- 日本全国の子宝・安産で有名な神社を調べてみました。 | MARCH(マーチ)

日本全国の子宝・安産で有名な神社を調べてみました。

2014/02/09

その①子宝編

妊活の一つとして、子宝で有名な神社をお参りする人も多いと思います。そこで、全国の、子宝にご利益がある神社をピックアップしてご紹介します。

『鬼子母神堂』東京都豊島区

鬼子母神はその昔、他人の子供を食べてしまう、訶梨帝母(かりていも)という名の残虐な女性でした。お釈迦様は、その行いを改めさせる為に、この帝母の子供を一人隠してしまいます。

そこで初めて、帝母は自分の行いの愚かさに気づき、その後、子宝と子育ての神「鬼子母神」になったと言われています。その鬼子母神を祀っているこちらの神社は、毎月8が付く日に鬼子母尊神と言われる縁日も開かれています。

お祭りを愉しんで鬼子母神の近くに居れば、子宝に恵まれる確率もアップか!?

『子安河原観音』熊本県阿蘇市乙姫

子安河原観音には、一風変わった子宝祈願の方法があります。神社には、子安河原という場所があります。そこには、女性が横たわっているような形の石があり、それがご神体となっています。

お参りを済ませたら、ご神体の周りにある石を一つ、拾って帰るのですが、男の子を希望する人は黒い石、女の子を希望する人は赤い石を持って帰ります。持って帰ったら、股に挟むと、見事願いが叶う、とのこと。

もちろん、願い事が叶った暁には、その石を、御礼参り方々、神社へ返して次の方にご縁を譲りましょう。

その②安産編

『盛岡八幡宮』岩手県盛岡市

こちらの神社には、京都梅宮大社の御分霊のある、梅宮という場所があります。この梅宮では、毎年4月3日に安産を祈願して梅宮例祭が行われます。もちろん、随時安産祈願も可能です。安産祈願と共にこちらは縁結びも有名。婚活から妊活まで、お任せ!?

『金倉寺』香川県善通寺市

金倉寺(こんぞうじ)に祀られている訶梨帝母(鬼子母神)は、特に「おかるてんさん」と呼ばれて安産の神様とされています。子だくさんだった訶梨帝母を祀って、毎年5月には訶梨帝母例祭が行われます。この日だけは、一般の人もお顔を見ることが出来ます。

金倉寺で安産のお守りと腹帯(お腹が大きくなってきたらお腹に巻くもの)を頂くと、出産予定日まで、毎日のおつとめの際お祈りをしてくれます。

「困った時の神頼み」と昔から言われるように、なにか困ったことがなければお参りは普段からはしない、という人も多いと思います。だからと言って、もちろん、ご利益がなかったからと言って、神様に怒るひともいませんし・・・。

「信じる者は救われる」と取るか「気休めのみ」と取るかは、あなた次第でございます。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ