- アレルギーって治るの?改善するアレルギーと改善できないアレルギー | MARCH(マーチ)

アレルギーって治るの?改善するアレルギーと改善できないアレルギー

2014/04/09

最近はアレルギーを持った子も多く、わが子にアレルギーがあるととっても心配ですよね。でも、一口にアレルギーと言っても様々なものがあり、中には年齢を重ねることで改善が見られるものもあります。

食物アレルギーは改善する?

乳幼児のアレルギーで多いのが「卵」「牛乳(乳製品)」「小麦粉」のアレルギー。実はこうした食物のアレルギーは改善が見られるアレルギーで、3歳児では半分程度、6歳児では約80%の子供のアレルギーが改善・軽減すると言われています。

そのため、乳幼児期に卵や牛乳、小麦粉の食物アレルギーだったからと言って、そのアレルギーが一生継続するというものではありません。

卵・牛乳・小麦粉のアレルギーが改善したか否かは特異的IgE抗体検査という検査で判断されます。これらは改善が見られやすいアレルギーですが、中には改善・軽減できない人もいるので自己判断はしないように。

治らない食物アレルギー

改善しやすい食物アレルギーがある一方、改善が難しい食物アレルギーもあります。

食物アレルギーで改善が難しいとされるのが甲殻類や魚、果物、そば、ナッツなどのアレルギー。こうしたアレルギーは、成長と共に改善することはほとんどなく、どちらかというと症状が悪化します。

また、大人になってから発症する人も多いので注意が必要です。劇的に強い症状が出るものもあります。

アトピー性皮膚炎は治る?

アトピー性皮膚炎もアレルギーの一つ。特にアトピーは遺伝因子が強いので、親や近親者にアトピーの人がいる場合は症状が出やすくなります。

アトピーの症状は、皮膚がかさかさする、赤み・湿疹が出るなどの皮膚疾患で、程度も個人によって大きく違います。一般的には成長と共に軽減することが多いと言われていますが、人によっては大人になって再発・悪化するケースもあります。

アトピー性皮膚炎は、一般的には完治が難しいとされるアレルギーの一つ。ただ、軽度のアトピーの場合は成長と共に発症頻度が少なくなることが多いのが特徴です。

アトピーの対処

アトピー性皮膚炎は、早めに対処を始めれば、成長段階で気にならなくなる、忘れてしまう程度まで改善できます。

肌のかさつきや赤み(主にひざ裏・ひじ・脇・耳など)が気になったら、皮膚科医や小児科医に見てもらい、適切な対処をしましょう。保湿・ステロイド剤の適切な使用などで、症状はかなり軽減できます。

また、アトピーは食物アレルギーを併発したり、ダニやハウスダストなどの影響を強く受けます。そのため、こうしたアレルギー性物質を除去することで症状が大きく改善することも。

いずれにしても、医師の診断を受け、アレルゲンを含めた対処を取ることでかなり改善が見込めるものです。

アレルギーは早めの対処が大切

アレルギーは体質によるものが大きいので、完全に治すということは難しいものです。ただ、ぜんそくやアトピーなどのアレルギーは、幼児期にきちんと対処することで封じ込めることができる可能性が高くなります。

そのため、早めに専門医の診断を受けてきちんと対処をするようにしましょう。

子供にアレルギーの知識を

アレルギーはそれを持たない人にとっては理解が難しいもの。そのため、アレルギーがある子供には、自分のアレルギーについてきちんと理解させ、身を守らせることが大切です。

食物アレルギーの場合には「食べてはいけないもの」を明確にしておくこと。特に幼稚園や学校など、子供は成長と共にママやパパと離れて過ごすことが多くなるので、ある程度は自分で対処できるようにしておくことが大切です。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ