米粉を使った子供食レシピを紹介!小麦アレルギーの子にも安心

コメント1
2016/12/16

%e7%b1%b3%e7%b2%89%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f

小麦アレルギーの子やアトピー、グルテンフリー生活をしている人にとっては身近な食材、「米粉」。

パン屋さんで米粉パンを見かけることもありますが、安心安全、そしてヘルシーなイメージはありませんか?食べてみても、もちっとして美味しいですね。

その通り、米粉は安心安全、そしてヘルシー!また、もちもち、サクサク、調理法によって様々な食感を楽しむことができます。そして、他にも私たちにとって嬉しい多くのメリットがあります。

子供を産んでから食材に気を遣うようになったママも多いと思いますが、米粉はもちろん国産なので安心です。

おかずにもおやつにも気軽に使えますし、米からできているため栄養もあります。こんなに素晴らしい食材を使わないなんてもったいないですよ!

ここでは、米粉はどういうものなのか、米粉のメリット、米粉を使った子供食のレシピをご紹介します。ぜひみなさんのご家庭でも米粉を使ってみてはいいかがでしょうか。

うるち米を生のまま細微な粉にしたものを米粉と呼びます

そもそも米粉とは何でしょうか。粉物と言えば、小麦粉や強力粉、片栗粉あたりが一般家庭で使われることが多いですが、米粉は聞かないですよね。

実は、じわじわ人気が出ており、クックパットや料理ブログなどにも様々なレシピが掲載されています。

ここでは「くまもとの米粉」のホームページに記載されている内容を元に、米粉についてまとめてみました。

米粉はその名の通り、「お米を粉にしたもの」です。昔から、せんべいや和菓子など、様々な料理に使われてきました。

昔は米が原料の粉を全て米粉と言っていたのですが、最近は微細な米粉を作る新しい技術が開発され、米の種類や糊化の有無によって細分化されています。

よくスーパーで売られている「米粉」は、この細微な米粉(以下「米粉」)を指します。それでは、どう分類されているのか見てみましょう。

【米の種類】

  • うるち米・・・ご飯
  • もち米・・・もちや赤飯。粘り気が強いのが特徴

【生成方法】

  • アルファ型・・・米を加熱してデンプンを糊化させてから粉にするタイプ
  • ベータ型・・・米を生のまま粉にするタイプ
米粉はうるち米を原材料とし、米を生のまま粉にするベータ型になります。

米粉はうるち米を気流粉砕、衝撃式粉砕などの方法で細かくしてあるため、パンやお菓子作りに向いています。昔の米粉と比べると半分以下程度の細かさで、デンプンの損傷が少ないです。

より本来のパンやお菓子に近付けるために加工した米粉もあります。パン専用の米粉(小麦グルテンを含み膨らみやすくしたもの)や、製菓用米粉(柔らかくより細かいもの)がそれにあたります。

良いことだらけ!米粉のメリット8つをご紹介します

米粉を食べると、私たちにとって良いことが沢山あります。米粉の8つのメリットをご紹介します。

1.国産なので安心!子供食にピッタリ

お子さんが口にする食品の産地や安全性に気を使っているママは多いと思います。体を作っていく時期ですから、安心できるものを選びたいですね。

その点では米粉は国産の米から作っている物が主流のため安心です。

2.小麦粉の代用品に!小麦アレルギーやアトピーの子へのお菓子作りや料理に大活躍

アレルギーやアトピーをお持ちのお子さんのママは、食事の管理に大変苦労していることでしょう。

その子自身も、他の子が食べているものを食べられなくて辛い思いをしていたら可哀想ですよね…。

最近はアレルギー対応のお店やケーキ屋さんも増えてきているものの、市販のものを食べさせられず手作りする機会は多いと思います。

でも、米粉があれば、小麦粉アレルギーやアトピーの子が喜ぶメニューを作ることができます。誕生日ケーキだって作れます。

小麦粉と同じような使い方で、子供の様々なリクエストに応えることができるのです!

パウンドケーキ、クッキー、シフォンケーキ、てんぷらまで米粉で作れます。米粉で作るてんぷらは、てんぷら粉や小麦粉よりもサクサク感が増すため、むしろ米粉の方が好みという人もいます。

ただし、小麦粉と同じ分量で作ると食感に大きな差がでることがあるので、調理方法には工夫が必要です。

3.グルテンフリー食のストレスを米粉が救う!

グルテンフリーとは、グルテンを使わない食事療法です。海外で流行して日本でも話題になり、グルテンフリーの食事をしている人は多いです。

糖質制限ダイエットが続かなかった人がグルテンフリーに移行するケースも多いようです。

グルテンとは、麦類(小麦、大麦、ライ麦など)に含まれるたんぱく質の一種で、食べ物に粘り気や弾力を出す働きがあります。特に強力粉に多く含まれます。

グルテンにはグリアジンとグルテニンというたんぱく質が含まれますが、これらが私たちに悪影響を与えると言われています。

「「いつものパン」があなたを殺す」(デイビッド・パールマター著)では、このようなグルテンの有害性をこのように説いています。

  • ADHD(注意欠如・多動性障害)
  • 不安と慢性的ストレス
  • 慢性的な頭痛と片頭痛
  • うつ病
  • 糖尿病
  • 集中力の問題
  • 関節炎などの炎症性の異常と疾患
  • 不眠症
  • セリアック病・グルテン過敏症などの腸の問題
  • 気分障害
  • 体重過多と肥満
  • トゥーレット症候群

この他にも様々な症状が考えられるとのことです。

パンばかり食べて太っていた人がパンを食べるのをやめたら、食欲が減りダイエットに成功、またイライラが治まり、肌がきれいになったという話はインターネット上でよく目にします。

もしかするとあなたが太っているのは、グルテンのせいかも?しれません。

また、小麦粉は品種改良されており、小麦の有害性を唱える人は多いです。上記の著書以外にも「小麦は食べるな!」など、小麦抜きの食事を推奨する著書は数多く出版されています。

グルテンが悪い物ということがわかっていても、パン、ホットケーキ、ピザ、うどんやパスタ、そばなどの麺類を除いたグルテンフリーの食生活はかなりのストレスとなります。

しかし、米粉があれば問題なし!グルテンフリーを守りながら、パンなどを作ることができます。

4.ダイエットにもオススメ!油の吸収率が低いためヘルシー

米粉は小麦粉と比較すると油の吸収率が低いです。その為、カロリーを気にする方は米粉でてんぷらやフライを作るとかローリーオフになります。

そして、サクッと仕上がり、時間をおいてもべチャっと油が出てきにくいのでおすすめです。

5.サクサクからモッチリまで調理法でアレンジ自在!

米粉は作る料理によって、サクサク、ふんわり、もちもち、しっとりなどと食感が変化します。

様々なレシピがありますので、色々試してみると面白いです。

6.腹持ちが良くダイエットに最適

米粉はきめが細かくズッシリとしているので、パンのようにはパクパク進みません。すぐにお腹がいっぱいになってしまいます。

食感がモチモチと噛みごたえのあるものなら尚更!パンは軽く食べられて、すぐにお腹がすいてしまいますが、米粉は腹持ちが良いです。

ダイエット中の方はおやつに米粉を使用してみましょう。

7.サラサラとキメが細かく、ふるいにかける必要ナシ!

お菓子作りの時に小麦粉はふるいにかけてから使用します。米粉の場合、細かい粒なのでふるいにかける必要はありません。直接入れてもダマなることが無いので楽ですね。

ただ、粒子が細かい分、しっかり混ぜないとザラザラとした食感が残る原因になるので、泡だて器やミキサーでしっかり混ぜることをおすすめします。

8.アミノ酸バランスが高く良質なたんぱく質を含んでいる

日本人の主食として食べられている米は、たんぱく質が多く含まれ、私たちのエネルギーの供給源となっています。

たんぱく質含量は小麦と比較すると少なく約7%ですが、たんぱく質の品質を評価するアミノ酸スコアは65という小麦より高い値を示しています。

これは、米粉が良質なたんぱく質を含んだ優れた栄養素を持っている食品であることを示しています。

≪アミノ酸スコア(可食部100gあたり)≫
米(上新粉)65
小麦(強力粉)38
小麦(中力粉)41
小麦(薄力粉)44

たんぱく質は、筋肉や内臓、骨、肌など私たちの身体をつくる材料です。たんぱく質が不足すると肌のターンオーバーが進まなかったり、体調を崩したりと体に悪い影響を与えます。

良質なたんぱく質を含む米粉は、美肌や健康になる手助けをしてくれます。

米粉を使った子供食レシピ7選!

米粉が素晴らしい食材であることがわかりましたね。ぜひお子さんに米粉で食事やおやつを作ってあげてください。

今回ご紹介するレシピは、全て米粉100%のものを使用しています。米粉100%ではパンのようにふっくら膨らまず、パン作りには適しません。

もし米粉のパンを作りたい方は、パン作りに適したパン用ミックス米粉(小麦グルテン添加物含む)か、グルテンフリーのパン用ミックス米粉のいずれかを使用してみてください。

それでは米粉のレシピを7つご紹介します。

米粉のニラ味噌チーズ焼き

rice-flour-recipe-32542-1

味噌とチーズが良く合うチヂミのような料理です。離乳食が完了した時期から手掴みで食べられます。

材料
ニラ        1/4束程度
ニンジン      1/3本
〇とろけるチーズ(今回はスライスチーズを使用)  お好みで
〇米粉       大3
〇水        大4
〇味噌       小さじ1/2
ごま油(焼く時)  適量

rice-flour-recipe-32542-2

  1. ニラは4~5cmに切り、ニンジンは火が通りやすいように細めの千切りにする。
  2. 〇の材料すべてを混ぜ、そこにニラとニンジンも合わせて混ぜる。
  3. ごま油を引いたフライパンに生地を薄く伸ばし、両面に軽く焼き目が付くまで焼く。

*ポイント*
大人が食べるときには、油を多めにカリッと焼き、ブラックペッパーを加えると美味しいです。

生地は薄めに焼いた方が美味しいです。中までしっかり火を通さないと米粉のザラッとした食感が残ることがあります。

米粉のパンケーキ

 
rice-flour-recipe-32542-3

フワッとした米粉とヨーグルトのパンケーキです。私の息子はこのパンケーキが大好き!

もちもち食感で食べた感じは重くないのですが、驚くほどの満足感です。少し食べるとお腹いっぱいになるので、子供だけでなくダイエット中の人にもおススメのパンケーキです。

冷凍もできるので作り置きしておくと便利です。

材料
米粉        150g
牛乳        100cc
ベーキングパウダー 3g
ヨーグルト     100g
卵         1個
三温糖(砂糖)   大さじ2
サラダ油(焼く時)    適量

rice-flour-recipe-32542-4

  1. 全ての材料をボウルに入れ、混ぜて種を作る
  2. フライパンに油を敷き、お玉で種を落とし、中火で焼く。
  3. 表面にプツプツ穴が空いてきたら裏に返し、裏面も焼ければ完成。

爪楊枝を差して、生地が付いて来ないかどうかが中まで火が通っている目安です

米粉の蒸しパン(ツナ・枝豆・チーズ入り)

rice-flour-recipe-32542-5
手掴みで食べられる米粉の蒸しパンです。小麦粉と比較するとズッシリとしていますが、とても柔らかく、子供が喜ぶメニューです。

中の具材をアレンジすることで、様々な食材を摂ることができるのでおすすめです。

材料(2人分
米粉        100g
牛乳        150cc
ベーキングパウダー 5g
ツナ        1/2缶
枝豆        15粒
とろけるスライスチーズ(またはピザ用チーズ) 1枚

rice-flour-recipe-32542-6

  1. とろけるスライスチーズを6等分にちぎる。
  2. ツナ缶は軽く油をきる。
  3. 1のチーズとツナを他の材料とよく混ぜる。
  4. タッパーに約1cmの高さになるように流し入れ、ふたをせずに500wの電子レンジで4分チン。

米粉の芋もち

rice-flour-recipe-32542-7

手づかみ食べにピッタリな芋もち。じゃがいも以外にもカボチャやサツマイモでもアレンジできます。食事としてもおやつとしても使えるので便利です。

材料(約4cm×8個分)
じゃがいも     2個
米粉        20g
水         大さじ1
バター       10g
〇醤油       大さじ1
〇砂糖       大さじ1/2

rice-flour-recipe-32542-8

  1. じゃがいもの皮をむき、4等分に切り、電子レンジで4分チンして柔らかくする。
  2. じゃがいもをつぶして、米粉と水を混ぜてこねる。
  3. 生地を1cm程度の平たい丸に形成する。大きさはお好みで構いません。
  4. バターを引いたフライパンで両面焼く。
  5. 〇をよく混ぜたらフライパンに流し入れ、芋もちに絡める。

*ポイント*
お子様には醤油と砂糖の味付けを月齢や成長段階によって加減してください。

米粉のおからバナナパウンドケーキ

rice-flour-recipe-32542-9
おやつも米粉で作ってみましょう! しっとりとした食感にバナナの甘みが美味しいパウンドケーキです。

おから入りなので、たんぱく質が多く含まれているヘルシー&健康メニューです。焼きたてよりも少し時間をおいてから食べるとより美味しいですよ。

材料(パウンドケーキ型1本分)
おから       90g
米粉        30g
ベーキングパウダー 大さじ1/2
バナナ       150g
レモン汁      大さじ1
卵         2個
三温糖(砂糖)   30g
バニラエッセンス  少々
バター       10g

rice-flour-recipe-32542-10

  1. バターは湯銭またはレンジで溶かしておく。オーブンは190℃に予熱。
  2. バター以外の材料をミキサーに入れて回し、最後に溶かしバターを加える。
  3. クッキングシートを敷いた型に流す。
  4. オーブンに入れ、温度を180℃に下げて30分焼く。
  5. 焼きあがったら型から外して、クッキングシートを一度はがしてから再びクッキングシートを付けて冷まして完成。

米粉のピザ

rice-flour-recipe-32542-11
通常は強力粉を使用するピザですが、強力粉はグルテンが強いためできれば使用を控えたいです。

もっちりふわっとしたピザには及びませんが、米粉でもピザが作れます。米粉のおかげで少量でもお腹がいっぱいになるので、ダイエット中のママにもおすすめです。

材料(10cmのミニピザ4枚分)
〇米粉        150g
〇塩         少々
〇ベーキングパウダー 3g
〇オリーブオイル   大さじ1
〇水         100㏄(生地がまとまらない時は水を追加)
ケチャップ      大さじ2~4
トッピング      好きなだけ
(今回はピザ用チーズ、ツナ、玉ねぎスライス、ホウレンソウを使用)

rice-flour-recipe-32542-12

  1. 〇の材料を全て混ぜ、生地がまとまるまでよくこねる。
  2. 4等分に分けて丸める。クッキングシートの上で綿棒を使って伸ばす。
  3. ケチャップを塗り、トッピングを乗せる。
  4. 220℃度のオーブンで12分焼いて完成。

*ポイント*

  • ケチャップは淵まで綺麗に塗ることで、焦げ付きを防げます。
  • オーブンによって焼き時間や温度に差が出る為、様子を見ながら焼いてください。

米粉のクッキー

rice-flour-recipe-32542-13
米粉でクッキーも作れます。様々なレシピを見ながら、何度も米粉のクッキーを作ってきたのですが、堅めのクッキーになることが多いです。

今回ご紹介するレシピも硬めなので、歯がしっかりと生えそろった子におすすめします。

材料
米粉         100g
オリーブオイル    大さじ2
牛乳         70cc
三温糖        大さじ2
ベーキングパウダー  3g

rice-flour-recipe-32542-14

  1. 全ての材料を混ぜ、生地がまとまるまでこねる。生地がまとまらないときは牛乳(または水)を少量ずつ足していく。
  2. 生地がまとまったら、ラップにくるみ冷蔵庫で30分以上休ませる。
  3. 生地を冷蔵庫から取り出し、ラップをはがし、綿棒で4mm程度に伸ばして型を抜く。
  4. オーブンの天板にクッキングシートを敷いてクッキーを並べ、170℃に予熱をしたオーブンで15~20分程度焼いて完成。

安全で体に優しい「米粉」!ぜひ家庭で活用してみましょう

少し米粉が身近に感じていただけましたか?お子さんの食の安全のためにもおすすめの食材です。ぜひ取り入れてみてくださいね!

今回ご紹介したレシピは簡単な物ばかりなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

子供だけでなく、親にとっても小麦粉の代用品として米粉を使用するのは健康のためになります。

好みに合わせてアレンジして、米粉メニューを楽しんでみてはいかがでしょうか。

みんなのコメント
  • グランマさん

    もう25年も前になりますが初めて離乳食を作ったときお粥のフリージングは良くやりました、製氷皿で作ると使い勝手が良かったですよ!

あなたの一言もどうぞ