- ベビー布団はレンタルor購入か?お得になるのはどっちなのか | MARCH(マーチ)

ベビー布団はレンタルor購入か?お得になるのはどっちなのか

2015/02/18

shutterstock_188797109
赤ちゃんが生まれるというイメージが出来てくる妊娠中期から後期くらいの間になると、赤ちゃんが使うベビー布団をはじめ、おむつや洋服などを準備される方が多い気がします。

そんな中、ベビー布団はある程度小さい時期しか使えないこともあり、いちいち購入してしまうと勿体ないと考えるケースがあってレンタルにする方もいます。ベビー布団を買ったほうが得なのか、レンタルが得なのか、比べて考えてみたいと思います。

ベビー布団を買うことによるデメリット

うちには子供が3人もいるので、1つのベビー布団はしっかりと使いきった気がしますが、正直一人だけのお宅ならばベビー布団を買わなくてもいいかなと思います。いくらベビーサイズとはいえ、使い終わったら粗大ごみとなってしまうもの。

誰か知人にあげられればいいのですが、なかなかベビー布団に関しては人気がないのも事実です。洋服ならば洗濯して使えますが、敷布団に関しては基本は洗えないというのが要因かもしれません。

誰かに譲ると決めたならば、クリーニングしてあげるくらいの配慮が必要でしょう。

買ってしまうといずれは粗大ごみに?

布団のクリーニングは少しお値段が高いこともあり「そこまでして誰かにあげるのも」という考えの方がいても不思議ではありません。そうなるとクリーニングよりも価格の安い、粗大ごみという選択をしても仕方がないような気がします。

ただし、最初の子供を妊娠している時に、あと何人か生みたいと思っていても実際にどうなるかは何年か経ってみないと誰にもわからないので、出産したいという意気込みがあって布団を購入しても、一人で終わってしまうかもしれません。

レンタルにしたほうがいいと思われる理由

しかも子供の数が多くなり、長いこと使っていると特に敷布団にダニがいるとかお漏らししたとか、衛生的な面での心配も出てきます。先ほども書きましたが、クリーニングを考えるとトータルで考えた場合にはレンタルとあまり変わらなくなるかもしれません。

というのも、ベビー布団は乳児用のサイズという感じで、幼児になれば足が出るといった理由からジュニア布団か大人用の布団を使うことになるのです。使える期間がそう長くないものであるので、あえて買わなくてもいいという選択は有効です。

そもそもベビー布団が必須な理由は何?

私の経験からしますと、ベビー布団は特に赤ちゃん時代には必須のものだと思うのですが、乳幼児突然死などの心配がなくなる2歳過ぎたくらいからは、普通の敷布団で対応が出来る気がします。

掛け布団のほうは3歳過ぎてもまだまだ使えると思いますし、洗えるタイプが中心なので案外使えるのではと思います。

ただしセットで売られているもののほうが多いこと、セットで買ったほうが安いこともあるので、ばらばらで購入するというのはレアかもしれませんね。

レンタルすると地球に優しい

使わなくなってしまったベビー布団をうちは今もそのままにしていますが、それを捨てるまではスペースが必要ですし、長いこと使っていると余計に捨てられなくなっているという問題も生じています。

レンタルだとある程度汚れてもいいという気軽さがあるのはメリットでしょう。

新品がいいというポリシーがあれば当然購入したほうがベストですし、家にいらないものを持ち込みたくないとかゴミを増やしたくないという考え方ならば、やはりレンタルをしたほうがいいと思います。

新品がいいなら買う・中古でもいいならレンタルで

今からもしもベビー布団をどうするか考えている方がいるのならば、レンタルと購入の他にリサイクルという選択肢も加えて欲しいと思います。もちろんクリーニングをしっかりと行ったもの、というのが前提です。

また、ベビー布団を購入したらその後リサイクルに回すという考え方もいいでしょう。少しでもゴミを減らすことを、生まれる赤ちゃんたちのためにも考えたほうがいいかもしれませんね。地球に優しく、ベビー布団をどうするか考えていきましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ