- 子育てのストレス発散に!家でできる簡単なアートセラピー、落書き! | MARCH(マーチ)

子育てのストレス発散に!家でできる簡単なアートセラピー、落書き!

2014/06/18

子育てしていると、思い通りにならないことだらけで、イライラがつのることもしばしば。だからといって、子どもに当たるわけにはいかない…イライラのはけ口がなかなか見つからず、煮詰まってしまうこと、ありませんか?そんな時に『落書き』でストレス発散してみましょう。『落書き』は、誰でも自宅で簡単にできるアートセラピーです。

クレヨンと紙があればOK

クレヨン(クレパス)と紙を用意しましょう。紙は画用紙が1番描き込みやすくていいのですが、別に白紙の紙であれば、広告の裏でも大丈夫です。クレヨン(クレパス)は16色くらいあった方が、あなたの気持ちを表せる色を選びやすいと思います。

色鉛筆でもいいのですが、気持ちを込めて描くには、多少力を入れても折れないクレヨン(クレパス)の方がおススメです。

まずはストレス発散・イライラ解消のために

紙を準備したら、思いついた色のクレヨン(クレパス)で、何でもいいから描いてみましょう。「何でもいいからと言われても…描けない」と思う方は、そのイライラやストレスをぶつけるように、ただ画用紙を塗りこむだけでもOKです。

とにかく気の済むまで塗って、塗って、塗りまくる!!もういいと思うまで描きまくる!!描いているうちに、塗っているうちに、口から誰かに対する文句が出てくるかもしれません。イライラの原因を口にすることができるかもしれません。そうなれば、しめたものです。

原因を口にできるということは、心の中にためた負の思いを蓄積せずに済むということです。また、イライラ、ストレスの原因が言葉にならなくても、夢中になって無心になって描いている自分がそこにいれば、我に返った時にはイライラは少し解消されているでしょう。

こころの状態を描いてみよう

落書きに慣れたら、自分の『こころ』を描いてみましょう。なんとなく気分が乗らない時、やる気が出ない時、紙に向かってその気分を描いてみてください。別に『絵』である必要はありません。真っすぐな線、ぐにゃぐにゃの線、丸、三角、四角、渦巻きetc.、なんでもOK。

そしてそれがどんな気持ちを表しているのか、考えてみましょう。自分のこころへの問いかけです。自分で描いたものを客観的に見て、自身に問いかけることで、自分のこころを認識することができます。

子どもに当たってしまうのは、自分で理解できないイライラがつのり、気持ちのコントロールができなくなった時だと思います。自分の気持ちを認識できれば、気持ちのコントロールができるようになり、子どもに当たるということがなくなるでしょう。

このように、たかが『落書き』ですが、『色』と『描くという行為』の持つ力で、ストレスを発散したり、自分のこころと向かい合ったりすることができるのです。『落書き』を上手に活用して、自分の気持ちをコントロールする力をつけましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ