- 「どうして?」の意外な答え。赤ちゃんの夜泣きを考えると | MARCH(マーチ)

「どうして?」の意外な答え。赤ちゃんの夜泣きを考えると

2014/03/29

夜はぐっすり寝てくれるのが理想の赤ちゃん。でも理想はあくまで理想であり、夜泣きに悩まずにすむママはほとんどいないのが現状です。ぐっすり寝ていたのに突然泣き出し、何をしても収まらない。

ママも眠いのにいったいどうしたら…ところでこの「夜泣き」という言葉ですが、日本以外の国では認知されていないのをご存知ですか?たとえば欧米を例に挙げると、赤ちゃんとは泣くのが普通なので、夜だけ特別泣くという感覚がないのだそうです。

日本では少子化が深刻で子育ての知識が得にくい環境ですが、あちらの国々はママ一人の出産数も多いので子育てに慣れているケースが多くその上での余裕なのかもしれません。

それに日本のママに夜泣きが辛いのは、ご近所への気兼ねということもあるでしょうがおなじくイギリスなどでは一軒の敷地が日本よりも広いので、夜に大泣きされてさほど近所に迷惑でないということも余裕のある理由なのでしょう。

そもそも寝ている赤ちゃんが突然泣き出してしまうのはどうしてなのでしょうか。人は睡眠中に一定の間隔で深い眠りと浅い眠りを繰り返しています。夢をみたりするのは眠りが浅い状態ですね。

5、6ヶ月の赤ちゃんは徐々に睡眠のスタイルが大人のそれに近づいてくるので、眠っている時の深い、浅いの違いが出来てくる時期にあたります。

赤ちゃんは浅い眠りという状態にまだ慣れることが出来ず、眠りたいのに眠れないという不快感からぐずって起きてしまうというのが夜泣きの大きな原因ということが言えましょう。

なので解決策としては、「起してしまう。」夜起されるのはママには辛いですね。でもどのみちぐずぐず泣いたままなんですから、一度きっぱり起して赤ちゃんを落ち着かせてあげましょう

でもそんなこと言っても昼間から赤ちゃんにかかりきりで、夜も寝れないのは辛いの!というママへ。今は覚悟!しかありません。どうぞ負けないで!小学校まで夜泣きするお子さんはまずいません。

人生で今だけの試練です。どうか苦しみすぎないで下さい。夜泣きで起された時のために励ましおやつを枕元に用意しておいたり。眠れないのは体力を消耗しますからノンカフェインのドリンク剤、母乳に影響しないスイーツなどで気持ちを切り替えましょう。

カルピスを炭酸水で割っておいたりしても、ピリピリの口当たりで意識がはっきりするのでいいでしょう。また、出産前の段階でご近所のおうちに夜泣きのごあいさつをしておくのも良いことです

あちらにすれば「礼儀正しいお母さん」と思われるでしょうし、壮年以上のご家庭ならばどんなに赤ちゃんが泣いても、平然とゆるしてくれるものでもありますから。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ