- 赤ちゃんは冬場でも室内では靴下を履かないほうがいいのか? | MARCH(マーチ)

赤ちゃんは冬場でも室内では靴下を履かないほうがいいのか?

2014/10/05

寒い季節になりますと、赤ちゃんがいらっしゃる方は、特に風邪やインフルエンザに感染しないように気をつけているのではないでしょうか。私などは冷え症なので、コンクリート造りの自宅内でも、冬場はしっかりと靴下を履いて生活しています。

では赤ちゃんは靴下を履かせたらいいのでしょうか。特におしゃべりもまだきちんとできないくらいの月齢では、寒いとか暑いの意思が確認出来ません。つまり親であるママやパパが、赤ちゃんの状態を判断してあげなくてはならないのです。

赤ちゃんは大人より体温が高いのだから

靴下は確かに温かくて、冬場に大活躍するものではあるのですが、赤ちゃんは大人よりも体温が高いことを忘れてはいけません。子供の頃は大概の方が、室内で裸足で過ごしていませんでしたか?うちの場合は大人である夫も、雪が降るような日など以外は裸足で過ごしています。

ですから赤ちゃんに対しても同様で、裸足で過ごすくらいがちょうど良いのです。なんでもかんでも心配して厚着させてしまっても、室内ならば今は隙間風が入るお宅のほうが少ないので、赤ちゃんにとっては暑く感じられることになると思います。

靴下を履かせないメリット

赤ちゃんに靴下を履かせないメリットとしては、何より転びにくくなる点があります。靴下は小さい子用の場合には滑り止めがついているものも多いのですが、どうしてもまだちゃんとあんよできない場合もあるでしょうし、あんよができても安定していないと、滑って転んでしまうわけです。

しかも赤ちゃんは頭が重いこともあり、転んだ場合に頭を打ちやすいということが考えられるので、できるだけそのようなリスクから遠ざけるためにも、靴下を履かせないほうがいいのです。

子供は靴下を履かないほうがいい?

ちなみに赤ちゃんだけが靴下を履かないほうがいいわけでもなく、幼児や小学生なども靴下を履かないほうが過ごしやすいようです。我が家のフローリングの床でも、子供たちは真冬に「足が冷たい」などと言ったことは1度もありません。

裸足は頭にもいいと聞いたことがありますので、足でいろいろと感じ取って脳を活性化させたほうが、赤ちゃんや子供には良い傾向なのかもいれませんね。それから室内にいる場合は、厚着にも注意をしてほうが良いでしょう。

タイツの場合はどうすれば良いか

目安としては、よく言われている「大人より1枚少ない」洋服を選びましょう。時々赤ちゃんにタイツを履かせている方もいらっしゃいますが、タイツは靴下のように足まですっぽりですので、これも当然滑りやすいです。

さらに肌が弱い赤ちゃんは、毛糸などに反応して痒くなることもよくあります。うちの真ん中の子もそうで、タイツはほとんど履けない状態でした。室内でタイツは避けて、外出の前に履かせてあげるくらいがいいのかもしれませんね。

厚着についても要注意

さて、洋服の話に戻ります。大人より1枚少なめですから、肌着(半そで)と長袖のトレーナーなどと長ズボンでいいくらいです。時々セーターのようなものを着せている方もいますが、室内ではいらないでしょう。

厚着ですと赤ちゃんは動きまわるのがスムーズにいきにくいこともあり、ハイハイなどをしている頃だと思ったように動けなくてぐずる可能性も出てきます。また、室内と室外の温度差がありすぎると大人でもしんどいので、室内の温度もあまり高過ぎないように注意して赤ちゃんと過ごして下さいね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ