- 赤ちゃんと一緒にぜひ楽しみたい!映画のお勧め作品5つとは | MARCH(マーチ)

赤ちゃんと一緒にぜひ楽しみたい!映画のお勧め作品5つとは

2014/10/02

赤ちゃんが生まれてから、我慢しなくてはいけないなと感じることの1つが、映画館で映画を観賞することだと思います。どうしても赤ちゃんを何処かに預けて行くか、パパやおじいちゃんおばあちゃんにみてもらうといった方法を選択することが多くなりますので、なかなかそこまで余裕がないことがあると思います。

ところが最近は「赤ちゃんと一緒に楽しめる」をコンセプトにした上映会もあるので、こういったところに申し込めば、赤ちゃん連れでも安心して映画を楽しめることになります。

アンパンマンは赤ちゃん連れの大本命

私が1番上の子を出産した当時は、まだ赤ちゃんと一緒に映画を楽しむという発想はなかったと思います。ですから、赤ちゃんと一緒に映画というより、赤ちゃんを卒業しつつある子と楽しむ映画というのが正しい言い方かもしれません。

さて、赤ちゃんたちが好きそうなアンパンマンは映画デビューにピッタリの作品かと思います。これは映画のターゲットが乳児中心ということで、泣いてしまう子も多いですし、何より映画の時間も比較的短いので赤ちゃんは飽きずに楽しめます。毎年夏休み前から上映し、ゲスト声優さんも注目したい所です。

アナと雪の女王は大人も楽しめる作品

続いてのお勧めは大ヒット作品「アナと雪の女王」です。子供も好きな作品だと思いますが、何よりママ世代の心もぐっと掴んで離さないという魅力があります。ただし上映時間が少し長くなっていますので、途中で飽きてしまうかもしれません。

ディズニー作品ではありますが、子供向けではないので周りに対しての配慮は必要です。赤ちゃんがぐずったら退場するようにしておくと安心です。赤ちゃんには途中怖いと感じるシーンがいくつか出てきます。このあたりを注意して「大丈夫だよ」と声をかけてあげるといいですね。

大人は感動してしまう?ドラえもん

3つ目にお勧めなのは、ドラえもんです。ドラえもんの映画は子供向けではあるのですが、大人も非常に楽しめる内容ですので、楽しんだり、感動して涙することもあると思います。私も以前子供たちと観ましたが、なかなかの内容でしたし、赤ちゃん自身も、赤ちゃんに兄弟がいれば、尚更喜んで観る作品の1つだと思いました。

毎年春休みくらいのタイミングで公開していますが、時期によってはインフルエンザなどがまだ流行していることもあります。流行中は遠慮するなども時には必要かもいれません。

ピクサー作品はカラフルで受け入れやすい

4つ目のお勧めは、「カーズ」や「モンスターズインク」などのピクサー作品です。とにかく映像が素晴らしいので、子供向けではありますが、大人もスリルを味わえます。もう少し大きくなると日本のジブリ作品などもお勧めなのですが、赤ちゃんはそういった作品より、もっとカラフルで見た目が派手な作品のほうが観ていて楽しめるようです。

ストーリーの面白さよりも、赤ちゃんはどちらかといえば内容が分からなくても何か気になってしまう、という作品のほうがいいのではないでしょうか。

ママズクラブシアターは1番のお勧め

最後は断然お勧めしたい「ママズクラブシアター」です。これは東宝シネマズが行っているサービスで、残念ながら全ての映画館で行われているわけではないのですが、赤ちゃん連れの方を対象にした映画サービスです。いつもより映画館は明るくなり、音も控えめにしているなどのサービスが満載です。

しかも子供向け作品ではなく、大人向けの作品を中心にチョイスしているのもありがたいですよね。毎月1回か2回程度で、現在は青森県から鹿児島県までしか対応してくれていないので、いずれ北海道や沖縄にも広がって欲しいなと思います。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ