- 新米ママ必見!赤ちゃん連れの雨の日のお出かけ、攻略法! | MARCH(マーチ)

新米ママ必見!赤ちゃん連れの雨の日のお出かけ、攻略法!

2015/01/03

shutterstock_148017509 (2)

赤ちゃん連れは荷物も多く、ちょっとしたことでも気を遣う。ただでさえ何かと大変なのに、雨が降ったらなお大変!

雨のなか大荷物でフラフラ、そんなときに限って赤ちゃんはグズグズ。もう二度と出かけない!なんて経験のあるママも多いかも。特に新米ママは、一人で外出するときとの勝手の違いに戸惑うかもしれませんね。

だけど、ちょっとしたコツで、雨の日だって快適にお出かけができます。ここでは、雨の日のお出かけで押さえておきたいコツを紹介しましょう。

まずは行き先・時間の見直し。調整ひとつでお出かけがラクに

お出かけの日に雨だったら、まずは行き先と時間を見直してみて。

  • 天気予報をチェックして、午後は晴れそうなら午前の予定を午後にする。
  • 午後に降りそうなら、予定を前倒しにする。

一日中雨の日って、実は意外に少ないもの。ちょっとしたスケジューリングで、雨を避けられるかもしれません。

そして、行き先についてももう一度考えましょう。

  • 終日雨なら駅直結のショッピングモールにする。
  • タクシーで気軽に行ける距離に変更する。
  • 会う予定の人に、家に来てもらう。

人と会う予定のときは変更を言い出しにくいかもしれませんが、赤ちゃん連れに理解のある人なら、きっと分かってくれるはずです!

雨の日グッズはあらかじめ準備しておくと安心!

備えあれば憂いなし、と言いますが、雨の日スタイルや雨の日グッズを持っておくことも、大切なポイント。いざ雨の中出かけることになったとしても、慌てずに対処できます。

まず赤ちゃん連れの雨の日スタイルとして一般的なのは、抱っこひもプラス傘。赤ちゃんが濡れないよう大きめの傘に、可愛いレインブーツなんてあれば完璧です!抱っこひもにかけるレインカバーも、雨がひどいときには便利かも。

次に、ベビーカー、プラス、レインカバーのスタイル。傘を差しながらベビーカーを扱うのは大変ですが、「降水確率50%」なんてときにベビーカーで出かけるなら、レインカバーと傘を持っていれば安心ですね。

ちなみに、肩にまきつける傘(両手があく)、その名も「肩ブレラ」なんてアイデアグッズもあったりしますよ。使っている人を見たことはありませんが・・・。チャレンジャーな方は、一度お試しください。

移動手段はいくつも持っておこう。時にはタクシーを使っても!

歩いて5分の距離でも、雨の日は億劫に感じられるもの。赤ちゃんを連れていればなおさらです。普段は歩ける距離だったとしても、雨の日は移動手段を変えてみるのもひとつかもしれません。たとえば、

  • 普段歩いている距離でもバスに乗ってみる。
  • 駅までタクシーを使う。

近すぎてタクシーに乗るのに気がひけるなら、隣駅まで行けばいいんです。

普段は使わなくても、最寄りのバス停の運行表や時刻表を調べておいたり、タクシー会社の番号を携帯に登録しておいたりするのはオススメです。雨の日に限らず、いざというときに使えますよ。

思い切って予定を延期にしてみる

もしも十分な準備をしていても、不安だな、大変そうだな、と思うなら、予定を延期にしてみるのもひとつの方法です。無理にお出かけをして赤ちゃんに風邪をひかせたり、ママが疲れてしまったりしては、何の意味もありませんよね。

自分ひとりの予定なら迷わず延期すれば良いですし、人と会う予定なら、丁寧に話して分かってもらいましょう。病院やお店の予約なら、事情を話して変更してもらいます。

雨の日に赤ちゃん連れで外出するのが大変なことは、心ある人なら簡単に理解してもらえること。無理は禁物です!

おわりに―大切なのは「情報収集」

第一子が赤ちゃんの頃は、何においても初めての経験だらけ。子連れだとひとつひとつが本当に大変、なんて思うかもしれません。でも、大丈夫!「習うより慣れよ」で、だんだんとスムーズに、どんな事態にも対処できるようになってきます。

ポイントとしては、やはり情報収集が大切。小さなことですが、事前に天気をチェックしてそれに合わせた備えをする、雨の日でも慌てないようにバスの時刻表やタクシーの連絡先は普段からそろえておく、といったことで、驚くほどスムーズに事が運ぶようになりますよ。

そのうち、赤ちゃん連れのママ会だって「火曜日は雨降りそうだから、木曜日にしよう」なんてこなれた(?)約束ができるようになってきます。がんばりましょう!新米ママ。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ