- おすすめのベビー布団を買おう!ネットとリアル店舗の付き合い方 | MARCH(マーチ)

おすすめのベビー布団を買おう!ネットとリアル店舗の付き合い方

2015/03/05

shutterstock_91791167
ベビー布団は赤ちゃんが生まれる前に準備される方が多いのではと思います。我が家は一番上の子が生まれる前に、義理の父へリクエストをして購入したので、トータルで考えますとかなり長い間使用したと思います。

途中、敷布団は一度クリーニングしてもらい、掛け布団は自宅で洗えるタイプでしたので、何度か細かく洗って過ごし、流石に4歳になると布団からはみだしそうな大きさになったので、今では大人サイズの布団を使い、掛け布団だけ使っている感じです。

では、おすすめのベビー布団をどう買ったらいいのかを考えてみましょう。

まずはインターネットで調べてみよう

ベビー布団を購入する場合には、店頭もしくはネットで手に入れることになると思います。おすすめのベビー布団を探すにはインターネットはかなり便利です。

口コミは実際に購入したり、頂いたりして使ったことのある方たちが「私の場合は買って良かった」ですとか「こういう部分がいまひとつだった」など具体的な感想を記入してくれていることが多いので、参考になることが多いと思います。

ですから、購入するかどうかを決める前に一度はインターネットでみんながおすすめしているベビー布団を検索するといいでしょう。

目の前のものを触れるのが実店舗の良いところ

インターネットが便利とはいえ、やっぱりバーチャルな世界だからあまり利用したくないという考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。例えばクレジットカードを使ってお買いものすることに対して抵抗がある方もいて当然です。

買い物するのに特に不便な場所でなければ、目の前の実物を手にとって「これは良さそうかな」と選ぶのが楽しくもあり、お店の人との会話が良かったりもするでしょう。インターネットでは出来ないメリットだと思います。

リアル店舗とはこうやって付き合おう!

では、リアル店舗とはどう付き合えばいいでしょうか。リアル店舗がなくなってしまったら、すぐに手に入るものが手に入らなくなることもあるので、もしもネットと同じものが買えるようならば、リアル店舗で購入したほうがいいと思います。

お店が潰れてから後悔しても仕方がありません。多少インターネットの買い物より割高になることがあるかもしれません。でも今すぐに手に入るのが前提ですし、わからないことはお店の方にその場で教えてもらうというコミュニケーションが可能です。

インターネットは品数が多くて好きなものをチョイス出来る

カードではなく、現金で買い物をしたい場合にもリアル店舗は有利です。基本、現金で購入する方のほうが多いからです。とはいえ、自宅などの近くにベビー布団を扱っているお店がないとなれば、インターネットのお店に頼るしかありません。

サイズなど細かく記載されていることがほとんどですので、面倒でもメジャーでしっかりと目で確認するようにしましょう。失敗するパターンとしては、サイズや素材の確認を怠ったということが主な原因です。

ベビー布団のサイズは似たようなものですが、素材や何が一緒についているのか、などは必要な情報です。

ネット注文は時間がかかることが多い

インターネットでは購入してから届くまで、店舗によって必要な日数が異なります。つまり今すぐ欲しいと思っても、お店になくて問屋さんなどのメーカーに確認し、そこでようやく納品してもらってお店から送るというケースだと、当然時間がかかってしまいます。

中にはメーカーから「在庫がないですので、しばらく待ってもらえませんか」と言われることも。インターネットは便利な反面、案外待たされることがあるというのはデメリットです。そのデメリットを無くそうと頑張っているショップが存在しているのも事実です。

インターネットでは会社が怪しくないか確認を

普段からインターネットで買い物をする私ですが、やはり騙されるのが怖いのでだいたいショッピングモールと言われる大きな会社が運営し、そこにたくさんのショップが登録している、というパターンのところを中心に利用しています。あとはメーカー直接のショップです。

どうしても欲しいものが買えない時に限り、小さなお店で購入するケースがありますが、一応信頼出来るのかをきちんと確認してから利用しています。インターネットではこのような事前のチェックは必須でしょう。
みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ