- 赤ちゃんが風邪を引いたらどうする?まずはここを押さえるケアポイント | MARCH(マーチ)

赤ちゃんが風邪を引いたらどうする?まずはここを押さえるケアポイント

2014/07/09

初めて子育てするお母さんにとって1番怖い事は、赤ちゃんが病気になる事です。咳が止まらなかったら?鼻の詰まりが酷かったら?赤ちゃんが体調を崩した時に、どんなケアが必要なのか、誰でも簡単にできるホームケアを紹介していきます。

赤ちゃんの咳が止まらない時の対処法

咳が出ると風邪の前兆のように思う人は多いのですが、そもそも咳は外から異物が体の中に入りこんだ時にするものです。季節の変わり目や気温の差が激しい時に、冷たい空気や埃に反応して咳をする事があるのはその為です。

咳をしていても苦しそうな様子や、熱がないのであれば、自然現象の1つと捉えましょう。一方、咳をしている時の様子があきらかに普通でないと思われる時、苦しそうに咳をしていて、肩で息をしているような場合は、病院へ連れて行く必要があります。

また、呼吸が苦しそうになりながら咳をしていて、息を吐く時にヒューっというような音が出ている場合は喘息の疑いもありますので、1度病院で見てもらい、家の中は常に清潔に保つよう心がけましょう。

咳をするのが辛そうな場合は、座らせてあげると呼吸が楽になります。首の座っていない赤ちゃんでも支えてあげながら座らせ、様子を見てみましょう。

吐いた場合はどうすればいい?

まず理解しておく事は、赤ちゃんは吐きやすいという事です。授乳後に十分なゲップが出なければ吐いてしまいますし、十分な筋肉がついていないのに腹這いになると、お腹が圧迫されて吐いてしまいます。

また、赤ちゃんはお腹にくる風邪を引きやすい為、吐く事が多いのです。赤ちゃんが吐いてしまった場合は慌てずに、濡れタオルやガーゼで優しく口の回りを綺麗にしてあげ、落ち着くまで寝かせてあげましょう。

寝かせる時は気道に嘔吐物が詰まらないよう、顔を横に向かせて寝かせる事が大切です。落ち着いてきたら、小まめに水分補給をしてあげましょう。水分補給としてお勧めなのは、白湯やイオン飲料水、薄い味付けのスープがお勧めです。

病院へ連れて行く必要があるのは、数時間置きに激しい嘔吐を繰り返す、苦しそうに泣きながら下痢をして、下痢に血が混じっているような場合ですので、こういった症状が見られる場合はすぐに病院へ連れて行きましょう。

鼻づまりをしている時の対処法

赤ちゃんは体が弱いだけでなく、鼻やのどの粘膜もデリケートで、ちょっとした温度変化や空気の乾燥で鼻水が止まらなくなる事があります。鼻水が出たら小まめに拭いてあげ、鼻くそが固まっているようであれば、ベビーオイルなどを綿棒に染み込ませ、少しずつやわらげてあげましょう。

一方、サラサラした鼻水が止まらない場合は、アレルギー反応を起こしているか、風邪を引いた可能性があります。サラサラした鼻水がいつまでも止まらない場合は、病院へ連れて行きましょう。

また風邪であれば、サラサラから黄色っぽい色の鼻水へと変化していきますので、鼻水が変化し、口で呼吸するようになっているのであれば、風邪を疑いましょう。

熱が出た場合の対処法

熱が出た場合は病院へ連れていく必要がありますが、病院へ連れて行ったからといって、すぐに熱が下がるわけではありません。家でも適切な処置をしてあげる事が大切です。

まず、赤ちゃんは自分で体温調節をする事が出来ませんので、小まめに着替えさせてあげ、暑すぎたり寒すぎていないかチェックしてあげましょう。また、定期的に空気を入れ替えたり、空気が乾燥しすぎないよう注意も必要です。

そして忘れてはならないのが、水分補給です。熱がある時は普段以上に水分が足りなくなりますので、飲みたがらなかったとしても、手を替え品を替え、脱水症状を起こさないよう注意してあげましょう。

赤ちゃんが病気になれば、不安でいっぱいになり、パニックになってしまう事もあるかもしれません。しかし、パニックになっていても現状は良くなりません。まずは落ち着いて赤ちゃんの様子を観察し、すぐに病院へ連れて行く必要があるのか、まずは落ち着かせるべきか判断する事が大切です。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ