっかり密閉できて、そのまま捨てられます。

【悪かったところ】

  • 専用ゴミ袋が必要
  • すこし手が汚れそうな気がする

普通のゴミ袋が使えず、専用のゴミ袋がついたものの購入が必要。1つ1200円くらいで1ヶ月くらいもちます。

内部のふたをおむつで押し込むようにいれるので押し込んだとき、うんちゃんがおむつから出て手が汚れそうになります。

コンビ メチャカルハンディαエッグショックMD

【良かった点】

  • カラーバリエーションが豊富。カラフルなものが多く、見た目が可愛い
  • クッションは他社のものよりかなりしっかりしている

卵をクッションの上に落としても割れない!という程、とにかくクッションはしっかりしています。

【悪かった点】

  • ベルトが締めにくい
  • ガードカバーが柔らかく、あまり機能しない

肩2点と腰2点と股の部分でベルトをしめます。安全性は高いのですが、はじめてベルトを締めようとしたときは構造がすぐに理解できなくて四苦八苦しました。

前に飛び出さないように足部分にあるガードカバーが柔らかく、赤ちゃんが足を上からだして踏みつけるので、すぐぺしゃんこになるためあまり機能していません。

とても軽く簡単に片手でたためますが、他社のベビーカーでも同じような重さ、機能で価格の安いものはあります

色々なカラーやデザインを選びたい人、ベビーカーの振動が気になる人にはおすすめです。

おしりふきウォーマー

【良かった点】

  • お尻をふくときに温かいので赤ちゃんが気持ち良さそう
  • 温かいので汚れがとれやすい

【悪かった点】

  • 何回も開け閉めしていると、徐々に内部の水分が失われて、乾くのが早い。
  • 常に温めており、何度も開け閉めをするので雑菌が入り、菌の繁殖が心配

常に電源がいるし、おしりふきは乾きやすいので、不便な事は多いです。

でも温かいと赤ちゃんは気持ち良さそうだし、冷たいと赤ちゃんが可哀想だと言うかたは買う価値ありです。

それぞれの商品で良い点悪い点はありますね。どの商品も優秀な赤ちゃん便利グッズですが、どんなことが自分達に必要なのかをしっかり見極めて購入すると良いでしょう。
みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ